健康とかの話

酸素が多いと得すること(^o^)

酸素が多いと得することをあげていきましょう。

●ダイエットできる。

脂肪が燃焼するのに酸素が使われます。たくさんあれば、いっぱい燃やしてくれます。

 

●疲れにくくなる

これにはたくさん理由があります。

・脳が酸素をたくさん必要とするので、酸素が少ないと脳に疲れが溜まります。多いと疲れにくいです。

・筋肉も酸素を使って疲労を取ってます。酸素がいっぱいあれば、回復も加速します。

・血管は酸素が多いと柔らかくなります。血行が改善されれば疲れも取れやすく溜まりにくくなります。

・血圧も下がって心臓の負担もかなり減ります。心臓ががんばると疲れてしまいます。

・肝臓の働きも良くなります。肝臓は解毒をしますがそのとき大量の酸素を使います。肝臓が疲れるとだるくなります。二日酔いなんかは代表的な例ですね。

・自律神経が正常になります。昼間は元気に、夜はしっかりと寝れますので、そういう意味でも疲れにくくなります。

・肩や腰も凝りにくくなります。筋肉に力がみなぎりますので、いい姿勢を保ちやすくなって気合も入り、疲れにくくなります。

などなど言い出せばキリがありません。

 

●病気がしにくくなったり、治りが早くなる。

活性酸素を使って菌を攻撃したり、体力の維持・回復にすごいエネルギーが要りますが、酸素はエネルギーを作るのに使われますから、その結果は明白ですね。

 

●怪我の治りが早くなる。

皮膚の再生・骨の再生・靭帯や腱の再生などは酸素が無ければ出来ません。たくさんあればあるほど、治るのが加速します。

特に水分に溶け込んだ酸素が多いほど、その効果は圧倒的に増加します。

 

●忍耐力が強くなり、集中力が増す。

脳に酸素が多くなると、しっかりと働くので冷静な判断力や集中力がアップします。ためしに酸素カプセルに入った後、スマホのパズルゲームをしたところ、かなり調子が良いです。

 

●良く寝れる。

自律神経が整うので、夜は副交感神経がしっかりと働いて寝かしてくれます。

 

●元気になる。

自律神経が整うので、昼は交感神経がしっかりと働いて元気にやる気にしてくれます。

 

●肌が綺麗になり老化を遅らせます。

皮膚に限りませんが、細胞が新しくなるのに酸素が絶対不可欠です。肌細胞が新しくなり、筋肉も元気なので、潤いたっぷりのハリのあるお肌になって、しわも出来にくくなります。

ホルモンバランスも良くなるので血色も良くなり、非常に健康的になりますし、美容のための色々な努力が報われます。

 

●眠気の防止

酸素が多いと脳が元気になります。あくびも減ります。仕事や勉強もはかどります。

 

などなど思いつくままにだらだらと列挙してしまいました。

とにかく細胞が元気になり、新陳代謝がアップ、綺麗になって痩せやすくなり疲れが早く取れるといいとこばかりです。

たくさん有酸素運動をして、酸素カプセルなどで体液中の酸素濃度を上げ、失われつつある野生(元々身体に備わった元気力)をとりもどしましょう!

 

酸欠人間増加中!

皆さん呼吸しないで生きていけますか?

馬鹿な質問のようですが、これが健康や美容どころか生命維持の肝となる質問なのです。

 

現代人は慢性の酸素不足といわれています。

大気中の酸素も減少しています。

19世紀の初頭、空気中の酸素レベルは約23%でしたが、20世紀末ごろには世界中の多くの酸素レベルが19%までに、一部の都市では健康維持に警戒が必要なレベルまで下がっているといわれています。

 

それはどうしてか、説明いたしましょう。

地球上の酸素を生産しているのに最大の寄与をしているのが、海にいるプランクトンです。

環境の変化でこのプランクトンの数が大量に減少しています。

また良く知られている原生林の減少など、地球環境の破壊によって、この生命活動に絶対不可欠な酸素が減少しているのです。

さらに加速して、自動車などの機械が大量に大気中の酸素を消費して温暖化の原因といわれているCO2を増やしています。

また最近は仕事でパソコンを使う機会が多くなっていますが、当然有酸素運動が出来ていないせいで酸素を充分補給できていません。

さらにパソコンを使っていると脳の活動が活発化して、大量の酸素を消費(脳の酸素消費量は身体全体の25%以上と非常に大きな割合を占めます)しますし、ストレスが溜まれば消費量はさらに増大します。

大気汚染4

肺の要領は20歳をピークにどんどん低下していき、60歳になる頃には40%も減少してしまいます。

さらに血液循環も悪くなり、運動不足で毛細血管の減少が起こったりします。

酸素が体内に少なくなるとさまざまな悪影響が出ることが分かっています。

 

では基本に立ち返り、酸素が身体にどのように使われているかの話を次回紹介します。

 

不調の原因は足から!?

例えば建物の場合、壁が割れてきたり、扉がずれて閉まらなくなったり、床が傾いてきたりしたら、まず床下を覗いて柱は大丈夫か?地盤は大丈夫かを疑います。

積み木を積むときは一番下に斜めの積み木を置いたら、上に積むときにどんどんずれていってしまうので、そうならないように真っ直ぐな形のものを積みます。

はしご車のはしごを伸ばすためには、大きなアームで車体を安定させて、アームの重さに耐えられるように気を使います。

このように全て地面の上にあるものは、まず一番下の部分を安定させることが基本になるのは、誰でも知っていることです。

ところが身体のゆがみになると、それが分からなくなります。

当院に来てくれたかたに、「実はその異常は足の裏のゆがみから来ていますよ」といっても、最初は「えっ?」と皆さん思われるようです。

こと身体のことになると、重力を忘れ何か難しい超常的な理が働いていると皆さん思っているようです。

ですが答えは意外と簡単なことなのです。

ちょっと想像してみて下さい。

足の裏の、例えばかかとに体重がかかっている人は、後ろに倒れそうになっています。そこで倒れないようバランスを取るために、結果猫背や反り腰になってしまいます。

またハイヒールなどをはいている人は、足の指の付け根のとても狭い範囲で身体を支えるためにぐらぐらになってしまって、それを防ぐためにいつも背中や足の付け根が緊張し、首がカチカチに凝ってしまいます。

このように悪い使い方によって変形してしまった足は、必ず身体に悪い影響を及ぼします。

それは肩こりや腰痛などだけでなく、それこそあらゆる病気の根っこには足の異常があると考えられます。

これを見逃して、何の対処もせず、ただ悪くなったところを手当てしても、その場しのぎにしかなりません。

 

では悪い足の見分け方を教えましょう。

まず分かりやすいのは外反母趾です。

足の親指が、付け根から身体の外側に向かって曲がっていて、医学的には15度以上の角度で曲がっているものを言います。これが30度を越すと、身体に悪影響が出てしまいます。

次が浮き指です。

親指を下から押したときに、90度以上曲がると、これも身体に悪影響が出てしまいます。

正常なのは、男性で45度前後。女性で75度前後だということが分かっています。

そして立ったときに土踏まずが無くなる、いわゆる偏平足。

巻き爪も代表的な変形のひとつです。これは浮き指などが原因です。

因みにうちではほぼ必ず足はチェックしていて、身体の不調を訴えるかたのほぼ全員に異常が見つかっています。

実は私もダメな足の人でした。

 

皆さんも是非一度確認してみて下さいね。

 

 

 

 

原因不明の不調の正体は?

皆さんはこれを見るくらいですから、身体のどこかに不調を抱えている方ばかりだと思います。

ではその不調はなにか事故に遭われたなどはっきりとした原因が分かっているようなものでしょうか?

実は今非常に問題だと思うのが、いまひとつ原因がはっきりしない身体の不調が増えていることです。

 

例えば、

いつの間にかの肩こり・腰痛・背中の痛みやはり・首のこりや動きにくさ

生理痛・頭痛・めまい・はきけ・耳鳴り

原因不明の内臓の不調・自律神経の失調・鬱や躁・

膝や足首・股関節などの関節の不調

などなど言い出したらキリがありません。

 

ところが現代、それらの原因をはっきりと教えてくれるところが殆ど無いのが現状です。

 

病院にいけば、

「歳をとったから仕方が無い」などのぼやかした説明

「仕事のしすぎ・スポーツのしすぎ・歩きすぎ」などのしすぎのせいにした説明

整体にいけば

「骨盤がゆがんでいるから」

「ストレスが溜まりすぎているので」

「運動不足」

「姿勢が悪いから」

といった、これも結局ぼやけた説明

針やマッサージ・気功療院に行けば

「筋肉の緊張」

「気の乱れ」

など

 

ところがそれを信じて一生懸命改善を図っても、結局効果が現れなかったり、ひどいともっと状態が悪化するなどしてしまうことまであります。

 

ではどうしてそうなってしまうのでしょうか?

 

ずばり言ってしまえば「足」に原因があると、僕は考えています。

その理由やさまざまな例を交えて

これからぼちぼちと、この紙面を使って書いていこうかと思っています。

 

色々な意味でとても重要なことを含んでいるので、是非興味を持って見てくださいね。

健康とかの話、について

「健康とかの話」カテゴリーでは、健康についてのお話等をする予定です。
季節によって注意する事、普段の生活で注意した方が良いことなど、健康全般の少し役に立つような話が出来ればと思います。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.