最近サロンや接骨院などで、巻き爪のケアやってるところ増えているようです。

そのほとんどが、爪に特殊なプレートスプリングを接着して爪を開かせる方法ですが、残念ながらその方法は対症療法でしかないためなかなか巻き爪の悩みからは開放されません。それこそ死ぬまで続けるしかなく、輸入品のため高額で施療費も高いことから、結局やめてしまう方も多いそうです。

それではどうすれば巻き爪が改善・二度とならないように出来るのか?

そもそも巻き爪にはなぜなるのでしょうか?

爪というのは、足にしろ手にしろ巻いて出てきます。
これは巻いて出てくることでアーチを形成して、やわらかい肉しかない指を後ろから圧を受け止めて、グニャリと反ってしまわないようになっているのです。
ただ常に一定の圧力が指腹からかかるため、指の先のほうが広がっていって肉をえぐるほど巻くことが無いのです。
ちなみに手で言うと物をつかんだり握ったりつまんだりがそれにあたります。
よく手の指の爪を観察すると、非常に良く使う親指と人差し指は爪の先がシッカリと開いているのに比べ、残りの指はやや巻いているのに気づくでしょう。
足で言うと指で体重を支え、重心をコントロールするために、指腹に圧力がかかり爪の先が巻かずに開くのです。
親指がより多く圧力がかかる構造になっているため、特に分厚くシッカリ巻いて出てきますが、普通は圧力がかかることで開いていくわけです。

では巻き爪の人はどうか?

結論から言うと、巻き爪のほぼ100%の人が、指で体重を支えていない、つまり指に圧力がかかっていないのです。
何か特殊な病気でもない限り、それ以外に巻き爪になることは出来ないのです。

指に体重が乗らないとはつまり、立ったり歩いたりしているときに指先が上がってしまっているということなのです。
ではなぜ地面から離れているかというと、
・靴が大きくて足が靴の中で動いてしまうので、動かないように指を上げて靴をロックしている。
・かかとの無い靴・スリッパ・クロックスなど指を上げて引っ掛けないと歩けない靴を常用している。
・ヒールや革靴などで靴先が狭いものだと、左右から指が押されどうしても指が上がってしまう。そういう靴では体重を指にかけることは不可能。
・靴底がソフトで地面の状態が分かりづらいと、足底筋反射が起こらないため、どうしても指が踏ん張らない。
・靴先があがって地面から浮いてるため、指がそもそも下に降りない。
などなどほとんどが靴が原因で起こっているのです。

そしてそれが長い間続くと、指上げ足・外反母趾という症状(変形)に発展してしまいます。
そうなったら一番効果があるのがテーピングによる変形の矯正です。

実は足に対しては、色々な器具や靴下・足底板などいろいろな方法があるのですが、テーピングだけが今のところ唯一、身体にまで劇的な改善を起こすことが出来ることが分かっています。
ですので巻き爪だけにとどまらず、いらいらする・疲れやすい等の症状やスポーツによる障害・成績の伸び悩み・姿勢の改善まで、およそ関係ないと思われる多くの症状の原因を撲滅することが出来ると期待されています。

世界には殆ど裸足かそれに近い状態で暮らしている人がいます。
そういう人をわざわざ私費を投じて、調査に行った先生がいました。
その調査の結果、裸足に近ければ近いほど、原因不明の肩こり・腰痛がなく、内臓も元気、みな朗らかでいつもニコニコしていたそうです。もちろん巻き爪もないです。
つまり現代日本の多くの人が悩んでいるような症状が、驚くことにゼロだったそうです。
私もその人たちの写真をたくさん見せてもらいましたし、データも見ました。

そしてそれを年頭において足にテーピング。
同時にテープの貼り方を少しづつ教え(一気に教えると難しいようでかなりの人が覚えれないため)、自分でもケアをすることで、対症療法ではなく根本療法として、当院では施療の基本と考え行っております。

腕のよい先生は世の中いっぱいいますが、果たして本当に良くなっているのでしょうか?


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

頭痛、腰痛、肩こり等でお悩みなら半田市の整体「へるしーらいふ・てらした」へ
お子様の部活等でのスポーツ障害(怪我)にも対応しています。


へるしーらいふ・てらした

〒475-0848
愛知県半田市成岩本町3丁目45番地3

TEL : 0569-26-0071
E-mail : info@healthy-terashita.jp
HP(PC/携帯):http://www.healthy-terashita.com

☆受付時間☆
【月~金】 10:00~22:00
【土】9:00~18:00

★休診日★
日曜日 祝日

//////////////////////////////////////////////////////////////////////