健康とかの話

緩めるだけでは身体は楽にならない。

私はほぐしで身体を整える整体をしています。

ほぐしとは、簡単に言うと硬くなった筋肉を正常な柔らかい状態に戻すことです。
それによってあちこちの引っ張りが消えて、自然とまっすぐになるという理屈です。

筋肉が硬くなるということは、その場所が縮んで反対側を引っ張っているということです。
すると引っ張られた筋肉はだんだんと伸びてしまい、力が抜けてしまいます。

無理なストレッチをすると、引っ張られすぎて筋肉がダラダラになって力が入らなくなることがあります。
あれは伸ばされすぎると伸びすぎ防止のセンサーが壊れてしまい、力を入れるための機能が破壊されることから来ます。

そういうことで、あまりに長く硬い部分を放っておくと、反対側が伸びてしまい、せっかくほぐしても力が入らないのでバランスがとれず、結局良い姿勢にはならないということです。

これがタイトルの「緩めるだけでは身体は楽にならない」ということの理由です。

整体やマッサージなどの手技では伸びて脱力した筋肉を、何とか使えるようにすることができる人はそんなに多くありません。

私も緩める手技はたくさん知っていますが、緩んでダメになった筋肉を回復する主義はそんなに多く知りません。
またたとえ緩んだ筋肉を回復させたとしても、あくまで一時的で、すぐに戻ってしまうことも知っています。

そこでそういった脱力した筋肉を簡単に正常に機能させる、私が知りうる限りで最高に効果があり、すごく有効な方法を教えます。

それは「キネシオテーピング」を使うことです。

キネシオテーピングは、筋膜をリリースし、神経をほんの少し刺激することで、
〇力が入るようにする=伸びすぎた筋肉を正常に反応させる
〇力みを取る=硬さを取る
〇痛みを緩和する
〇血液・リンパ液などの体液の循環を正常にする=ほてりや部分的な冷えを取る
ことができます。

詳しくはセミナーなどを受けてもらうとして、想像以上に様々な効果が狙えます。
今回のお話のなかでは力が入らなくなった厄介な状態にも効果があり、「伸びきった筋肉を正常な状態にもどす」ことも可能なのです。

ですので当院ではこのキネシオテーピングを良く貼ります。
その効果を知ると、みんな自分でも貼ろうと貼り方を聞いてくれます。
私は何も惜しまず、自分で貼れる所は教えるようにしています。

ですから、当院のお客様の多くは、とても貼るのが上手になっています。

来年以降、このキネシオテーピングのセミナーをたくさん開きたいと思っています。
テキストも協会の作った、かなり良いものがありますし、テープもセミナー代に入ってますのでしっかりと練習もできます。
また開催することになりましたら、このブログなどでお知らせしますので、たくさんの人に来てもらいたいなと思ってます。

 

なぜ姿勢がゆがむのか?根本的にそれが分からないと良くならないんじゃないの?

さてさて、なぜ姿勢がゆがむのか?

今回はその話をしていきましょう。

これには諸説あってどれが本当だとはっきり言えないかもしれませんが、当院でやってみての事実を一つ。

ずばり足の裏にテープをすると、いきなり姿勢が良くなりだす人が多いです。

これはどういうことかと一番下が歪んでいれば、上も歪むということなんです。
歪むという感じは、家なんかを考えると分かり易いかもですね。

何本かある柱が、立った一本だけ 地面から離れていたとします。
そうすると最初は気にならなくても、日を追うごとに家の重みでそちらに傾いてきます。
壁が割れてきて床が斜めになり、くらくらめまいがすることも。
そこでジャッキで上げて柱の長さを調整します。
そうすると傾きが無くなるので、壁がそれ以上割れなくなるし、めまいも止まりますね。
壁だけの修復だけではどうにもならないのはすぐにわかると思います。

それと同じです。
ただ身体は、どこかが歪んだら、どこかを反対側に歪ませるなどして無意識に自動的に無理やり筋肉を硬直させて調整してしまいます。
そこで歪みに気づかずいると、最後は筋肉や関連する関節などが壊れたりするんですね。
とくに上に行けば行くほど調整はシビアになるので、足元の狂いは一番上の首や頭骸骨の大きなずれとなって現れるというわけです。

以上はただ立っているときのお話。

さてずっと立ってる人でも休憩の時は座りますね。

実は寝ても座っていても、足の歪みは姿勢と関係しているのです。

足の裏、特に指が身体のバランスを調整して、人間は初めて正しい姿勢ができるように設計されています。
逆に言うと、指がしっかりと機能していないと、正しい姿勢はとれないのです。

これは、とっさに立ち上がった時に、すぐに体を立てるように、寝ていても座っていても自然と準備をしているためだと、私は考えています。
そうすると立った時にバランスをとるために、歪んだ足やその他の異常部位があったらそれに合わせて前もって歪ませておいて、なるべくスムーズに立って行動できるようにしているという考えです。

実際に立って歪んでいる人は、寝ていても歪んでいますし、そうするとまともに筋肉が使えないので物を持つことが厳しいです。

良くやる検査で寝たとき、座っているとき、立った時で筋肉が検査をしとっさに力が入るか確かめます。
もし力が入らなければ、その人は姿勢がまっすぐでないとみなします。
そこで足裏にテープをしたり、うまくほぐしたりします。
するとたったそれだけで、前よりもはるかに筋肉に力が入るようになります。

私はこれは、体幹の筋肉が使えるようになったとみなしています。

体幹の筋肉は足がちゃんと機能していないと使えないということです。

そして体幹の筋肉が使えないと、力は出ないのです。
細かく言うとめんどくさくなるのですが、それは身体とはそういう風になってるとまずは覚えておいてください。

そして体幹の筋肉が使えるということは姿勢が良くなってきているということになるのです。

つまりつまり、足をちゃんと使えるようになれば、姿勢は良くなるということなんです。

実は足だけですぐに完璧になることが無いので、整体をして足のせいで無理しておかしくなってるところはやっぱり調整しなければいけません。
そして何より、調子が良くなって、また悪くなるのを防ぐという意味でも足のことは忘れてはいけないことなんです。

とりあえず結果足の話を今回しましたが、足の話はしだすと止まらなくなるので、今回はここらへんで。

「自律神経」って何??

今回は自律神経のことに少しふれてみます。

そもそも自律神経って何だか、知らない人多いですよね。

例えば便秘も下痢もいやですよね。その真ん中くらいがちょうど良いです。
例えば、やたら興奮していたり、だるくてやる気が起きなかったり、どちらもいやですよね。やっぱりその真ん中くらいがちょうど良いです。
血糖値が高すぎたり低すぎたり、血圧が高すぎたり低すぎたりするのはどちらも困りますよね。真ん中くらいが調子が良いです。
手汗が多くて困ったり、逆に乾燥してガサガサだったりどちらも不快ですよね。気になってカノジョやカレシと手をつないだりできません。適度がうれしいです。
やたら火照ったり、冷え性だったり、これも非常に困ります。丁度良いところが幸せです。
朝起きれないのも、夜何度も目が覚めたり眠れなかったりも嫌ですね。

だいたい言いたいこと解ってきたと思いますが、つまりはこの、適度に真ん中くらいに保つのが自律神経の役割です。

自律神経には興奮させる、またはアクセル役の分野(交感神経)とリラックスさせる、またはブレーキ役の分野(副交感神経)があって、それらが上手に体の調整を行うことで健康で元気な状態になることができます。

さて首の骨と自律神経の関係ですが、首の一番上の骨はすごく動くようにできていて、実は首の動きはほとんどがこの一番上の骨のみでやっているのです。
この骨の前方には「迷走神経」という名前の神経が通っていて、これが内臓につながっています。役割は、簡単に言うと副交感神経の伝達役で、興奮しすぎないようにブレーキをかけるのにこの神経は重要な役割を持っています。
ところが猫背で顎を突き出す時間が長いと、この迷走神経を首の一番上の骨がぎゅっと圧迫して、脳からの調整の命令がうまく体に伝わらなくなります。
そうすると交感神経が主に強く出てしまい、興奮状態になるのです。

ですから最近少しづつ、首のゆがみ、それを引き起こしている硬さが自律神経失調症の原因だ、と言われだしています。

実際首の一番上の骨を正しい位置に戻し(これを上手にできる人が非常に少ないのが問題なんです。音が鳴ればよいと思って、余計ひどくしてる整体さんがめちゃくちゃ多い!)長く頑張らされてカチカチになった筋肉をほぐしてあげることで、とたんにリラックスして眠くなる人が多いです。

もちろん姿勢が原因ですので、姿勢が正しくなる必要がありますから、そういった意味で長くかかりますが、ケガや病気や投薬が原因でなければ大概の自律神経失調症の人は上手な先生を探すときっと救われると思います。

ちょっと難しかったですが、読んでもらったら自律神経失調も大したことない症状だとわかるのではないでしょうか?

さてさて、ではなぜ姿勢がゆがむのか?

その話題は次回に。

ウオーキングは本当に体に良いか?

涼しさを通り越して寒い日も出てきた最近ですが、そのせいか通りを見ているとたくさんの人がウオーキングをしているのを見かけるようになりました。

そこで今回はウオーキングについてです。

ウオーキングは足を使い手を振って、全身を使って動き、有酸素運動でもあるために非常に体に良い行為です。
ですが歩き方を間違えると、身体を壊し、自律神経まで失調します。

実際に当院にたくさん歩くようになってから身体の調子が悪くなった人が大勢来ます。
それはどうしてでしょうか?

まず正しく歩くための準備から。

靴は必ずひも靴で
靴を履くときは、かかとをつけてつま先を30度に上げ、ひもを下のほうから搾り上げていきます。
こうすればきつすぎず、足と靴が一体化します。
これが最低限の準備です。あとはストレッチでもなんでも好きなようにしてください。

きっとよく意味が分からない人もいると思うので、これはどういうことかを説明します。

足と靴が一体化しないと、本能的に指先で靴を引っ掛けるようにしてしまいます。
靴の中で足が動くのをとても危険と感じるから起こる行動で、これは意識しても指は必ず上がります。

足は「かかと」と「親指と小指の付け根」、「親指と小指の一番先の腹部分」の5点が地面に付くのが正常です。
これは三脚のように点で支えるほうが安定するからで、人類が進化の段階で手に入れた素晴らしい機能です。

ところが指を靴に引っ掛けるように上げてしまうと、この点がすべて消えてしまいます。

すると安定が無くなり、その上にある全身が、グラグラとしないように必死で力を入れて頑張るようになるのです。

人間は歩くときにアウターマッスルという身体の外側にある大きな力を出す筋肉の力を抜いて、インナーマッスルと言われるいわゆる体幹の筋肉で身体を安定させることで、クッションの効いた疲れない歩き方ができるようになっています。
ところが足の指を上げて歩くと、アウターマッスルに力を入れて身体を硬くして安定を確保し、インナーマッスルを使わないようにしてしまいます。アウターマッスルは瞬間的に力を出すのに向いていて、このようにずっと力を入れ続けていられるように設計されていませんから、身体は歩くだけでどんどん疲労していきます。
さらにクッションがまったく効かなくなるのです。

さて正しく足が機能していると、適度に歩くことで血行が良くなり、呼吸が楽になり、歩くごとに身体が軽く若々しくなっていきます。関節も柔らかくなり、自律神経も整い、快適な身体になっていきます。
逆に靴の履き方を間違えると、歩けば歩くほど筋肉や関節に負担がかかり、その上疲労がたまり、血行が悪くなります。そのままたくさん歩くと、関節が壊れ、呼吸も浅く苦しくなり、自律神経が失調してきます。内臓にも衝撃波がたまり、機能が落ちてきます。つまり、現代病の本当の原因が実はここにあるということなんですね。

このように靴の履き方一つ間違えると、ウオーキングは不健康になるための行為になってしまうのです。

さらにそれを子供のころから続けていると、精神的にも不安定になり、登校拒否・引きこもり・自殺の原因にもなるそうです。
SNSなどで、ひどい書き込みをする人の中にも自律神経が失調し、イライラして攻撃的になってる人がいるとも考えられますね。

13-3
もともと裸足で生まれてきて、裸足で生きていくように進化したのが人間ですから、裸足で地面の上で生活することで身体は正しく機能するようになっています。
ですから、せめて足の裏が正しく使えるように、これから気を付けてもらえると、健康的で楽しい人生が送れるようになりますね。

さらに歩き方にも注意点が。

大股で歩かない
膝を伸ばしてかかとから着地しない。
指の付け根だけで地面をけろうとしない。

どういうこと?
さてまた別の機会にその理由を説明していきましょう。

ほぐし?本当にそれほぐしですか?

世の中「ほぐし」という言葉が乱立していますね。

そもそも「ほぐし」とはどういうことでしょうか?

そう思っていろいろネットで検索しましたが、「ほぐし」で一番近いのが「解し」という言葉。

1.もつれて固まった状態を,といてもとへもどす。結ばれたり織られたりしているものをさばいて分ける。 「魚の身を-・す」 「織り糸を-・す」 〔「ほぐれる」に対する他動詞〕
2.緊張・疲労・怒りなどを,おだやかな状態へもどす。 「気分を-・す」 「肩のこりを-・す」 → ほどく

と出ているのを見つけました。

これをコリなどに当てはめていくと、

筋肉が固まった状態を解いて元に戻す。緊張・疲労・ストレスなどを穏やかな状態へ戻す。
といったところでしょうか?

そうして考えていくとよくある「ほぐし」という言葉が本当に正しく使われているかに疑問が生じてきます。

まずコッたところをグイグイ押して、筋肉の繊維にダメージを与え、さらなる緊張を生んでいくやり方。
場合によっては青黒く変色、つまりケガをさせるような施療。

これは「ほぐし じゃ無い!」と思いませんか?

だって壊してるんですから。解いて元にもどしてはいないのですから。
ただ痛いのが好きだとかそういう過度な緊張の後の開放感を趣味として楽しむ癖のある方は、もしかすると心を解きほぐすことになるかもしれませんね。
ちなみに私はそういう人は一切否定しません。
むしろ堂々とネタにできるくらいの個性だと思います。
そういう意味でなら「ほぐし」と言っても納得です。

当院では痛いところにダメージを与えるものを、「偽物」と考えています。

ですから、施療の時の方法は、原因を改善し、その結果「解し」ていくように心がけています。
上手くいくと一回であちこちの緊張が解け、身体がまっすぐに、楽になっていきます。
その結果、動けないところや、硬くて伸びなかったところが改善し、血行が回復して自律神経も整い、つまりは健康にどんどん近づくようになります。

それこそが本当の「ほぐし」であると信じ、私の思う「偽物」に騙されないようにしてほしいなと思います。

さてでは筋肉の緊張とはどうやって起こってるのでしょうか?
答えはずばり、「姿勢の悪さ」です。
さらにどうして姿勢が悪くなるのでしょうか?
まずは同じ姿勢でずっといると、疲れますね。
その状態から回避しようとして起こるのが姿勢の悪化です。
筋肉を日ごろからよく使っている人は、少しましですが、もともと動き回り、疲れたら座ってだらっとしてるのが身体にとって楽なので、同じ姿勢で止まっているのは人間にとってとても無理な状態だということです。

良い姿勢はバランスの悪いところを歩いたり立ったりすると、比較的簡単になることができます。
バランスボールやバランスクッションでトレーニングしたりするのもそういうことに役立ちます。
そもそも良い姿勢は、インナーマッスルという骨を支えて動き始めを制御する筋肉を使っている状態です。
対してアウターマッスルという大きな力を瞬間的に出す筋肉は日ごろはそんなに使う必要はないのです。

ところが姿勢が悪くなると、つまりインナーマッスルが使えない状態になると、アウターマッスルで身体が倒れないように支えるようになります。
アウターマッスルは長時間力を入れるのに適していなくて、すぐに疲れて硬くなってしまいます。
これがコリの基本形です。

つまり「ほぐす」とはこういった姿勢の悪化から来る筋肉を、過ぎた緊張から解き放つ行為をいうのです。

反射的に悪い姿勢をキープするために硬くなった筋肉
これを解除するには、同じく反射を利用するのが正しいです。
最もバランスを崩しているのが骨盤と首、そしてさらにその大元となっているのが足の裏ですから、これらを効率的に生理学的に神経学的に操作し、ゆがみを解除してあげると、そのほかの部分も自動的にほぐれていきます。

これこそが「ほぐし」です。

決して筋肉をもむことが「ほぐし」では無いのです。
常になぜそうなった?どうしてそういう状態が生まれた?を追求していくことで、正しい体の状態に戻していくことができるのです。

ちなみに「骨がずれる」のは姿勢を悪化させている筋肉が引っ張っているからで、決して骨が勝手にずれているわけではないです。
骨をぽきぽき言わせてそれで解決すると信じている整体師もいますが、実際には一時的に良くなっても、その原因が無くならない限りすぐに元に戻りますし本当は永遠に良くなることはありません。
我々整体師はそこのところを間違えないようにしたいと思います。

小顔IRT整体は値段の割に効果が高い!

前回説明が少しだったので、少しだけ具体的に「小顔IRT整体」とはどんなものかを紹介します。

このメニューの肝は、やはり高度な整体と特別な「リッチリフトクリーム」にあります。
リッチリフトクリームだけで1本13500円しますし、整体も6000円しますので、それを考えても7500円がいかに安いか分かるでしょう。

これは当院が多少実入りが少なくても、お客様にご利用しやすいように考えたからです。
やはりお客様のための施療院です。
当院を贔屓にしてくれるお客様には、お得を感じてもらいたいですから。

さて「小顔」を謳っている以上、顔が必ず小さくなるという自信があるわけです。

これはどういうことかというと、顔が小さくなるということは、もともと大きいのがおかしいわけで、大きくなるのは理由があるわけです。
その理由に対して施療していけば、必ず効果があると経験上からも知っているということです。

その理由ですが、そもそも顔が大きくなるのは、頭蓋骨の中にある「脳液」が多すぎてパンパンになることで起こります。
頭蓋骨の外側ではなく、内側が問題だということです。

逆に正常な状態だと、脳液と背骨の中にある脊髄液が循環をして、パンパンにならないように上手に量を調整しています。
ところが背中が曲がってうまく循環できなくなると頭蓋骨の中で「パンパン」になってしまうのです。

そこで全身を整え、脊髄と脳液の循環を整えることで、頭蓋骨の中の水「脳液」が正常になる、つまり減ってくるので小さくなっていくというわけです。

では美顔に最も大切なゆがみやしわに対してどうやっているかですが、これには特別なクリーム「リッチリフトクリーム」を使うことで効果をアップしています。
「リッチリフトクリーム」はのせるだけで筋肉が緩んでいきます。
顔のゆがみの原因は筋肉の過緊張なので、これが緩めばゆがみは消えていきます。

またクリームの成分により、「しわ」や「ほうれい線」の改善・「くすみ」をとり「透明感」のアップが医学的に証明されています。

こういった美容クリームでは唯一、医学雑誌に載ったことでもそれが嘘でないことが分かります。

ですから、「IRT整体」をして、「リッチリフトクリーム」でゆがみを整えることで「小顔」で「美顔」になっていくのです。

さらにクリームを毎日塗布してもらうことで、さらに効果が重なり、前の気に入らない自分に「戻らない」施療となるわけです。

因みに平均して5~10歳は若く見えるようになると、いろいろなお客様を見て僕は思いました。

足のテープって、どのくらい貼っていれば良いの?

当院は、カサハラ式の足裏テーピングをすることが多いです。
それは足の裏から健康が崩れていることが多いということです。

さて、そのテーピングですが、どれくらいの期間貼っていて良いかとよく聞かれます。

その答えですが、
テープは基本的に、一回貼ったら3~4日貼っていて構いません。
ですが、汗やアレルギー、貼り方の不備からかゆくなることもあります。
そういったときは、もったいないからと頑張らず、かぶれる前に必ず早めに剝がしてください。

足のテープは、交換しながら定期的に整体に来てもらい、大人で1年、子供で半年くらいは貼り続けることが大事です。
PB270881

身体のゆがみが足の裏から来ている以上、足の裏の機能が戻り、身体の不調の元であるゆがみが問題ないレベルになるのにそれくらいかかるからです。

ただテーピングだけではやはり皮膚にかかる負担が多い人も多く、剥がしてから1日くらいは肌を休めるため貼らないようにすると安心です。
また足の裏の皮膚が、ぺろぺろ剝がれてくる人もいますが、そういう人も早めに剥がして、少し効果が薄くなりますが足の矯正をしてくれる靴下があるので、それを履く(テープより効果はだいぶ落ちます)とかして元に戻らないようにし、ある程度落ち着いたらまた貼るようにすると大丈夫です。

さて足のテーピングって面倒くさいと思う人多いと思います。

ですが、テーピングなどをしないで足の機能を正常にするって、かなり頑張らないといけないのです。

まず裸足で暮らすのが基本です。
外でもです。
ケガには注意ですし、人に見られても平気でいる胆力がいりますね。
足の指も使って立つのが大事ですが、そもそも変形しているので指を使うこと自体が困難です。
だから靴を履いてしまうと、足がさぼれるのでいつも通り指を上げて靴にもたれて立つようになります。
それを頑張って指を使おうとすると、本能は指を上げようとしているのに、理性で下げようと意識して頑張り、筋肉が引っ張り合ってめちゃめちゃ疲れるのです。さらに意識して頑張っていられるのもほんの数秒なので、結局は元の木阿弥。
足のストレッチや、タオルギャザー運動もよいとされていますが、靴を履いている以上死ぬまでやらねば効果が保てません。

ところが足のテーピングをすると、自然と何も意識していなくても指が使えるようになります。
ある程度条件はありますが、その条件も多少意識するだけで良いことがほとんどなので、実際には一番確実に効果が出て楽に体を整える、ある意味一番さぼった方法つまりテーピングが一番面倒くさくない方法なんですね。

あとは焦らず、どうにかなるやと軽く考え、テーピングだけでもまじめに張り替え続けてもらえたらうれしいですね。

足が速くなる?足裏テーピングは面白い!

私はカサハラ式足裏テーピングの資格「フットケアポディスト」を持っています。
足裏から全身のバランスを整えることで、健康にスマートになるという理論のもと、全身整体と足裏テーピング、それに付随して様々な歩き方や立ち方などのアドバイスをするのがこの健康法なのです。

さてどうしてそれを勉強したのかです。

整体をすると、すごく楽になって帰ってもらえました。でも一週間で元に戻ります。
これはある意味普通のことなんです。
整体をやってもあることが原因で、なかなか身体は良くならないもんなんです。
ちょっとした暴露話になるんですが、どんなすごい理論のもと施術しても、(その原因を勘違いしているのせいで)結局元に戻るのが整体業界の裏の常識になっていたのです。

では本当の意味の原因とは何でしょうか?
僕はその答えとして、実は足の裏が壊れているからだということを笠原巌先生の本で知ったのです。

当時その本を見た私は、本当にそうなのか?どうしても知りたくて、我慢できずに横浜まで直接行き一度授業を受けてみたのです。
そこで知ったこの授業のすごいところは、ふつう整体の講習会というと施療法の理論を教え、実習に時間を割くのですが、
笠原先生は授業のほとんどを「どうしていつの間にか身体が壊れるか」ということに終始し、足裏を整える施療の理論はほんのちょっとしかしないということでした。
目から鱗が落ちるとはこのことでしょうか?
どうして整体しても元に戻るのか?なぜ肩こり腰痛・自律神経失調症が起こるのか?
なぜスポーツをしていて、肩やひじ・腰やオスグットや靱帯・半月板のケガが多いのかなどの謎がすべて解け、さらにそれを基本として今までの整体施療をすれば、治りにくい症状や何度も繰り返す症状が起こらなくなるということが証明されていることに驚きを感じました。

20140926_athletics-546x363

さて、前置きが長くなりましたが、
「足が速くなる?」についてです。

これは当院で、たくさんのお客さんに貼り続けて分かったことなのですが、
足裏テーピングをすると足が速くなる!
これが間違いないことだということです。

例えば、あるお客さんに、自分でも貼れる簡単な方法を教えたところ、自分のお子さんに貼って運動会にださせたそうです。
するといつも足が遅くて徒競走で後ろのほうだったのが、急に順位が上がったそうです。
また駅伝の予選に出場する高校生が、不調を訴え来た時のことです。
整体で身体は復調したのですが、驚いたのはテーピングを足にしたところ、気づくとすごいペースで走っていて、抑えながら走ったにもかかわらず5人ごぼう抜きし、そのおかげか本戦に出ることができたのです。
さらに本戦でも無事完走し、新聞にもその快挙が写真付きで載っていたのでした。
陸上をしている女の子は、テープを貼ることで自己新連発、ライバルがケガでリタイアしたのをしり目に、ケガもなく順調に成績を伸ばしています。
おじさんなんかがこれを貼り、町民運動会なんかに出ると、あまりに早すぎてびっくりして上半身がついてこなくて困ったと言っていました。

もちろん練習をしなければ、すごい結果は出ませんが、テープをして足を整え、足裏の機能を使えるようにするだけで「練習の成果」が出るようになるということは確実のようです。

スポーツに関してはこのほかにもすごく面白い効果が出ていますが、それはまたの機会に。

腰痛・肩こりにも大きな助けになっていますので、物はためし、まだ貼ったことがない人はぜひ足裏テーピングと足の使い方を含めたアドバイスを受けに来てくださいね。
整体の施療の時にたくさんお話します(^^)。

肩こり・腰痛は足のせい!?

肩こりや腰痛は、今や日本人でなったことがない人を探すのが大変なくらい、ポピュラーな症状ですね。

問題なのは、はっきりした原因がわからないまま、いつの間にかなってしまったというものがほとんどだということです。
また「仕事を始めたから」「職場が変わったから」など環境の変化を原因にあげる人もいますが、同じ状況でもならない人もいます。
心が原因かと言われれば、「きっかけ」としてはその通りですが、原因は別にあると考えるとしっくりくることは多いです。

01-03
さて、事実として、下半身から背中をほぐしていくと、それだけで触ったときに感じるきつい肩や首のこりは消失、または緩和することが多いです。
もっと言うと、足の裏をほぐしてテーピングをするとさらに硬さが消えていきます。
(もちろんかなり長い間放置していると、筋肉が石灰化してしまうので、そういったものは別の話になりますが。)

つまり下から身体は歪んでいく、その結果として肩や腰などに影響が出ているのです。

ですから、靴の履き方ひとつで身体は壊れるし、肩こりや腰痛の人は靴の履き方や立ち方歩き方を改善すると、肩こりや腰痛が消えることさえあるのです。

当然ですが、歪んだまま筋肉が硬くなったのは、自力で回復は困難ですので(無理な場合もあると思います)、当院では整体を回復の道具としてお勧めします。
そして、枕が悪いとか布団が悪いとか、テレビの向きがどうとか横向きに寝るのがどうとか、適当な言い訳のようなアドバイスではなく、きちんと結果の出る生活の改善方法をアドバイスしてくれる先生を選んでくださいね。

空手と子供の成長の医学的な関係

足の裏の話は、来院された方には必ず話すようにしていますが、今回はこの足の裏と空手を絡めた話をします。

kazuya
人間がまっすぐに立ち、力を抜いて自由に動くためには、足の裏がしっかりと機能する必要があります。

足の裏には「メカノレセプター」と呼ばれるたくさんのセンサーがあります。
これらが正常に刺激を受けることで子供は小脳が発達し、正常に立ち、歩き、座り、走り、ジャンプし、まっすぐに歩け、思った通りに体が動くようになるのです。

このセンサーを発達させるのには、裸足で生活することが必要です。
ところが最近は、ケガをしたり病気になることを恐れ、子供が裸足でいることが大人によって制限されるようになりました。
実はケガや病気より怖いのが、小脳が発達しないことなのです。
まっすぐに立てず、猫背で身体をゆがめると、様々な問題が身体に起こります。
本当に恐ろしいくらい様々な問題が起こるので、ここですべてを書くことができませんが、今特に心配なのが、子供の心の発達が阻害されているということです。

自殺・過度ないじめ・自律神経失調症・スポーツ障害がすぐ起こり、楽しく動くことができないなど当院で相談されることも少なくありません。

さてそこで空手です。

空手は裸足で畳の上や体育館で練習します。
片足になりキックをし、相手に打たれないよう常に動き続けます。
常に攻撃にさらされながら、それでも優位に立つために様々なことをしなければいけません。
まっすぐに立ってやるだけでなく、身体を傾けたり引っ掛けられても耐えたり、打たれても姿勢が崩れないように実に高度な身体処理をしています。

すると、足裏の感覚が磨かれ、バランス能力が向上し、小脳をフルに発達させながら練習や試合をするので心もまた安定します。
呼吸の大切さも教えるので、どんなスポーツよりも発達したスタミナと運動能力が身に付きます。

さて上手くなるまでには練習や試合で、こけたり、打たれたり、滑ったりします。
実は失敗を経験することで小脳が発達しますが、空手は柔らかいコートの上で試合をするため、こけても外遊びよりもはるかにケガのリスクが少ない失敗の仕方をできるのもスポーツとして空手の優れた点です。

そうして覚えた優れた体の使い方は歳をとっても忘れません。
少し動けばすぐに思い出します。

 

もちろん空手はやり方を間違えると身体に悪いことがたくさんあります。

キックやパンチは正しいやり方を知らないと腰や肩を痛めます。
根性だけで撃ち合うとダメージで筋肉が硬直し、正しい体の発達ができなくなります。
頑張ることが美徳として我慢しながら無理に練習をしすぎると、結局積極的に体を動かすことができず心も身体もダメージを受けるようになります。

ですから私の道場では、

打たれない。
打たせない。
正しく動く。
力を抜く。

ということを最優先で教えています。

もちろん最初からうまくできませんし失敗ばかりですが、こういうことを念頭に教え、練習を何度もやっていると、いつの間にか自然にケガをしない戦い方を身に着けてくれます。

当会ではそれに加えさらに護身空手として、サバキという投げやつかみもある空手もやっています。

パンチやキックをいなし、安全に相手を制圧する優れたテクニックで一見するとむつかしい動きですが、保育園児でも練習して動きを覚えています。
試合もあるのでみんな楽しく一生懸命練習します。

そういった複雑な動きを何度もするうちに、優れた運動神経が育まれます。
ですから当会の空手を練習した子は、どんなスポーツでも優れた能力を発揮しています。

これは少なくとも当会で空手をすることが、正常な子供の成長に寄与している証拠となってます。
そして、勉強とも絡めて物の覚え方を教えるので、勉強もできるようになったら良いなと思ってます。

空手は乱暴者のスポーツではありません。
そう思うなら、私は入会をお断りさせてもらいます。
心と体の健全な発達を考えている方でしたら、ぜひ一緒に練習しましょう。

大人にもすごく良い効果がありますが、それはまたいつかお話ししましょう。

 

 

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.