表題の通りです。

整体はどれだけのゴッドハンドで、その場で痛みやゆがみが無くなっても、絶対に戻ってしまうのです。
ところが「へるしーらいふ・てらした」にはそれを克服するものが導入されました。

さて絶対に戻る理由は何か分かりますか?
その答えは、その人の持っている「クセ」です。

「クセ」ってなんじゃろ?

考えてみたことありますか?

人間はかなりの部分で自動運動をしています。
例えば「醤油取って」と言われてどこの筋肉を使ってどのくらいの力でどうやってバランスをとって醤油の容器をどうやってつかんで・・なんて考えますか?
今まで無数にしてきた「醤油を取る」という経験を、脳の小脳という部分が覚えていて、難しく考えることなく自動的に「醤油の瓶」を落とさないように取ることが出来るのです。

これは立ったり座ったり、歩いたり仕事をしたり、すべて反復して使うことで覚えていくのです。

ところがその反復して行った動作が、何かしら身体に偏った負担をかけるようなものだったりすると、その負担がコリや痛みになってしまう訳です。

ですから整体をしてせっかく身体が楽になっても、自分の今まで使ってきた「間違った体のクセ」によってまったく同じようにコリや痛みを元に戻してしまうのです。

ところでコリや痛みはどういうものだか知っていますか?

髪の毛ほどの細さの筋肉の繊維の隙間に、これまた髪の毛より細くてぷにぷにした「毛細血管」が張り巡らされています。
筋肉が使われるとき、筋肉繊維は膨らみ毛細血管を完全につぶします。
すると血液は流れることが出来なくなる、「虚血状態」になります。
虚血状態の場所には「疼痛物質・疲労物質」が生まれ、末梢神経がそれを脳に教えます。
すると脳がそれを「痛み」や「コリ」として感じるようにできているのです。
痛みやコリは脳が作り出すので、人によって同じ量の疼痛物質疲労物質でも感じ方は違うのです。
だからちょっとだけ触るだけでも痛みを感じる人もいれば、かなり筋肉が硬くなっていても少ししか感じなかったりする人もいるのです。

ということは痛みを一生懸命取ろうとしても、人によってほぐしてもなかなか取れない、またはそんなに良くなっていなくても感じなくなるということです。

ですから部分的な痛みを追いすぎる施療よりも、例えば3カ月先には痛み自体が起こらなくなる身体にしていく施療のほうが結局いいのではないかと考えられませんか?

具体的に言うと簡単な自宅でのケアもできて、それによって整体をした後の戻り防止が出来る方法があれば、根本的に一生身体が悪くならないように改善できると思いませんか?

そして当院ではすでに、その方法を取り入れているとしたら、皆さんやってみたいと思いますか?

 
さてさて、そんな夢のようなことあるわけない・・・?
でももうすでに体験している人が出始めているのです。

その話はまた次回に・・・。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

頭痛、腰痛、肩こり等でお悩みなら半田市の整体「へるしーらいふ・てらした」へ
お子様の部活等でのスポーツ障害(怪我)にも対応しています。


へるしーらいふ・てらした

〒475-0848
愛知県半田市成岩本町3丁目45番地3

TEL : 0569-26-0071
E-mail : info@healthy-terashita.jp
HP(PC/携帯):http://www.healthy-terashita.com

☆受付時間☆
【月~金】 10:00~22:00
【土】9:00~18:00

★休診日★
日曜日 祝日

//////////////////////////////////////////////////////////////////////