私はほぐしで身体を整える整体をしています。

ほぐしとは、簡単に言うと硬くなった筋肉を正常な柔らかい状態に戻すことです。
それによってあちこちの引っ張りが消えて、自然とまっすぐになるという理屈です。

筋肉が硬くなるということは、その場所が縮んで反対側を引っ張っているということです。
すると引っ張られた筋肉はだんだんと伸びてしまい、力が抜けてしまいます。

無理なストレッチをすると、引っ張られすぎて筋肉がダラダラになって力が入らなくなることがあります。
あれは伸ばされすぎると伸びすぎ防止のセンサーが壊れてしまい、力を入れるための機能が破壊されることから来ます。

そういうことで、あまりに長く硬い部分を放っておくと、反対側が伸びてしまい、せっかくほぐしても力が入らないのでバランスがとれず、結局良い姿勢にはならないということです。

これがタイトルの「緩めるだけでは身体は楽にならない」ということの理由です。

整体やマッサージなどの手技では伸びて脱力した筋肉を、何とか使えるようにすることができる人はそんなに多くありません。

私も緩める手技はたくさん知っていますが、緩んでダメになった筋肉を回復する主義はそんなに多く知りません。
またたとえ緩んだ筋肉を回復させたとしても、あくまで一時的で、すぐに戻ってしまうことも知っています。

そこでそういった脱力した筋肉を簡単に正常に機能させる、私が知りうる限りで最高に効果があり、すごく有効な方法を教えます。

それは「キネシオテーピング」を使うことです。

キネシオテーピングは、筋膜をリリースし、神経をほんの少し刺激することで、
〇力が入るようにする=伸びすぎた筋肉を正常に反応させる
〇力みを取る=硬さを取る
〇痛みを緩和する
〇血液・リンパ液などの体液の循環を正常にする=ほてりや部分的な冷えを取る
ことができます。

詳しくはセミナーなどを受けてもらうとして、想像以上に様々な効果が狙えます。
今回のお話のなかでは力が入らなくなった厄介な状態にも効果があり、「伸びきった筋肉を正常な状態にもどす」ことも可能なのです。

ですので当院ではこのキネシオテーピングを良く貼ります。
その効果を知ると、みんな自分でも貼ろうと貼り方を聞いてくれます。
私は何も惜しまず、自分で貼れる所は教えるようにしています。

ですから、当院のお客様の多くは、とても貼るのが上手になっています。

来年以降、このキネシオテーピングのセミナーをたくさん開きたいと思っています。
テキストも協会の作った、かなり良いものがありますし、テープもセミナー代に入ってますのでしっかりと練習もできます。
また開催することになりましたら、このブログなどでお知らせしますので、たくさんの人に来てもらいたいなと思ってます。

 


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

頭痛、腰痛、肩こり等でお悩みなら半田市の整体「へるしーらいふ・てらした」へ
お子様の部活等でのスポーツ障害(怪我)にも対応しています。


へるしーらいふ・てらした

〒475-0848
愛知県半田市成岩本町3丁目45番地3

TEL : 0569-26-0071
E-mail : info@healthy-terashita.jp
HP(PC/携帯):http://www.healthy-terashita.com

☆受付時間☆
【月~金】 10:00~22:00
【土】9:00~18:00

★休診日★
日曜日 祝日

//////////////////////////////////////////////////////////////////////