お知らせ

ウオーキング講習会のお知らせ

今回は足裏のバランスから見た、正しいウオーキングの講習会のお知らせです。

以下が要項になります。

【講師】:専属講師 フットケアポディスト 梶川幸嗣ほか
【開講日】:第1日曜日 13時30分~15時30分(10/5、11/2、12/7)
【受講料】:3ヵ月分 11,016円(税込)
【持ち物】:筆記用具
※実習がありますので、脱ぎやすい靴下・ズボンなどでお越し下さい。

なぜ、首こり・肩こりがある人と、そうでない人とにわかれるのでしょうか。それは、外反母趾や浮き指・扁平足による悪い歩き方から首を痛めたことにあったのです。つまり、足と首の異常が隠れた原因に。足裏のバランスを整えると、自然と正しい歩行が促され、良い姿勢と共に首も安定して首こり・肩こりが解消。自分でケアする「足裏バランステーピング法」と「足裏バランスウォーキング法」「コリ解消運動法」を学ぶ3ヵ月講座です。

<カリキュラム>

◆第1回(10/5) 「首こり・肩こりがある人とない人との差は、『悪い足と悪い歩き方』にあった!」
◆第2回(11/2) 「首こり・肩こりは、様々な体の不調を引き起こす!」
◆第3回(12/7) 「かかとから着地は危険!足裏バランスウォーキングで健康と美を手に入れる!」
理論を学ぶ→講師のデモンストレーション→実技実践という流れの予定です。

【お申込・お問合せ】
お電話でのお申込:0120-53-8164 名古屋・栄 中日文化センター

受講をお申し込みの方は、下記をクリックしお申し込みください。(会員登録必要)

受講申し込みはこちらから(中日文化センター)

 

ちなみに私も第三回目に講師のお手伝いとして参加する予定です。

お盆休みのお知らせ

いつもご覧下さり、ありがとうございますm(__)m。
8月17日(日)・18(月)・19(火)
上記をお盆休みにいたします。
ご了承宜しくお願いいたします。
        院長 寺下晃矢

体調不良と呼吸の関係

皆さん元気ですか?
元気があれば何でもできる!
最後はダー!!といきそうな台詞ですが、実際元気があれば仕事も遊びも楽しく前向きにできるものです。

このブログを見るくらいだから、元気が無い人ばっかなんだろうなー(‘~`;)。

さて今回は、呼吸についてです。
 kokyuu

呼吸をするとき、腹式呼吸だとお腹のなかにある横隔膜という呼吸筋と腹筋群が、胸式呼吸だと肋骨の間にある肋間筋が使われます。
呼吸法はこれらをたくさん使って鍛えるという意味があります。
鍛えられると体内に命の元であるたくさん酸素が増えて有害なガスがたくさん追い出せるということで健康に良いですね。
因みに3分呼吸をしないと死にます。
水は3日、食料は3週間(だったかな?)とらなくても良いのに・・・。

さらに呼吸筋をしっかり使うと、内臓がマッサージされて血流が飛躍的に改善され、内臓自体も元気になります。

さらにさらに、いろんな筋肉のこわばりも取れるので、腰痛や肩こりになり難くなります。

さて呼吸法ですが、色々あるので調べたり習ったりするので充分ですが、ここでは簡単な方法を。

身体を真っ直ぐにしてリラックスします。
立ってやる場合は、足は肩幅に開いて つま先は真っ直ぐより少し開くくらい。膝は少し曲げるくらいです。
椅子に座る場合は足を開いて背もたれがあるのでしたら、背もたれは立てた状態で椅子に深く腰をかけてリラックスできるところを探します。腰が丸くならないのが絶対条件ですが、そりすぎも良くないです。
床に座るときは、正座が良いですね。足は重ねず、親指が重なるくらいにします。
寝てやる場合は、仰向けで、膝を立てます。
手の位置は呼吸がし易いポジションでしたらどこでもOKです。おなかの上、胸の前、だらっと垂らすなどリラックスできる場所を探します。
全てに共通するのは、アゴは軽く引いて 首の付け根はしっかりと立てておく、ということです。

呼吸は鼻から吸って鼻から吐いてを出来る限りゆっくりと、でも無理なく行います。
ダイエット目的でしたら、口からとことん吐くとよい効果が期待できます。
コツとしては、おなかと胸を同時に膨らまし同時に凹ませることで、全部の呼吸筋を使いましょう。

ここで首や胸が苦しくて上手くできない、背中に痛みが出る、腰が痛くておなかが使えないなどの方は、あきらめてご来院ください。

只うちのほかに探していたり、試してみようと思う方は以下を参考にしてください。
素人がほぐしているようなお店は偶然でも改善することはむつかしいと思われますので、あまり期待しないほうが良いです。そこで改善できるなら、簡単な体操でほぐれます。気持ちよさを求めに行くだけでしたらどうぞ。
手技でのほぐし屋さん・整体屋さんは腕と経験と勉強をしっかりしているところを見定めましょう。たとえば首の付け根の筋肉や肩甲骨周り、背中の筋肉などの奥のほうにある筋群は、痛みが出るくらいの方はほぐすくらいでは楽になりません。むしろ刺激を受けてさらに神経が興奮して、悪化してしまいます。
またカイロプラクティックのようにボキボキ鳴らすだけのところも残念ですが効果が無いことが多いです。
一瞬良い感じがしますが、時間がたってまた検査すると元に戻っていることが多々あります。
シップや痛み止めは問題を先延ばしにして、さらに深刻にすることが多々あるので、状態を正確に観察できる、腕のよい病院に相談することが最低限の手段です。そもそも点滴は血行が悪ければ効きが悪いし、血行が悪い場所がだめになってるので、まず血行を細かくくまなく改善してからが吉です。
とにかく痛んでいる程度によってやり方が変わりますので、安全確実に出来るところに行くのが良いでしょう。

是非参考にしてくださいね。

講師をするとき

皆さんは講師をした経験はあるでしょうか?
私は未熟ながら、何度か機会を頂き、ガラにも無く人前に建つ機会があります。
明日も中日ビルの一室で、膝痛の人のための講習会の講師を勤めさせてもらうことになっています。

基本的に膝であろうが腰であろうが肩であろうが、とにかく不調をきたしたときに足から身体を診ていくことの重要さを説いていくのですが、今回も授業で足の不調から膝が壊れてしまうメカニズムを解説していきます。

足の不調とは、外反母趾とか偏平足・指上げ足といったいわゆる変形したものが代表格ですが、ではどうしてそうなっていくかというと実は靴が原因だということを皆さん知っていて欲しいです。
最近の靴は衝撃を吸収するためにかかとを分厚くやわらかく作り、つまりカカトが少し高くなっていて、さらに土踏まずを盛り上げて足を外に傾けてしまい、さらにつま先がわずかに反っていて指で踏ん張れないような構造になっています。
さらに靴紐をしっかり締めないせいで足が靴の中で動いてすぐに脱げそうになるので、そうならないように指を上げて引っ掛けて歩くようになるのです。

足の裏は親指と小指の腹・そして親指と小指の付け根(拇指球とか小指球)・さらにカカトの、合計5箇所が点として地面に接しています。これは3脚と同じで、面よりも3点で支えるのが安定を生むのです。
そして歩くときは5点のうち常に3点がどれか地面についていて、そのおかげでぐらぐらせずに歩けるようになっています。
ところが先ほどのような靴の形状や履き方をすることでこの5点構造がなくなり、足で身体を支えることが困難になるわけです。

その結果、身体がぐらぐらして倒れそうになるのです。
ですが倒れるわけには行かないので、足の裏が負うべき仕事を、そのために作られていないはずの筋肉で無理やりするわけです。
それが長く続くことで、知らない間に疲労が溜まり、筋肉が壊れ、関節が壊れるのです。
もちろんそんな不安定な状態でスポーツをすれば、当然スポーツ障害を引き起こしてしまいます。

壊れる場所は足の付き方によって決まってしまうのですが、たまたま膝にストレスが溜まるような足の付き方をした人が、膝の障害を抱えることになります。

膝など身体を壊すのはそんなに大変でありません。無理をしていれば早くて数時間で壊すことが出来ます。
ところが治るのには非常に長い時間がかかります。
例えば手を切ったとします。一瞬で壊れたわけですね。ところがすっかり治るには何日もかかります。
そういうことです。

ではどうすればよくなるのか?
簡単です。治るまでぜったい壊れることをしない。これしかありません。
そのための方法を今度の講習会でするわけです。

また半田でも機会を作ってそういった足から健康を考えるといった授業をしたいと思ってます。

そのときはどうか興味を持った方は、迷わず来ることをお勧めします。

 

 

ゴールデンウイークのお知らせ

ゴールデンウイークの営業休業日のお知らせです。
4/29(火)5/3(土)は通常通り営業となります。
5/4(日)~5/6(火)までをお休みいたします。

なお、4/29(火)5/3(土)は、モバイル会員様に贔屓いたします!
通常来店ポイントは1点ですが、この2日間はサービスの5点つけちゃいます!!
ごくまれにあるこのチャンスをお見逃し無く。

来店ポイントの引換え商品一覧はこちらから↓
http://www.healthy-terashita.com/aboutus#coupon

だんだん充実してきましたので、是非確認してくださいね(^^)。

年末年始のお知らせ

年末は12/30(月)まで

年始は1/6(月)からとなります。

予約は電話転送してますので、お休み中でも多分取れると思います(取れなかったらごめんなさい)。

 

今年も一年本当にありがとうございました。新年も益々がんばります!

それではよいお年を(^o^)!

 

 

やります!クリスマスジャンケン!

常連様、お待たせしました!
今年もクリスマスジャンケンやっちゃいますヽ(;▽;)ノ。

3000円以上ご利用の方、1000円につき一回ジャンケンできます。
ジャンケンに勝った人にはファミリーマートの「フライドチキン引換券」をプレゼント!!
今までの最高記録は7本でした。
今年は記録更新なるか?

また負けてしまっても大丈夫!お好きなお菓子を負けた数だけ持って行ってください(´∀`)。

期間は12月16日(月)から25日(水)までの10日間。

IMG_0705

毎年大盛り上りのこの企画をお見逃しなく!!!

いろいろあります。お得な割引き(^O^)!

当院には意外と知られてない割引制度があります。
今回はそれらをまとめて紹介いたします。

それは初めての方や当院を紹介してくれた方に向けた制度です。

●お知り合いにご紹介された方・・・初見料より500円割引き
●ご紹介してくれた方・・・次回2500円以上のメニューから500円割引き・またはモバイルポイント15ポイント進呈。
●オイルメニューかアジアンボディメニュー と整体(レギュラー・ショートコース)をセットで500円割引き

上記以外にもモバイル会員の方には、突発的に色々な上記以上にお得になるキャンペーンも実施しております。
(例えばオイルメニューと整体セットで1000円引きとか、キャンセル出たのでその時間5ポイント付けますのでいかがでしょうか?など)

いつもご利用の方に、ほんのわずかですがお礼の気持ちの割引きです。
お気持ち程度ですが是非受け取ってくださいね(^-^)。

知らないから軽く見てる。酸素は本当に重要です!!

酸素の働きを知らないと、その重要性が分かりません。
そこで、酸素が身体の中でどういう働きをしているかを説明していきます。

酸素は細胞の中で、ミトコンドリアという部品でエネルギーを作り出す材料になっています。
つまり酸素が足りないとエネルギーが少ししか生まれないので、細胞の活動が極端に低下してしまうのです。

細胞というと分からないと思うので、もっと具体的に解説します。
まず脳細胞の働きが悪くなるので、頭が回転しなくなります。
集中力が無くなり眠くなりますし、
ストレスが抜けなくなり、
さらに酸欠自体がストレスになるので、ストレス自体が増えることになります。
自律神経のコントロールが上手くいかなくなるので、自律神経失調もおこります。

うつ状態やイライラが起こったりするわけですね。

肝臓も大量の酸素を必要としています。
酸欠ということはこの肝機能も低下してしまうということです。
逆に血液中にしっかりと酸素があると、お酒を飲んだときに二日酔いになりにくいのですが、僕はそれを経験しているのでまず間違いありません。
毒素の中和を肝臓は行っているので、酸素がたくさんあれば体内の毒素から来るさまざまな不調も起こりにくくなります。

皮膚の細胞も酸素がたくさんあればどんどん新しくなりますので、スキンケアをがんばってしている人は要注目です。
酸素カプセルに入ると、本当にお肌が潤うのでびっくりしますよ。

肝臓やお肌だけでなく、身体の全ての細胞が新しくなっていくので、酸素がたくさんあれば老化も防げますし、若返りにもなります。

血管も細胞ですので酸素があれば健康で柔らかい状態が保たれます。
その結果血圧も安定します。当然そういったことからくる病気のリスクも減ることになりますね。

次に脂肪を燃やすのにも酸素は必要です。
ダイエットを考えているならば、必須です。

筋肉疲労は疲労物質である乳酸が溜まってしまい起こりますが、
酸素はそれを分解しますので、疲労回復に役に立ちます。

糖の分解にも酸素が必要です。

それらから、身体の代謝機能があがり、内臓の病気が良くなっていったり、視力が回復したり、免疫機能が正常になることからアレルギーが改善したり、風邪などの感染症に強くなったりします。

スポーツ障害などの怪我も、実際に回復があがることが分かっていて、早期回復は運動不足期間が短いわけで、その結果パフォーマンスの低下が抑えられるというわけです。

ざっと並べてみましたが、これらが酸素の働きというわけです。

では次回は、酸素をしっかりと補給して何が良いのかを例をあげて紹介していきましょう!

足が大事!

足の裏のどこが地面に接しているかを見る道具があります。

正常な人は、かかと・指の付け根・五本指の腹がしっかりと写っていて、土踏まずがくっきりとしています。

足は凄い能力をもっています。
歩くときに足裏にかかる衝撃は体重の3~5倍になります。
体重が50㎏の人だと100歩で1.5トン~2.5トンの衝撃波がかかるわけです。
正常な足の裏はそれを無害化し、なおかつ身体に有益な振動は残すようにすることができます。
また踵から着地した時に足は外側に捻れようとしますが、それを真っ直ぐに歩くためのエネルギーに変換します。
そして足の裏の正常な動きは、ふくらはぎやスネ・膝の正常な動きを生み、血行を良くしてむくみも解消していきます。

また立っているときに微妙な揺れが生じ、外っておけば倒れてしまうのですが、これを防ぎ安定して両足の真ん中に重心を落として、真っ直ぐに楽に立っていられるのも足の裏の役目です。
さらに片足立ちも出来、その結果サッカー・野球・空手などのスポーツがケガなく上手に出来るわけです。

これらさまざまな特殊な能力を足の裏は持っているわけですが、これを可能としているのが正常な足の裏なのです。

足の裏の筋肉を見ると、多くの筋肉が指先をかかとに引き付けるために機能しているのが分かります。

つまり、手でいうところの、「グー」にするための筋肉です。

image

これらが、正常に機能している足が、地面に指の腹が付き、土踏まずがしっかりとした形の足なのです。

ところが、現代人のほとんどが、ある理由でこの機能を失っているのです…。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.