2014年4月の一覧

ゴールデンウイークのお知らせ

ゴールデンウイークの営業休業日のお知らせです。
4/29(火)5/3(土)は通常通り営業となります。
5/4(日)~5/6(火)までをお休みいたします。

なお、4/29(火)5/3(土)は、モバイル会員様に贔屓いたします!
通常来店ポイントは1点ですが、この2日間はサービスの5点つけちゃいます!!
ごくまれにあるこのチャンスをお見逃し無く。

来店ポイントの引換え商品一覧はこちらから↓
http://www.healthy-terashita.com/aboutus#coupon

だんだん充実してきましたので、是非確認してくださいね(^^)。

元気が一番!

アントニオ〇木では無いですが、本当につくづくそう思います。

私が整体を志したのは30歳の頃。今は46歳ですから、もう16年も前になります。
自分があちこちに行ってなかなか治らない症状を抱えていたのに、それを取り除いてくれたのが今の師匠。そして頼み込み、無事弟子入りできたのがその歳でした。どうせ習うなら、本当に良くなるところでなくてはなりませんから。
ところが弟子入りした先は岡山県岡山市!
当然通うのもきついので、師匠のススメで岡山に引っ越して、朝から晩までお手伝いをしながらの勉強をしました。
師匠は厳しく、何度も心がくじけそうになった というかくじけまくりながら、それでも身につくまでは絶対に逃げるもんかとしがみつきました。師匠にしたらめんどくさい弟子だったと思います。
それでも約3年半以上修行して、なんとか帰ってくることが出来ました。

ですが、そこからがさらに大変!
店をオープンしたのは良いですが、宣伝する費用が無いため、自作のチラシを配ったり、知り合いに来てもらったりしながらそれでも月々の支払いに足りないのでバイトをしながらの経営でした。
バイトはコンビニで、朝6時から9時半まで。それからお店に行って準備をし、さらに生まれたばかりの息子を預かって、今度は嫁がバイトに行く日々。
さらに知り合いに頼まれて空手の指導もし始め、仕事は暇でも自由な時間はほぼ無いという日々でした。
でもお客さんが来たら、最高の笑顔でお迎えしなければいけません!
どんなに疲れていても、絶対に手は抜くかと、気合を入れながらなんとかつぶれずにもたしてきました。

やがてお客さんが増えバイトに行かなくても良いくらいに余裕が出てくると、今度は横浜まで勉強に行くので、やっぱりお金はありません。

でもお金も大事ですが、ぎりぎりで踏みとどまりながら12年近く来れたのは、嫁のおかげと元気があったおかげです。

元気は大事ですね。
元気がないとやる気がでません。
。。
この元気は実は、お客様からもらってます。
元気はさらに道場生からももらってます。
そして両親と嫁と息子。
師匠や勉強仲間。
知多の海なんかからももらってます。

かっこつける訳ではないですが、きつい思いをしたから、自分だけでは元気が出ないことに気がつくことができました。きついことは好きではないですが、きついことがあるから気づけることは山ほどあります。そう思うと、つらい事やきつい事にも大きな意味があるのですね。

みんな本当に「ありがとう!」です。

ですから私も関わる全ての人に、お返しの元気を分けたいと思って日々すごしています(^^)。

O脚のこと その2

前回O脚のお話をしましたが、今回はその続きとして、自分で出来る矯正法を紹介します。

その前に、なぜO脚になってしまうかを知る必要があります。

まず、O脚の人は殆ど全員カカトに体重を乗せています。
実は簡単に言うと、これが本当の原因となるのです(これは指の変形があるからですが、その話は前回の記事を参考にしてください)。
さてカカトに体重を乗せると、どうしても足の外側に足が倒れます。
なぜなら親指側で指を使わず立とうとしても、土踏まずで地面に触れないため、どうしても広い面積が接している小指側に乗せるしかなくなるからです。
そうすると脚が外に傾き、つまりひざが外に倒れるためにO脚となってしまうのです。
さらに膝で止まらず股関節まで外に倒れ広がってしまうと、股下からO脚になって、つまり太ももの間まで広がってしまう股下のO脚やX脚になってしまうのです(そういう人の特徴は、立つとき膝が伸びきってお尻が突き出てお腹が垂れています)。

以上が特に最近若い方に起こるO脚の発生起序になります。

なたそれとは別にお歳を召した方で膝を曲げた状態で膝が離れてしまうのは、股関節周り、太ももの裏側周りが硬く萎縮していることが原因で、大元は身体の疲れが取れずにそのままにしていることからきます。
足を見ると外反母趾になっていて、体を支えるということすらもう出来なくなっている人が殆どです。
大体猫背で、身体のバランスが崩れていて、そのせいでどうしても膝だけ直そうとしても、そもそも猫背のせいで真っ直ぐにできないのですから、まず全身をみないと良くなることは不可能ですね。

さてすごく前置きが長くなりましたが、それではどうやったら良くなるかです。

一番簡単なのが、後ろ歩きです。
出来れば体重が乗らない水中が理想です。
なるべく大股で歩いてください。

後ろ歩きをすると、すごくいい姿勢になってきます。
後ろに歩くため重心を後ろに移そうとするのですが、そうすると背を伸ばし肩が自然に引けた形になります。あごも引け、自律神経まで整うので、病気になりにくい、心まで軽くなってくる、とてもよい方法です。
普段使わない筋肉を使うことで、体がほぐれ、さらに必要な筋肉が自然と付いてきます。足の指で蹴らないと歩けないため、指先を使うということも自然と出来、変形した指の人はかなり歩きづらいかもしれませんが、そういう人は当院で良く教える、「足にテープ」をすることでかなり楽になります。

次に背中が硬いのも実は原因になるので、ストレッチをすると良いです。
方法は簡単!
バスタオルをくるくると巻いて、バウムクーヘンみたいにします。
それを背中に横に当てて、仰向けで寝ます。
次に膝を立てててをバンザイするように伸ばせば完成です。
3~5分位すると良いでしょう。

最後に日ごろ気をつけることですが、立つときは親指側に少し多めに体重を乗せます。
膝を緩めておくのが大事です。
また、歩くときは頭が左右に揺れないように気をつけます。
コツは一直線上を歩くつもりで真っ直ぐに足を出すことです。
さらに猫背であごが前に突き出るような人は、胸の真ん中が紐か何かで斜め45度上に引っ張られながら歩くようにイメージしてみて下さい。

それらは体が硬いと実はとてもしにくく、無理をするとあちこち痛みが出てきますので、上手くいかない人はぜひ当院で硬さを取る事をお勧めします!

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.