実戦空手 教室紹介

才能について思うこと

私は空手の指導をする機会をいただいていて、特に小さな子供さんから中学生までを教えています。
もう教え始めてから7年ほど経っていますが、常々思うことがあります。
それが「才能」というものです。

私は基本的に、才能という言葉は好きではありません。
才能という言葉が、努力をしなくてもすでに手にしている能力という意味だからです。

空手を教えていて、すでに体の動かし方が上手く、ちょっと教えればその才能を開花させ、すごい成績を収めるのも不可能でないと思わせる子に今まで何人も出会いました。
当然そういう子とは真逆に、どう考えても才能のかけらも無い子も大勢いるのです。

ところが才能が無いと思う子のほうが、大きくなるにつれどんどん上手く、強くなっていくのです。
これはどういうことかと考えてみました。

そして考えた結果、ある意味これは私の勘違いから見誤っていたという答えに行き着きました。。

つまり、身体を動かすのが上手いのを才能と呼ぶのではないということです。
上手く、強くなる子には元々負けず嫌い・強くならなければならない理由・空手自体がとても楽しい、など空手に対して何かしら情熱を持つための条件が潜んでいたのです。
もし才能と呼ぶならばそれこそが才能だったということです。

残念なことに、そんな情熱を持った子供でも、親御さんの意向でやめざるを得ないことになる子にも何人も出会いました。
様々な理由がありましたが、その中でも、「この子には向いていない」「才能が無い」と勝手に決め付ける言葉は私をとても残念な気持ちにさせました。
なぜなら止めていくときに、本当はやめたくないと泣く子がいるからです。

親御さんの考えもあるのは分かりますが、情熱を持っている子をやめさせることに、どんな良いことがあるのでしょうか?
その子はまだ自分の目標を何もやり遂げずに、自分の意思とは関係なくやめさせられたのです。

価値観は人それぞれですが、私はやはり、特に子供のうちは、なにもやり遂げずに逃げることは罪だと考えています。
また何かをなそうとしているときに、勝手な価値観で自分以外のものがその道を絶つことも罪だと考えています。

人間は生きていかねばなりません。
その道は自分で決めるべきものです。
つらいことがあっても、決めた道、理想があれば、やはり突き進むだけの気持ち・心の力が必要です
私は空手しか教えられませんので、空手の道に入ってきたならば、どうかその心の力を、空手の練習を通して養っていって欲しいと願っています。

努力をすれば、何かしら結果が出ます。
また結果が出ない努力は、努力の仕方が間違っているのです。
勉強でも仕事でも、求められるのは結果です。
その結果を出すための知恵も教えていきたいと思いながら、私は空手を教えています。

みな実は、何事も成し遂げることが出来る才能を持っています。
そして向き不向きよりも何を成し遂げたいかのほうが大事です。
才能という言葉はやはり、情熱を持って事に当たれる、その精神にこそ当てはまるのではないでしょうか?

そんなことを考える、今日この頃。
院長のひとりことでした。

Point & KO 全国出場!

去る10/26(日)、当修士館主催のPoint & KO予選 MOMOTARO CUPが岡山県の六番川水の公園体育館にて行われました。

中国地区の精鋭たち。そこに混ざって闘ってきました。

この大会に我が支部より3人の選手が出場してくれました。
この大会は全国の予選となりますので、上位4位までの選手が来年東京にて全国大会決勝に出ることが出来ます。
このPoint & KOは文部科学省が後援しており、ここで賞を取るということは大変名誉なことです。

毎年レベルがどんどん上がっていて、勝ち進むのも非常に難しいこの大会に、応援も少ないままたった三人で試合に挑むのはとても勇気があることだと思います。

残念なことにこの大事な試合のときに、私はひどいぎっくり腰をしていて、立つものままならない状態でした。
それでもなんとか応援してあげたいと思い同行したのですが、途中で激しい痛みに襲われ、観戦もままならないまま何の力にもなれず、本当に悔しいやら申し訳ないやらでした。

それでも三人は立派に戦いましたが残念ながら二人は敗退、涙を呑む結果となりました。

ですが一番年下の小学一年生、竹内樹君ががんばり、堂々3位を獲得しました!
これで晴れて全国に行くことが決まったわけです。

本人は当然もっと上を狙っていたので、結果に満足していませんでしたが、それでも全国にいくことは出来ます。悔しい思いがあるのであれば、そこで活躍すればよいでしょう。
当支部は週2回しか練習日が無いので、そんな中で結果を出せるなんて本当にすごいことだと思います。

元極真・現佐藤塾塾長で空手会の伝説の一人、佐藤勝昭先生と!我が修士館の館長で、元芦原会館の武闘派(今はめちゃくちゃ優しいです)佐藤館長と!
左は全日本選手権を2度制覇、さらに第1回世界選手権初代チャンピオン・現佐藤塾塾長で空手会の伝説の一人、佐藤勝昭先生と!
右は我が修士館館長・佐藤雅弘先生です。めちゃめちゃ強いけど、優しいよ(^^)。

残念ながら負けてしまった二人ですが、まだ来年関西と東海予選があるので、それに出場してなんとしても全国行きを決めると意気込んでいます。

このようにして厳しい練習を乗り越えて、自分を磨き、目標に向かってがんばる子供たちが今日もまぶしく見えます!

私も腰をシッカリ治して、たくさん見本を見せれるようにがんばります!!

2014 中部地区ウエイト別空手道選手権大会

9月14日(日)、三連休の中日で爽やかな秋晴れの中、一宮市木曽川体育館にて璞名館さん主催の大会が開かれました。
当道場からは6人がエントリーです。

今回の試合は体重別で、初級から上級までのクラスの選手が一緒の土俵で戦う試合になります。
つまり勝ち上がるのは本当に強い選手だということです。

image

優勝でも無表情。サムライだなあ。


image
結果は優勝一人、ベストエイト二人で、まずまずの結果となりました。
試合に出ることで大人が思うより、子供は凄い勢いで逞しく、そしてかっこよくなっていきます。
また残念ながら今回結果が残せなかった子も、決して悪くない、次に繋がるような立派な内容でした。

道場の中では分からない新たな課題も見つかり、今後の練習に生かして行こうと思いました。

目標はやっぱり優勝!
そして全国で1位になることを目指して、みんな頑張ろう!!

修士館知多支部 バーベキュー!

毎年恒例のバーベキューが今年も無事開催できました。

今年はイケイケの高学年の道場生が中学生になったため都合がつかず、比較的低学年の子が多い会となりました。

image

image

晴天で爽やかな風が吹くなか、父兄の皆様の協力もあり、というか、ほとんどやってもらったので、私はのんびりとさせてもらいました。

それにしても、うちの支部の父兄は本当に協力的で、非常に頼もしいです。

image

子供たちは晴れてるのに泥々になって遊んでいましたが、たまには良いんでないの?という感じで、とても楽しそうで良かった良かった(*^^*)。

image

皆先生と仲良くしてくれて、本当にありがとうな!
またビシビシしごくから、楽しみにしていてくれたまへ!

心空会夏季錬成大会!

今日は心空会さん主催、夏季錬成大会でした。
毎年夏季と冬季の年2回ある練習試合でいつもお世話になってます。
今回知多支部からは、6人の熱心な道場生が参加しました。
日頃の練習で皆いっぱい笑い、いっぱい泣きながら頑張ってます。
なかなか勝てなくて悔しさを味わいながら、それでも諦めず頑張ってます。
日頃の練習の成果がでると良いですが・・・。

さて今回は練習試合ということもあって、和気あいあいとして雰囲気のなか、試合がおこなわれました。
そのせいか、皆生き生きと試合ができてました。
今日は、皆日頃なかなか出せない技を試合で出すことをテーマに、堂々と戦いました。
頑張って色々と工夫をしながら、まだまだ上手ではありませんが、それでも技を出しながら、新しい戦い方を探っていました。

その結果、金が二人、銀が二人、銅が二人とまずまずの結果をだしてくれました。

image

     ↑良い顔してるでしょ(*^^*)。

これを自信に、より一層頑張ってほしいです!

道場生募集です!

只今私が指導しています空手の道場生を募集しています!

子どもから大人まで広く教えています。

どんな空手かといいますと、殴られる蹴られるをガマンするよりも、安全な位置取りをして投げたりこかしたりする一風変わったものです。

サバキ」という技術で、実際に何かあったときに役に立つ、護身にぴったりな空手です。

もちろん空手ですので、突きや蹴りはできるようになりますし、バランス感覚と、それに伴う各種神経・筋肉が鍛えられるので、他のスポーツの基礎トレーニングとしても優れています。

子どもは突き蹴り体捌きなどをしっかりと練習して、
大人や上級者はサバキを覚えてもらえます。

投げがあるので、柔道や合気道の経験者にも入り易いと思いますし、
他流派の経験がある方も大歓迎です。

詳しくは
http://www.healthy-terashita.com/archives/79
を見てください。

お問い合わせお待ちしておりますm(__)m。

 

 

「実戦空手 修士館 第一回交流試合」 やっちゃいます!

今回東海地区では始めての、我が修士館主催
「実戦空手 修士館 第一回交流試合」
を開催することとなりました。

POINT&KOルールという東海地区ではまだ珍しいルールの試合となります。
簡単に言うとローキックの無いフルコンタクトルールで、伝統派の寸止めとフルコンタクトのルールを融合したものとなっております。
これは様々なルールが乱立する中で、どの流派も参加できる公明正大で普遍的なものを目指したものですので流派の壁を越えて、後々東海地区にも広く浸透することを願っております。

今回は初めてということで、こじんまりと親しくさせていただいている団体様にのみ限らせてもらっての練習試合的な大会ですが、見学は自由ですので、良かったらどんなものかと観に来てもらってもよいと思います。

開催日時場所は下記の通りです。
日時 6/29(日)AM10:00~
場所 半田市青山記念武道館(大道場・畳)

駐車場が地下となりますので車はそちらにお停めください。
近隣住民に迷惑がかかりますので、路上駐車はおやめくださるようお願いいたします。

 

中部地区新人交流戦空手道選手権大会

去る2月9日(日)愛知県一宮市木曽川体育館にて璞名館様主催の新人交流戦空手道選手権大会が開かれました。
当支部からは8人参加となりました。
今回は半分が低学年になり、入会してから試合経験がほとんどない子も参加、皆それぞれ頑張りましたが結果がついてこずほとんどが一回戦負けとなってしまいました。
そんななか、最近メキメキと力を付けてきた竹内兄弟が見事入賞を果たしました。
兄の陽くんが、小4初級でベストエイト。弟の樹くんが年長初級で3位と健闘!なんだか頼もしい。
今度は優勝目指してもっと練習しよう!
それにしても、週にたった2回の練習でとても不利なのに、皆強くなってきてくれてます。
本当にありがとう!
また頑張って教えるから、一生懸命ついてきてな!!

image

第3回東海カップジュニア空手選手権大会

今回ノーティーカラテアカデミー主催の今大会に、空身館さんの紹介でご迷惑おかけしましたが、急遽参加させてもらいました。
知多支部からは8人の道場生が、全員初心クラスで出場しました。
全員ほとんど試合経験が無く、試合慣れを目的に出場しましたが、一回戦負けが続くなか二人の入賞者がでました。
小学4年生の竹内智紀くんが見事優勝を。
小学1年生の杉江凌匠くんが3位。
二人とも試合経験がほとんどないにも関わらず、堂々と立ち向かい見事に結果を残しました。
また他の子も負けはしましたが、想像以上に頑張りました。
皆それぞれ、確実に強くなっていて、本当にうれしかったです。
空手は直接パンチやキックを当て合う競技です。
当たれば痛いので、それはそれは子供にとっては怖いことでしょう。
でもそれを乗り越える力を皆持っています。
親の皆さんも、そんな子供たちをどうか信じてあげてください。
大人が思うより、遥かにこどもが強いということを。

主催されたノーティーカラテアカデミーとスタッフの皆様。
本当にありがとうございました。

選手と父兄の皆様。
今日は1日、お疲れ様でした(´ω`)。

image

今年はみんな、お疲れ様でした!

今年は皆、試合に練習にほんとに頑張りました。 新しい子もいっぱい入って、毎回練習が賑やかでした。 叱られてもめげず誉められたら嬉しそうにしてくれて、そうして逞しくなってく子供が見れてとても良い経験させてもらってます。

今年は試合で入賞者が出てくれるようになって、とても嬉しい年となりました。 来年も、またよろしくお願いしますm(__)m。

写真は全員ではありませんが、知多支部のみんなです。いい顔してるでしょ!
image

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.