当院には肩・首・背中の凝りや痛みでたくさんの方がいらっしゃいます。

今回は、そういった方に、どういう感じで施療しているかを書いていきます。

最近多いのが、事務仕事での凝り。仕事の姿勢によって腕・肩・背中に負担が溜まり、筋肉のずれや癒着が起こることで悪化します。

また横隔膜が硬くなり、関連して大腰筋と言う足の付け根の筋肉が硬くなり体の前側をひっぱて来て、猫腰にもなっています。

当院の場合、大体そういう人は一回の施療でも多くの疲れ・痛みが緩和・消失します。

年齢層は20~60歳代とかなり広い分布ですが、やはり女性に多いです。女性は筋肉が男性よりも弱いこと、また事務仕事が多いことが原因だと思われます。骨盤が男性よりも広いため重心が偏りやすく、姿勢が悪化し易いことも原因のひとつではと推測されます。

肩の凝りを訴える人は、肩甲骨の内側の一番上の角に固い塊が出来ていて、マッサージなどで強揉みされて筋肉が破壊されていることが多い部位です。後頭部や前頭部の頭痛もここから来ていることが多いです。ここは筋肉がずれて重なっているような状態なので、ずれを直し、筋肉をほぐした後硬直した関節を動かせるようにすればとたんに軽快します。多分初めての方はその代わり具合に感動するのではないでしょうか?

また頭痛になると、先ほどの場所以外に首の上の部分、あごの後ろ当りから生えている筋肉がずれて緊張しています。あごの筋肉も同時に緊張していて、それが側頭部の筋肉まで引っ張ってきて筋肉痛を起こしている状態が偏頭痛となります。これもずれを直し、可動域を広げることで緩和しますが、さらに顔の筋肉と後頭部の筋肉も調整しないと完全には取れません。これも施療していると知らない間に頭痛が消えていたりすることが多く、これも驚かれることが多いです。

四十肩・五十肩などといわれる肩関節周囲の炎症から来る痛みなど、関節可動域の制限は猫背から来ます。さらにその猫背は、腕の張り・おなかの硬直からきていると見られ、肋骨が硬くなっているのが特徴です。これらはひたすらほぐし、出来れば関節にカイロプラクティックアジャストメントを加え、さらにキネシオテーピングを貼るとかなり大幅に痛みがとれ、可動域が増えていきます。一番よい方法はその後三角巾などでひたすら三週間ほど痛い方の腕を吊るしながら、何回か施療に通ってもらうと、完全に痛みがなくなる方が殆どです。

またいずれにせよ腰や背中、足の付け根の前後左右をほぐし、大体そういう人はスネや足の裏も硬くなっているので、しっかりと硬さをとっていきます。

そうすると重心が体の真ん中に来易くなり、足が偏平足や外反母趾・指上げ足などの変形が無ければ、しっかりと立つことが可能となります。しっかり立てると肩こりになりにくいのですが、その話は以前したので、過去のブログを探してみて下さい。

そうやって施療によって痛みや硬さが取れるわけですが、それはあくまで「健康になるためのスタートに過ぎない」と、常から私はお客様に言うようにしています。せっかく良くなっても、悪い習慣がカラダを再び蝕みはじめます。問題はそういった習慣を改善し、本当の意味で不調の無い暮らしを出来るようにアドバイスも欠かさないように心がけていますので、そのときは是非私の話に耳を傾けてくださいね


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

頭痛、腰痛、肩こり等でお悩みなら半田市の整体「へるしーらいふ・てらした」へ
お子様の部活等でのスポーツ障害(怪我)にも対応しています。


へるしーらいふ・てらした

〒475-0848
愛知県半田市成岩本町3丁目45番地3

TEL : 0569-26-0071
E-mail : info@healthy-terashita.jp
HP(PC/携帯):http://www.healthy-terashita.com

☆受付時間☆
【月~金】 10:00~22:00
【土】9:00~18:00

★休診日★
日曜日 祝日

//////////////////////////////////////////////////////////////////////