私はカサハラ式足裏テーピングの資格「フットケアポディスト」を持っています。
足裏から全身のバランスを整えることで、健康にスマートになるという理論のもと、全身整体と足裏テーピング、それに付随して様々な歩き方や立ち方などのアドバイスをするのがこの健康法なのです。

さてどうしてそれを勉強したのかです。

整体をすると、すごく楽になって帰ってもらえました。でも一週間で元に戻ります。
これはある意味普通のことなんです。
整体をやってもあることが原因で、なかなか身体は良くならないもんなんです。
ちょっとした暴露話になるんですが、どんなすごい理論のもと施術しても、(その原因を勘違いしているのせいで)結局元に戻るのが整体業界の裏の常識になっていたのです。

では本当の意味の原因とは何でしょうか?
僕はその答えとして、実は足の裏が壊れているからだということを笠原巌先生の本で知ったのです。

当時その本を見た私は、本当にそうなのか?どうしても知りたくて、我慢できずに横浜まで直接行き一度授業を受けてみたのです。
そこで知ったこの授業のすごいところは、ふつう整体の講習会というと施療法の理論を教え、実習に時間を割くのですが、
笠原先生は授業のほとんどを「どうしていつの間にか身体が壊れるか」ということに終始し、足裏を整える施療の理論はほんのちょっとしかしないということでした。
目から鱗が落ちるとはこのことでしょうか?
どうして整体しても元に戻るのか?なぜ肩こり腰痛・自律神経失調症が起こるのか?
なぜスポーツをしていて、肩やひじ・腰やオスグットや靱帯・半月板のケガが多いのかなどの謎がすべて解け、さらにそれを基本として今までの整体施療をすれば、治りにくい症状や何度も繰り返す症状が起こらなくなるということが証明されていることに驚きを感じました。

20140926_athletics-546x363

さて、前置きが長くなりましたが、
「足が速くなる?」についてです。

これは当院で、たくさんのお客さんに貼り続けて分かったことなのですが、
足裏テーピングをすると足が速くなる!
これが間違いないことだということです。

例えば、あるお客さんに、自分でも貼れる簡単な方法を教えたところ、自分のお子さんに貼って運動会にださせたそうです。
するといつも足が遅くて徒競走で後ろのほうだったのが、急に順位が上がったそうです。
また駅伝の予選に出場する高校生が、不調を訴え来た時のことです。
整体で身体は復調したのですが、驚いたのはテーピングを足にしたところ、気づくとすごいペースで走っていて、抑えながら走ったにもかかわらず5人ごぼう抜きし、そのおかげか本戦に出ることができたのです。
さらに本戦でも無事完走し、新聞にもその快挙が写真付きで載っていたのでした。
陸上をしている女の子は、テープを貼ることで自己新連発、ライバルがケガでリタイアしたのをしり目に、ケガもなく順調に成績を伸ばしています。
おじさんなんかがこれを貼り、町民運動会なんかに出ると、あまりに早すぎてびっくりして上半身がついてこなくて困ったと言っていました。

もちろん練習をしなければ、すごい結果は出ませんが、テープをして足を整え、足裏の機能を使えるようにするだけで「練習の成果」が出るようになるということは確実のようです。

スポーツに関してはこのほかにもすごく面白い効果が出ていますが、それはまたの機会に。

腰痛・肩こりにも大きな助けになっていますので、物はためし、まだ貼ったことがない人はぜひ足裏テーピングと足の使い方を含めたアドバイスを受けに来てくださいね。
整体の施療の時にたくさんお話します(^^)。