2017年10月の一覧

お尻が小さく、下腹スッキリ!?

先日お客様に言われて、ああそうだったと思ったことがあります。

実は当たり前に起こっているので忘れがちですが、お客様、特に女性は整体を続けていると当たり前のように、「お尻が小さくなってきた」「下腹がへこんできた」「反り腰ではなくなった」「胸が上がってきた」「足がまっすぐになってきた」といったプロポーションが良くなったという声を聴くことが多いということです。

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、プロポーションが悪いということは=姿勢が悪いということなのです。

例えば下腹が出るのは足の小指側に体重が乗っているから。
小指側、つまり外側に脚が倒れて、その上に乗っている骨盤も必然的に外側に開いていきます。
つまり「骨盤が開く」という状態です。
そうすると内臓が落ちてきて、特に下腹のほうに落ちてしまうので、ポッコリとなってしまうのです。
下腹がポッコリするということは腰が反れているので、重力とのバランスをとるために猫背で胸を下げる姿勢になります。肩こりや頭痛はこういう姿勢の人がなるのです。

また足の小指側に乗って足が外側に倒れるのでO脚になります。それを嫌って内側に無理やりひねって内またになるとX脚になります。

骨盤にはまっている足の付け根が外側に倒れているので、そこがポコッ外側に張り出して太ももとお尻が大きくぼてっとしてしまいます。

ざっと言えばよくある悪い姿勢パターンが上記のようなものです。

それを足元から骨盤から頭蓋骨まで整え、予防と修理をするのが整体のお仕事です。

 

どうやって修理をするかというと、

なんといっても自律神経を整えることにつきます。
自律神経、特に交感神経が強く出てしまうと筋肉の過緊張が起こります。
直接のコリにもなりますが、さらに過緊張して縮んだ筋肉があちこちを引っ張って姿勢を悪くしていきます。
そこで交感神経が働けるようにして筋肉の過緊張をとっていけば、姿勢が良くなっていきます。

ただ一回ですぐに全部が楽になるわけではありません
本当はそのままで帰ってもらっても、何度も通うと自然と良い姿勢になってコリや不快な体の症状は消えていきますが、続けてこれない人は少しでも長く持つようにという理由でさらに固まった場所をターゲットにとことん筋肉をリラックスさせていきます。

さらに短時間で深く体をほぐしていきたい人のために、オイルリンパフェイスヘッドといったメニューで徹底して改善を図ります。

施術のほとんどが、やっていくうちに体中の緊張が解けて眠くなる、非常に気持ちが良くて優しい方法をとりますが、ぐいぐい揉んだり力ずくでボキボキ言わせる方法と比べ即効性もあるのに持続性もある理想的な方法だと自負しています。

もちろん一回でそんなに都合よく完璧にプロポーションが良くなることはありません。ですが通ってもらうことでそういった効果が出ていると、たくさんのお客さまから実感の報告をしてもらっています。
さらに毎回分かり易く変化を感じてもらえるように、丁寧に施術の前後で確認をしてもらっているので、ハッキリと違いが分かります。
ですからより納得し信頼して通ってもらえるようにもなっています。
実感ないのに通うなんて、嫌ですよね。

実際私自身も感じるような、今までの常識が実は非常識だった、と思えるような不思議で効果の高い施術です。
通ってもらうことが必要ですが、嬉しくなるような体験をぜひ実感してくださいね。

いつでも笑顔で皆様をお待ちしております(^^)。

肩こり腰痛は自律神経の乱れ=仙骨の硬さから!

自律神経。
最近病院で、体調不良になるとすぐにそれが失調しているせいだと言われますね。

でも自律神経が失調してどうして身体が悪くなるか、本当のところ分からない人が多いようです。

そこで健康と自律神経と体の関係について、です。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の二つのバランスをとっています。

交感神経が優位になると元気で活発になりますが、優位になりすぎると興奮して筋肉に力が入って脱力できなくなります。イライラして、落ち着かなくなり急に怒ったり笑ったりと情緒不安定になります。

これがコリとどういう関係にあるかです。
まず筋肉に力が入るということは、姿勢が引っ張られた方に歪むということです。
特におなか周りが硬くなってくるので、筋肉に引っ張られ猫背になります。
杖を突いて腰を曲げていれば楽なのですが、無理に健康に見せようと体を起こすと、筋肉を使って引っ張り上げるわけですからその筋肉が異常に疲労します。
また身体を前に引っ張っている筋肉も、引っ張られまいと常に頑張るのでさらに疲労します。
永くその状態が続くと疲労と血行不良で、どんどんコリが生まれ、広がっていきます

その他、興奮しっぱなしだと夜がぐっすり眠れなくなります。これは筋肉が引っ張りまっすぐにできないことと関係ありますが。
寝るということはだいたい布団に横になって寝ますので、身体がまっすぐになるように重力に引っ張られる状態になるということです。
ですが興奮して筋肉が引っ張っているので、まっすぐにしようとさらに引っ張られることで、負けまいとさらに引っ張り返すわけです。
つまり寝れば寝るほど筋肉が硬くなり、力がずっと入っているので寝れないわけです。
朝になると、寝る前より疲れてる気がする人が多いようですが、それは本当に疲れてるんです。

では副交感神経はというと、こちらが優位になるとリラックスして血行も良くなりゆったり穏やかな気分でいられます。ですが行き過ぎると、だるく力が入らなくなり昼間であっても元気がでず落ち込んだ気分になります。
力が入らないためやはり元気がなく猫背になり、とても元気がありません。
変な姿勢になるために骨格に負担がかかり、神経を押しつぶします。

 

逆に言うと自律神経がこれらの神経をうまくコントロールできていれば、上記のようなこともなく元気で幸せな気分で人生を生きられるわけです。

ではこの自律神経はどうして「調子を失う」のでしょうか?

自律神経と深いかかわりがあるのは脊髄と言われています。
この脊髄は髄膜という膜で包まれていて、その中を滋養液である「脳脊髄液」で満たされ守られています。
この脳脊髄液が実は循環をしていて、その循環がうまくいかなくなると髄膜内の圧力が変わり神経を圧迫してしまうそうなのです。すると神経がストレスでうまく信号を身体に伝えられなくなり、調子を失うという訳です。

ということはこの循環が正しく行われることで、コリが生まれにくくなり、元気になれるということではないでしょうか?

実際当院では、この循環を促しているという仙骨と後頭骨にたいして優しく触れるようなほぐし方をしていて、その結果姿勢が良くなり、血行が良くなって芯がポカポカとしてとてもリラックスした状態になります。ほとんどの人が気持ちよくなり寝てしまう、なんだか夢のような時間を味わってもらってます。
これはあくまで例ですが、四十肩が楽になったり、ひどい頭痛がだんだんと無くなっていったり、腰のハリが消えぎっくり腰が起こりにくくなったり、そのほかにも整体にほぐしに来る人はどんどん楽になっていきます。
アトピーや花粉症などアレルギーや自己免疫の不調から来る様々な状態まで楽になるそうです。
病院に通っている人はきっと先生から嬉しい答えを聞くことになると、喜んで帰られる方がたくさんいます。

夜しっかり寝れるので、疲れも取れ、コリも取れ、さらに気分もすぐれ病気になりにくくなる。そんな健康的で楽しい人生をこれからもたくさんの人に、ぜひとも体験してもらいたいものです(^^)

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.