皆さんは講師をした経験はあるでしょうか?
私は未熟ながら、何度か機会を頂き、ガラにも無く人前に建つ機会があります。
明日も中日ビルの一室で、膝痛の人のための講習会の講師を勤めさせてもらうことになっています。

基本的に膝であろうが腰であろうが肩であろうが、とにかく不調をきたしたときに足から身体を診ていくことの重要さを説いていくのですが、今回も授業で足の不調から膝が壊れてしまうメカニズムを解説していきます。

足の不調とは、外反母趾とか偏平足・指上げ足といったいわゆる変形したものが代表格ですが、ではどうしてそうなっていくかというと実は靴が原因だということを皆さん知っていて欲しいです。
最近の靴は衝撃を吸収するためにかかとを分厚くやわらかく作り、つまりカカトが少し高くなっていて、さらに土踏まずを盛り上げて足を外に傾けてしまい、さらにつま先がわずかに反っていて指で踏ん張れないような構造になっています。
さらに靴紐をしっかり締めないせいで足が靴の中で動いてすぐに脱げそうになるので、そうならないように指を上げて引っ掛けて歩くようになるのです。

足の裏は親指と小指の腹・そして親指と小指の付け根(拇指球とか小指球)・さらにカカトの、合計5箇所が点として地面に接しています。これは3脚と同じで、面よりも3点で支えるのが安定を生むのです。
そして歩くときは5点のうち常に3点がどれか地面についていて、そのおかげでぐらぐらせずに歩けるようになっています。
ところが先ほどのような靴の形状や履き方をすることでこの5点構造がなくなり、足で身体を支えることが困難になるわけです。

その結果、身体がぐらぐらして倒れそうになるのです。
ですが倒れるわけには行かないので、足の裏が負うべき仕事を、そのために作られていないはずの筋肉で無理やりするわけです。
それが長く続くことで、知らない間に疲労が溜まり、筋肉が壊れ、関節が壊れるのです。
もちろんそんな不安定な状態でスポーツをすれば、当然スポーツ障害を引き起こしてしまいます。

壊れる場所は足の付き方によって決まってしまうのですが、たまたま膝にストレスが溜まるような足の付き方をした人が、膝の障害を抱えることになります。

膝など身体を壊すのはそんなに大変でありません。無理をしていれば早くて数時間で壊すことが出来ます。
ところが治るのには非常に長い時間がかかります。
例えば手を切ったとします。一瞬で壊れたわけですね。ところがすっかり治るには何日もかかります。
そういうことです。

ではどうすればよくなるのか?
簡単です。治るまでぜったい壊れることをしない。これしかありません。
そのための方法を今度の講習会でするわけです。

また半田でも機会を作ってそういった足から健康を考えるといった授業をしたいと思ってます。

そのときはどうか興味を持った方は、迷わず来ることをお勧めします。

 

 


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

頭痛、腰痛、肩こり等でお悩みなら半田市の整体「へるしーらいふ・てらした」へ
お子様の部活等でのスポーツ障害(怪我)にも対応しています。


へるしーらいふ・てらした

〒475-0848
愛知県半田市成岩本町3丁目45番地3

TEL : 0569-26-0071
E-mail : info@healthy-terashita.jp
HP(PC/携帯):http://www.healthy-terashita.com

☆受付時間☆
【月~金】 10:00~22:00
【土】9:00~18:00

★休診日★
日曜日 祝日

//////////////////////////////////////////////////////////////////////