妊娠中も来てくれたお客さんの旦那さんがそう教えてくれました。

最近は産婦人科で産後の骨盤を整えてくれたりするそうですね。
そこで先生が骨盤を整えようとしたら、「もうすでに、何もしなくて良いくらいに整ってる」と言われたそうです。

他の先生の確認も取れて、とても良かったと思ったとのことでした。

骨盤がずれているということは妊婦の場合たいてい必要以上に骨盤が開き前側にお腹の中身ごと倒れているということ。
そうすると落ちてきた内臓に子宮が圧迫されるそうです。
そうなるとどうなるか、いろいろ想像つきますね。

当院に来る場合、たいてい腰痛できます。
なぜ腰痛になるのか?それを説明しましょう。

骨盤が前に倒れると骨盤に乗っかっている腰から上は、骨盤の倒れるのに合わせて前に倒れます。
立っていてのお辞儀の姿勢ですね。
お辞儀してるわけにはいかないので、まっすぐ立とうと腰の筋肉と関節に無理をさせながら体を起こします。
相当重いものを腰の筋肉やお尻の筋肉で引っ張り上げるので、すぐに腰痛になりますね。
だから腰痛にならないためにも、骨盤が正しい位置に来ることが大切なんです。

ただ骨盤は単体でズレません。

残念ですが、骨盤だけを狙って触っても、他のゆがみが残っていたらすぐに戻ってしまいます。
そもそも骨盤の歪みとは全身のバランスをとることで生じたただの結果なので、全身のバランスを取らなければ全然意味がないのです。
ですが、身体のゆがみの指標としては大きくて分かり易い場所です。
だから整体も何もしていない状態で骨盤が整ってると言われたら、身体の前後左右の偏りが少ない、つまり身体のゆがみが少ないってことなんです。

骨盤矯正を謳っているところでそれを本当の意味で理解しているかどうか分かりませんが、当院の「イネイトリボーンセラピー」は全身のバランスを整えることをメインとしているので、当然骨盤も整えば猫背も反り腰も改善します。
全身のバランスということでいえば、姿勢が原因で起こると言われる未病やその先の病気の予防や予後の改善の一助にもなれるのではと考えています。