院長のひとりごと

ゴッドハンドになるために

凄いタイトルを付けたと、自分的に恥ずかしいですが、僕がなぜ整体師になったのかを考えると結局「ゴッドハンド」を目指すしかないと気づいたという話です。

最近はインターネットを介して、色々なゴッドハンドを発掘して勉強をさせてくれるサイトが現れました。
以前は細い情報を頼りに、素晴らしい技術を探してあちこち尋ね歩いていましたが、どこも宣伝上手ではあるけど僕の求めているようなものではありませんでした。
ところがそのサイトを介して、素晴らしい先生をたくさん紹介してもらえるようになってからはとても良い勉強ができるようになり、どんどんと真理に近づくような、そんな世界が広がっていきました。

僕が求めている技術や理論は、当たり前ですが調子の悪い人が良くなるためのものです。
そのためには結果的に楽で美しい姿勢、美しい姿かたちになることが必須で、さらにその状態がキープできて初めていつまでも健康でいられるのです。
そのためにはいろいろな原因で不調になっている人を、出来れば全員改善できる手段を持つ必要があります。

難しい話をすると、姿勢を正しくするには体中の皮膚と筋肉と骨格をつなぐ「ファシア」と呼ばれる繊維がつぶれていないことが必要です。
ファシアとは最近論文が発表されて注目度が上がっている組織で、皮膚・筋肉・骨・内臓をつないでいる、見た目は透明なすごく美しいクモの巣のような繊維です。
そこを水が流れていて、身体の掃除をしてくれたり、栄養を運んだり、体温調節をしたり、免疫の作用に大きくかかわっていることが分かっています。

それがつぶれてしまうと、癒着が起こり、筋肉が動かず水も流れず身体の組織がどんどん劣化していき、原因不明の生活習慣病の一因にもなると考えられています。さらにつぶれた繊維が神経を圧迫して痛みやコリを生みます。

つまり「ファシア」がつぶれていると、筋肉も緩まず、皮膚も緩まず、骨格も良い状態にはなれません。
無理をしているから痛くなったり凝ったり疲れたりします。
無理に動いたり重力に「逆らって」いるので、疲れますし、自由に動けません。

逆に言うと、ファシアがしっかりと膨らんでいれば、疲れず、老いず、傷まず、生活習慣病からは遠くなり、100歳まで元気でいられるというわけです。

ゴッドハンドは信じられないほどタッチが柔らかいです。
それは「ファシア」をつぶさず、むしろ膨らませるためにはそうでないとダメだということです。

僕の手が、神の力を持つためには、そうしたことを極める必要があるということです。

「ゴッドハンド」は自分で言うものではありません。

お客さんからそう認めてもらえるように、日々精進あるのみです。

ゴッドハンドへの道

最近接骨院まで整体をしだしましたが、本当に整体が出来ているか疑問に思います。
また脱サラで気軽にお金がかからないよとの甘言に騙されて、整体借金地獄に陥っている先生も知っています。

だからそういったまだ始めたばかりの先生たちにぜひ知ってほしい。
本気で困ってる人を助けたいと願って整体をするのなら、「本当に助けることが出来るようになるために」「その道には近道なんかない」ということを。

 

僕はいつも「なぜ?」「本当に?」と何事も一度自分の中で考え、そして分からなければ確認するようにしています。

誰かが言っていたから、とかテレビで有名そうな先生が言ってたから、とかそういった不確かな情報では実際のことは分からないですよね。

世にあふれている情報で、今までそれが本当のことだと思ってたことが全然間違いだったということもかなり多くあるものです。

整体にしてもそうです。

骨をポキポキする方法がとにかく良いと教えられたとします。
でも実際にやってみると、少し改善してもすぐ戻る。
だから「ずっと通ってね」、それも「頻繁に来なければだめだよ」と言わなければいけない。

筋肉を揉んだり骨をトンカチでたたいたりする方法もありふれた技術で、それは昔からあるからと誰も疑問を持ちません。
実際には体はポキッというような激しい衝撃や、ぐいぐいと揉んだり叩いたりの刺激はかえって防御反応を呼んでしまい、筋肉がどんどん硬くなり、血管が曲げられつぶされて血行不全に、そして骨格は前よりも歪んでしまい、自律神経など神経系統も影響をうけるのです。

また揺らす方法も、きちんと強さや振幅度合い、また左右を正確に均等に揺らす、触れるタッチは羽毛のように優しくなどしっかりと勉強をし反復訓練をしなければ、これも同じく身体を壊してしまいます。

僕はもう20年近く整体をしていますから、その分そういったことの重要性を身に染みて理解しています。
また理解していても、まだまだ知らないこと、勘違いもあるだろうという当たり前のことを常に心に留めています。

だから慎重に、整体のテクニックを施した際には毎回改善したか細かくチェックするようにしています。
そうでないと、妄信的に「これをすれば良くなるはず」と検証しないまま突き進めば、いずれお客様を壊してしまい、お客様に見放さてしまうのです。

 

お客さんは良くなりたくて、頑張って金額の高い整体でも来てくれます。
だったら良くしなければ駄目です。
そんなこと当たり前ですよね。
プロだったら、お客様の主観や思い込みに任せず、本当に良くなったか慎重に確認すべきです。
それも僕としては当たり前のことです。

だから整体をするのでしたら、日々悩み研鑽し、本当に身体を整え本物の健康になれる「整体」をぜひしてほしいと思います。

同じような技術でもほんの少しの違いで結果が全く変わってしまうのです。
その「ほんの少し」を発見するには、常に検証しなければいけません。

答えは目の前にあるのに、理屈の中にのみ求めるのは非常に愚かです。

今知ってることが全てではない。
今知ってることが正しいかいつも自分に問いかける。

これが整体の上達の極意であり、ゴッドハンドへの道なのだと思います。

「新型コロナウイルス」で思うこと

只今猛威を振るっています「新型コロナウイルス」ですが、感染力の強さと死亡者が日ごとに増えていく恐怖で冷静な判断力が保てなくなる人が増えているように思います。

一体その正体が何なのか、(一部で生物兵器が漏れ出した!とのうわさまであって、デマだと信じたいですが)事の真相はまだ闇の中。

しかし致死率100%では無いようで、それではどこで生死の差が生まれるのかと考えました。

 

現在、いまだ有効な薬が表れていない中、お医者様もさぞ苦しい状態だと思います。

では私たちはただ運を天に任せ、感染しないこと、感染しても運よく助かることにかけるしかないのでしょうか?

私はきっとそれは違うのだと思います。
これは病原菌やウイルスに対しての一般論なので、新型コロナウイルスに対してはまだはっきりしていませんが、要はウイルスに負けない健康な身体であることが感染の際に「死から遠ざかる可能性」を高めるということなのではないでしょうか?

当院の整体は、健康になるためのプロセスを持っています。
まるで階段を登るように一歩一歩確実に不健康から健康な身体に向かうように考えられてます。

では健康とは何でしょうか?

今回ウイルスの話題ですので、そちらから考えていきましょう。

まず当院の「IRT整体」は、末梢血流改善と自律神経機能の向上が科学的に証明されたものを使っています。
これは体温の上昇と、ホルモンバランスの安定を生み、免疫力のアップにつながるのです。

具体的に言うと、体温が1℃上昇すると免疫力が500%アップすると言われていますので、その効果は想像つくのではないでしょうか?
またホルモンバランスの安定は血圧や血糖値の正常化にも必須なので、そこが改善すればさらに抵抗力はつくでしょう。

当院は病院ではないので、健康増進のためのリラクゼーションと言われる部類のお仕事をしている場所です。
逆に言うと、病院ではなかなかできない、根本的な健康な身体を作るという、そもそも病院にお世話になる必要のない状態を作る場所なのです。

「健康」でないと命さえ奪われかねない新型コロナウイルスの脅威に、「健康」になることで立ち向かっていこうではありませんか!

尚 新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 や 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。

当院の施療法は、医学的に認められた療法です。


当院の施療法は、身体を壊すような手技は一切行っておりません。
そしてその技法は、上記の通り医学的に認められたものを使用しています。

適用は多岐にわたり、だいたい皆さんの悩んでいる身体の不調は原因から取り除いていきます。

当院は整体院なので副作用のあるような医療行為は致しません。
また整体と称して、揉んだり叩いたり、何でもかんでもボキボキとしたり、素人が少しだけ勉強してもう整体をしているようなところとは一線を画す、本物の施療院です。

根本的に良くしたい方も、とりあえずの方も、その方のニーズに合わせて施療をし、頻繁に通える人も通えない人もそれぞれ改善のための道のりを提案しています。

上記の施療法以外にも、足裏から見たバランス学、キネシオテーピング理論、筋膜理論などを学び、多岐にわたる不調の改善を目的としています。
皆様の間違った常識を打ち壊し、驚きと感動も提供しております。

また整体や医療関係の先生の中には、質問されたりして分からないことがあると、嘘をついたりごまかしたりしますが、僕はそれがいやで自分が整体師になりました。
自分は神様では無いので万能ではないことを身に染みて理解しています。
そのうえで真摯に皆様の状態に向き合っています。

お悩みの症状がありましたら、是非迷わず、まずはご来院くださいね。

(動画あり)キネシオテーピングは正しい貼り方をしてね!

最近テーピングを他所でしてくる人が増えてますが、結構な確率でとんでもない貼り方をされてくることがあります。

どういうことかというと、効かないどころかケガの状態を悪化させるような貼り方をしているのです。

他所と言いましたが、テーピングを含めて施療でお金をもらっているプロですし、しかも多くが国家資格保有者だったりするのですから、そういった根本的な間違いは本当にやめてほしいと思います。

といったわけで、簡単に正しい貼り方と間違った貼り方をした場合、身体にどういった事が起こるかを動画に撮ってみました

初めてのyoutube投稿なので上手くいってるか分かりませんが、たぶん見れるのでぜひ観てください。

https://youtu.be/NXF88RVluV8

小顔になりたい

「小顔になりたい」

女性なら誰しも思うことでしょう。

「顔の歪みが取りたい」

これも多くの女性が思うことでしょう。

「シワやくすみ・目の下のクマを取りたい」

これも多くの女性の悩みだと思います。

では解消するのにどうしたらよいのでしょうか?

よくある整体系の小顔施療に、ぐいぐいと顔の骨を押したり、皮膚を引っ張る施療があります。
短期的に見れば顔が整いそれっぽくなります。
ですが実は押したり皮膚を引っ張ると、お顔にとって悪いことが起こることがあります。

ぐいぐい顔の骨を押すと、皮膚と骨に挟まれて筋肉や筋膜や血管が押しつぶされます。
すると炎症が起きたり、筋膜の癒着が起きたり、内出血やリンパ液の滲出でむくんだりします。
これでは肌はくすみ、顔が大きくなってしまうという矛盾が起こりますね。

また皮膚を引っ張る施療は、皮膚のたるみが起こる恐れがあり、それが結局シワの原因にもなるそうです。

そして早ければ次の日には効果が消えて、あわれ儚いひと時の夢と消えるのです。

 

では整体では小顔は無理なのか?

普通では無理なことはもう理解できたと思います。

 

当院でもフェイシャルケアをしていますが、効果の持続も含め明らかな効果を出しています。

つまり当院で行っているそれは普通ではないのです。

当院のフェイシャルケアはタッチは極めて優しく、皮膚や筋肉・血管をつぶさずに筋膜をゆっくりとリリースします。

すると緊張していた筋肉がどんどんと緩み、お顔の歪みは当たり前、色やしわなども施術前と施術後がハッキリと変わることが自分でも分かります。
だから最高のお顔のケアといういみで「アドバンスドフェイシャルケア」と名付けたのです。

 

ですが、そんなに優れた方法がありながら、私たちは全然満足しませんでした。
自宅で簡単に戻り防止が出来て、来れば来るほど見て分かるほどの効果が出て、整うだけではなく明らかに若返るケアが欲しかったのです。

 

今、ある特殊なクリームを使っての小顔ケアを、試験的に行っています。

それは塗って軽くなでるだけでどんどん筋肉が緩み、そのため隙間が皮下にできるので余分な水分が流れていきます。
毛細血管の血流が目に見えて改善し、くすみがどんどん取れていきます。

凄いのは、顔の歪みが本当に整ってしまう事です。

歪みが大きい人は、その変化に、「美容整形をしたの?」と思うほどの方もいます。

骨を無理に動かそうとはしていません。

筋肉の過緊張を取ることでお顔のずれがどんどん解消し、右と左の差が見て分かるほど消えていきます。

そして、シワやほうれい線も明らかに薄くなるのも確認されています。

これも本人が見て驚くほど変わることがあります。

さらに皮膚の透明感が出るのですが、本当に透けているように感じるくらいきれいになる人もいます。

水分がどんどん流れるので、みるみるお顔が小さくなっていきます。

これは最初に片側だけ施療して施療前後で鏡で見てもらっていますが、おそらく驚かない人はいないでしょう。

さらにすごいのは、そのクリームをつかって毎日お顔のケアをすることで、施療の効果を保つことが出来るのです。

これは本当に誰でもできます。

だって塗るだけですから。

マッサージもいらないくらいです。

今ならまだ試験運用中なので、アドバンスドフェイシャルケアに材料費1500円を加えただけの価格と、かなりお安くなっております。
ですが只今準備をしているのでホームページに載せる前に価格は上がるかもしれません。その際はどうかご容赦ください。

 

そのクリームは医療機関にて各種試験をしており、日本で唯一医学的エビデンスの取れている製品です。
医学雑誌にも製品として紹介されていて、「気がします」的な怪しいクリームとは比べてほしくないと思っています。

実際に医師監督のもと、4つの効果について効能評価試験を実施しています。

4つの効果とは

シワ改善
たるみ改善
肌弾力(ハリ改善)
肌の水分改善

となります。

さらも6つの無添加でとことん肌に優しく作られています。

6つの無添加とは

石油系界面活性剤不使用
鉱物油不使用
合成着色料不使用
香料不使用
タール色素不使用
紫外線吸収剤不使用

となります。

もちろんアレルギーはどんなものでも出る可能性があるので、100%安全と言い切れませんが、当たり前すぎて説明すると怒られそうですが、そんなのどんな製品にも当てはまることなので今更かもしれませんね。
心配な方は当院でパッチテストをするので納得の上で施療を受けてください。

老化を防ぐのは遺伝子の問題もあるので不可能ですが、
見た目の老化、年齢よりも老けて見えるのはこれで解決できそうなイメージが湧きませんか?

 

私はこのクリームを、正式に習うために行った講習会で初めてお顔に使ったときに、周りの受講者からどよめきが起こりました。
自分でももちろん驚きました。

それは明らかに5歳から10歳は若返って見えたからです。
写真を取っておけばよかったと後悔しております。
もちろん顔は整い、小さくなり、シワが減り、肌の透明感が出て、ハリがでた「ほっぺ」はいつまでも触っていたくなるほどでした。
たった一回でこれほど変化が出ることは通常では考えられないと、参加していたエステサロンの方も言っていました。
「奇跡だ」と声を漏らしていた人もいたのです。

 

今年いっぱいを使って、美容整体の勉強もしてきます。

勉強にかかる金額も莫大ですし東京に通うので非常に大変ですが、半田市にできた日本一の美容サロンと言われるように、しっかりと精進して参ります。

「これなら100万出しても良い」

と言われる施療を、もちろんそんなに取りませんが、これからメニューに加えていく予定ですので、皆さん楽しみにしていてくださいね。

その正体は「MBTテープ」!

「MBTテープ」

それが前回まで書いてきた、

「一瞬で 筋肉を 緩める」ものの正体です。
手首と足首に巻くだけでどんなゴッドハンドもできなかったことを可能にします。

以下はよくある当院でのお客様のパターンです。

まず検査をします。
前後のバランスを見るのに立ってもらって手を下で組んでもらいます。
その手をグーで真下に押します。
テープを貼る前は押されるたびに倒れそうになって、一生懸命踏ん張っても全然抵抗できません。
ところがテープを貼ると、全然耐えられます。
場合によっては本人はぜんぜん頑張っていなくて、むしろ脱力しています。

肩とふくらはぎの筋肉をつまみます。
テープを貼る前はとても痛く、コリコリしたしこりが本人にもはっきりと分かります。
ところがテープを貼ると、痛みが軽くなり、しこりも柔らかくなっています。

以上のような検査を場合によっては10か所くらい行ってからテープを貼って、その前後の変化を確認します。

整体をすることで、さらに状態を良くし、さらに検査をしてさらなる改善を確認。
そこで施療は終わります。

テープは時間にして1時間から4時間の間で剥がしてもらいます。

MBTテープは毎日貼ってもらいます。それを一週間続けてもらい、また来院。
そして検査をします。

するとテープを貼っていなくても前回より全然楽に力が入ったり、痛みやしこりが軽くなっています。

それを3カ月続けます。

するともう毎日貼らなくても、バランスが崩れず筋肉のコリや痛みから解放されています。

その間に様々なことが起こる人もいます。

自律神経が整ったり、
低体温が改善されて1℃上がったり、
アレルギーが軽くなったり、
病気しにくい、または治りやすくなったり、
むくみがどんどん減っていったり、
顎の痛みが無くなったり、
頭痛が無くなったり、
目の奥の痛みが無くなったり、
首がスムーズに動くようになったり、
スポーツしている人はフォームが改善されて、成績に反映されたり、
もちろんそういうことから来る身体の不調はほとんど感じられなくなったり、

つまり身体の負担が無くなることで自然治癒力が上がるので、その結果身体が健康になっていくのです。

もちろんそれを保証するものではありません。
様々な要因が絡んで身体の調子は崩れるので、バランスが良くなることだけですべて解決することは考えづらいからです。

でもバランスが崩れていることで起こる不調は、実際に起こったテープの効果を考えると改善するのは当然でしょう。

上に書いたことは実際に起こったと報告されている内容です。
当院のお客様にもそういった事がすでに起こり始めています。

どうですか?

※上記の内容はテープでケアをしてもらい、定期的に当院で整体をした結果を書きました。
整体をして楽になったら、その状態が悪い状態に戻らないように使用してもらっています。
そうすることで、今までではなかなか到達できなかった状態にまで改善していく、というイメージで見てください。

「一瞬で 筋肉を 緩める」簡単な方法

筋肉が硬くなっていると
「コリ」や「痛み」が生まれるということを、前回のブログで書きました。

身体がバランスを崩すと、倒れないようにあちこちに力を入れて(つまり筋肉が硬くなっている状態)踏ん張ります。
それが長く続くと「クセ」になります。
「クセ」は無意識にすることですから、バランスを長く崩していると知らないうちにあちこちに力を入れた、崩れた姿勢をしてしまいます。
さらに困るのは寝ていてもずっと力が入るようになってしまい、
24時間何日も何年も、休むことが出来ない筋肉が生まれてしまうのです。

そうするとコリや痛みがどんどんひどくなり、時間が経つほどどれだけ頑張っても取り切れない辛い症状があちこちに増えていくのです。

これを何とかしようとしたら、全身にある硬い筋肉を全て緩めることが出来なければいけません。
そしてその状態を最低3カ月は続けないと、身体に負担がない良い姿勢の「クセ」はつかないのです。

逆に言えばそれが出来たら、身体のコリや痛み、もっと言うと姿勢の悪さからくる身体の様々な不調から一生解放されるという訳です。

残念ですが、特に長い時間をかけて身体の悪い「クセ」を作り上げてしまうと、無数に硬い筋肉が生まれ、それをすべて緩めるのはかなりむつかしくなります。
さらに悪い「クセ」は何らかの方法で緩めてもすぐに戻してしまうので、結局一度悪くなると「一生悪いまま」ということになります。

さて、実は無数にある硬くなった筋肉を、ある程度「一瞬」で緩めることが出来るものがあったとします。
全身の筋肉が緩んで血行やリンパ液・脳脊髄液などの体液の循環が良くなったとします。
それって実はゴッドハンドの整体師でも、そんなに簡単にできないことなんです。

通常の整体で身体をほぐしたとき、
数字で例えると、悪い量が100あったとします。
その内一回目で30楽になるとします。

「一瞬」で緩めるものが自分でも簡単にできたとします。
そうすると毎日それを使ってケアをすれば一日の疲れをリセットでき、整体の効果が戻らないように防止できるのです。

二回目に来た時、戻り防止が出来ているので最悪でも28くらいまで保っていたとします。
二回目に、さらに30楽になれば、足し算をすれば60くらいですね。

それを4回繰り返したら、100悪かったのが消えてしまいますね。

実は今までの整体では30良くなっても、次の時には10くらいに戻っているのです。
ですから戻る前にこまめに整体に通い、100までにしようとしたら10回とか20回とか来ないといけないこともありました。
もちろん良くなったからと整体を終わります。すると「クセ」によってまたどんどんと戻ってしまいます。

まさにイタチごっこ。長い目で見ても全く良くなることはないということですね。

そこで「一瞬」で筋肉を緩める。そういうものがあればそもそも悪いクセが出にくいので戻らない。
整体の効果がそのまま戻らない状態でキープできる。
そう思いませんか?
そして良い状態を3カ月保っていれば、「悪いクセ」は「良いクセ」に変わっている。となったら絶対にそちらの方がうれしいですよね。

実は当院には「一瞬」で「筋肉」を「緩める」ことをしてくれる、不思議なテープがあるのです。
それは医学的なエビデンスも取れていて、「効いた気がする」といういい加減なものでは無いのです。

検査で変化が必ず起こるので、疑う余地がありません。

導入できる整体院は知多半島では恐らく当院だけではないでしょうか?
それほど厳しく扱えるお店は制限されています。

それを導入したのはほんの一か月前です。
つまり当院だけが、根本改善が可能なのです。

怪しいと思いますか?

次回はそのテープを紹介します。

お年玉割引 やってます(^^)/

明けましておめでとうございます。

毎年恒例のお年玉割引やってます。

昨年は新店舗を構えることもでき、お客様にはたくさんのご来店、本当にありがとうございました。

今年も昨年を超える良い施療をするため鋭意努力致します。
また健康関連のセミナーもお客様の要望に応え、今年から当院隣の道場兼セミナールームで行いますので、期待してお待ちください。

さて、改めて私の考えです。
世の中肩こりや腰痛、膝痛足首手首肘などの関節の不調、自律神経の不調や、うつ気味な人、下痢や便秘、その他もろもろお身体の悩みを持った方は山ほどいます。
実はそのほとんどが原因が分かれば、あとはその原因をつぶしていくだけで健康になっていきます。

問題は原因を勘違いしたまま盲目的に施療したり、そもそも原因が分かっていなくて同じことばかりしたり、そういったあまり期待できない施療は致しません。

また訳も分からずもんだりたたんだり、ひねってボキボキしたり、かえって身体が悪くなるような施療も致しません。

私もまだまだ完璧には遠いと感じます。
ですから油断せず、少しずつ様々な勘違いを無くし、私自身も進化していきます。

今年も益々チャレンジをして、皆様のお役に立てるように頑張っていきます!

どうぞ今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

「病院で良くならなかったんです」

「病院で良くならなかったんです」

お客様に体の様子を聞くと、よく聞く言葉がタイトルの「病院で・・・」です。

ズバリこういう考え方をしてもらいたいのですが、つまり、「病院で良くならないものは病院の仕事でない」ということですね。

私の仕事は筋肉を楽にして、その結果絶好調にしていきます。
絶好調とは、自由に動け、痛みや突っ張りなど動くことに制限がなくなることを言います。

腰が曲がり、背中が曲がり、首が曲がり、内臓が圧迫され、自律神経のケーブルが圧迫され、血管が圧迫され、神経が興奮してリキミが取れず、その結果、
むくみ・不眠・イライラ・内臓の不調・冷え・ほてりなどコリとか痛み以外にも症状が及びます。

腰が曲がり、背中が曲がり・・・など上記の状態は、筋肉が硬直し体のあちこちを引っ張っている状態なのです。
そこで筋肉の硬直を解除して、筋肉を柔らかく楽ちんにしてあげると、あら不思議、今までの体の不調がどんどん消えていくということに気づくでしょう。

さて筋肉の硬直と書きましたが、これはどうしてそうなるか、どういう状況が起こっているかを知る必要があります。

筋肉を包んでいる膜、骨を包んでいる膜、脂肪の蜘蛛の巣のような形の組織、何層にも重なった皮膚組織。
そのそれぞれがねじれ、癒着していると動かすときにそれぞれの組織がくっついているのでひっぱりあってしまい、動くことがむつかしくなっているのです。
それが「最近身体が硬くて、肩が上がらないんだ」「足が上がらなくて、つまづいたんだ」「首が動かないんだ」などなど、まあ、動けなくなるわけですね。
もう一つ、筋肉が硬くなる原因に、重力のあるこの地球上では、人間のように細長い動物は立つのもむつかしいという現実があります。
例えば右に体重を乗せると、右に倒れないようにするのに体のあちこちを反対側に傾けたりねじったりしてバランスをとります。
身体を傾けてねじるのは筋肉で骨を引っ張ってそういう姿勢を作るのですから、ずっと右に体重を乗っけていたらずっと力を入れ続けているということです。
さらに力を入れ続けると長い間膜同士がくっつくため癒着が起こり、その結果固着が起こって正しい姿勢が出来なくなります。
それが姿勢が悪くなり、良い姿勢が出来なくなっている状態です。

これらの悪い状態を解除するには、神経の興奮のスイッチを切り、癒着した筋膜を剥がし、そもそも歪んだ姿勢をしなくてもいいように身体を変化させる必要があります。
姿勢がなぜ悪くなるかはその人それぞれの条件があるので私がどうにかできる部分ではありませんが、一番難しい硬さをとるということは私の仕事ですのできっちりとやります。

整体と言いますが、その方法は体の硬くなった部分を取ることが主な仕事で、その結果驚くほど身体がまっすぐになるので身体を整えるという意味で「整体」となるわけです。
皆さん誤解しているようですが、特に当院の整体は無理やり骨を鳴らしたり、筋肉を強く押したりもんだりして痛さを強要するような古臭いものではありません。
身体のセンサーや根本的な仕組みを利用して、ソフトで眠くなるほど穏やかな、でも効果は信じられないほどある、実に解剖学的神経学的なアプローチで行っています。

ですから、当院ではお年を召した方でも怖くなくできますし、若いかたは日ごろの緊張をしっかりと抜いてもらうことが出来るのです。

病院で良くならないのは、病院の仕事ではないからです。
それは多くは私の仕事だということです。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.