前回、「裸足で歩くと良いよ」という話をしました。
ということで今回は裸足がなぜ良いかのお話です。

足の裏にはすごいセンサーが付いています。
足の裏を触ると、くすぐったいですよね。たまに違う人もいますがなにか?
そのくすぐったいのがセンサーです。
とても敏感に出来ていて、だからくすぐったいんです。

裸足で土の上などを歩くと、足の裏に様々な刺激がいきます。
やわらかい・かたい・何かある・ぬるぬるしている・ごつごつしている・つるつるしている・冷たい・熱い・足のどの部分に何が当たっているか、などなど、実に様々な情報が脳に伝えられます。
すると自動的に、その条件と今までの経験から体を安定させるのです。

具体的には、まず傾かないように足の指も含めた足裏全体の筋肉が反応して、姿勢制御をします。
同時に体幹の筋肉を連動させて、最も楽で無駄な力が抜けて、とっさには必要な力が入る姿勢を取ります。
そういう姿勢はつまり内臓を正しい位置にして、背中や首の筋肉がリラックスします。
そうなると自律神経が整いますので、最近多い原因不明の病気なども防げます。

結果的に裸足でいると、勝手に良い姿勢になって、肩こり・腰痛・膝痛・頭痛などのいつの間にか無くなってる、なんてことも起こるわけです。

さて良い足の形はどういうものかと言うと、
指が扇状に開き、
立っているときには足がグーを作るように踏ん張り、
土踏まずがちゃんとアーチを作っていて、
指の付け根も横にアーチが作られています。
指も5本で横のアーチを作っています。
そうすると、「かかと」・「親指の付け根」・「小指の付け根」・「親指の指腹」・「小指の指腹」の合計5ヶ所の「点」で支えることになります。
この点が、立つときには安定に、歩くときはどれか3点が地面に接触することでふらつかずに安定させるのです。
点ということは、三角の板より、三脚のほうがはるかに安定する原理と一緒です。
さらに親指を指の腹から押すと、男性は45度、女性は70度前後で止まるのが良い足です。

ところが、残念ですが、今の日本でこういった良い足の人は殆どいません。
これが現代の様々な病気の原因になっていることを知っている人は、健康の専門家でさえ殆ど知らないのです・・・。

次回はなぜ足が壊れてしまうのかのお話です。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

頭痛、腰痛、肩こり等でお悩みなら半田市の整体「へるしーらいふ・てらした」へ
お子様の部活等でのスポーツ障害(怪我)にも対応しています。


へるしーらいふ・てらした

〒475-0848
愛知県半田市成岩本町3丁目45番地3

TEL : 0569-26-0071
E-mail : info@healthy-terashita.jp
HP(PC/携帯):http://www.healthy-terashita.com

☆受付時間☆
【月~金】 10:00~22:00
【土】9:00~18:00

★休診日★
日曜日 祝日

//////////////////////////////////////////////////////////////////////