2015年9月の一覧

経口補水液の取りすぎ?に注意!

熱中症にこまめに水分を補給。
これ自体は何の問題もありません。
ですが、その採りかたを間違えないようにしてください。

正しい採りかたは、
ひとくち口の中に入れたら、少し転がすようにして喉に通すようにします。
採る量も、一度にコップに半分くらい。
何事も過ぎてはダメなんですね。

また熱中症になるほど暑いときには、何もしないのに体が疲れてしまいますね。
そのときに冷たいものを飲むと、さらに体が疲れてしまうことをご存知ですか?

冷たいものを飲むと、内臓が冷えます。そうすると暖めようとして、発熱するために筋肉を使います。
その結果余分なエネルギー消費が行われてしまい、疲れが増すのです。
さらに怖いのは、冷えを感じて汗が引くことで体温が下がらなくなって、体に熱がこもってしまうのです。
そうすると熱中症になってしまうんです。

さてそこで経口補水液の話です。
あえて商品名を出すと「OS-1」を代表とするあれです。

熱中症に良いということで大々的に宣伝してますね。
とてもよい商品です。
スポーツドリンクには多量の糖分が含まれているので、薄めて飲む人が増えていますが、意外と脱水症状に効果が薄い。
それに比べてこれは脱水症状を呈したときにはすごく強い見方になります。

ですがよいと思って、しょっぱいなと思いながらたくさん飲んでる人、結構増えてるそうですが・・・。

[それダメ!!」

どういうことかというと、OS-1のホームページhttp://www.os-1.jp/index.htmlにも書いてありますが、
————————————————————————–
●感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態に。
●高齢者の経口摂取不足による脱水状態に。
●過度の発汗による脱水状態に。
————————————————————————–
つまり上記の方以外は対象外だということです。

熱中症で言うと、
「過度の発汗」がない人は飲む必要がないというふうに謳ってるんですね。

では飲みすぎるとどうなるか。

塩分の過剰摂取になります。
かなりの量の過剰摂取です。
減塩しょうゆの真逆ですね。
高血圧の薬飲んでる老人に、体にいいと飲ませ続ければ、結構すぐにあの世に旅立たれる・・・。

ではいつ飲むのか?
必要ない人が飲むと、かなりしょっぱいはずです。
ところが脱水状態にある人、ミネラルが極端に不足してる人が飲むと、意外と美味しく感じるのです。
血糖値が低い人は甘いものが染みるように美味しい。
苦いものが必要な人は苦いものが美味しい。

つまり口にして、染みるように美味しくないものは、いくら味が良くても口に入れないほうがいいですよ。
きっと体を壊します。
場合によっては死ぬことも・・・。

キャンプ合宿!

9月5日(土)6日(日)の二日間、新城市にある半田野外活動センターにてキャンプ合宿を行いました。

合宿といっても、キャンプがメインで、道場生の家族も参加の、お楽しみ会的な企画でした。

image

軽やかにクリヤー!

image

私も思わず参加です。

山の間にあるフィールドアスレチックを利用したトレーニングや、併設の体育館内での親子揃っての体験稽古。
また日曜日の朝は、散歩を兼ねて一時間のウォーキングなど日頃なかなかできない楽しい稽古も出来、最後はガッツリ組み手で締めました。
ほんとに最後の組み手などは、迫力のある良い内容で、皆ノリノリでホントに強くなってきています。
これが試合での良い結果に繋がるようにうまく指導できるようにと、私も気合いを入れ直しました。

image

まだ眠い😪

image

試合でこんだけ上がれば…。

image

兄弟対決!目指せ全国!!

一方キャンプはビックリデザートや、カレーライス・焼き肉で盛り上がり、花火や水浴び、釣り・手作りの弓矢など、書き尽くせないくらいこれでもかと遊び尽くしました。

image

キャンプマスターが大活躍でした。

image

芸術家も何人かいたようでした。

image

芸術その二

image

これはなんでしょう?

image

花火はたくさんあって、飽きるくらい長い時間やってました

ひとつ残念だったのは参加人数が少なかったことですが、初めての支部の合宿としては、おかげさまで大成功だったと思います。
また来年も企画したいとおもいました。
父兄の皆様、本当にありがとうございました。
そしてお疲れさまでした(^^)!

image

前回紹介したかたのその後

前回捻挫の施療例を紹介しました。

そのかたのその後はどうなったかのお話をちょっと。

「どまつり」では4回踊り、1回が4分ほどだそうです。
さすがに重症なので、そのなかで1回だけ、ステージで踊る演目に出たそうです。
当日は雨が降ったりやんだりで1日を通して本当に大変なコンディションだったそうですが、幸いにもそのたった1回の演目のときだけは雨もやんでいて、ステージの足元は良かったということでした。
きっと日ごろの行いが良かったのでしょう!(^^)!

さて足の痛みですが、踊っている最中はアドレナリンでまくりで痛くなかったそうです。
それよりも、足がしっかりしていたので、踊りやすかったとのこと。
キネシオテーピングの効果はばっちり出ていたようです。

良かった良かった。

あとはおとなしくして、しっかり元通りにしましょうね。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.