施療中お客様からの質問があったので、今回はそれにお答えします。

タイトル通りですが、おばあちゃんの腰が伸びないかという質問です。

そもそも腰が曲がった人はからだのなかで何が起こっているかを知る必要があります。

筋肉的にみると、お腹の前面奥にある筋肉が硬く短縮してしまってます。
すると体か引っ張られて腰が曲がってしまうのです。
そういう人はよく見ると、お尻の筋肉が伸びてペラペラふにゃふにゃになっています。
背中の筋肉も弱って延びてしまってます。
さらに太ももの裏の筋肉もふにゃふにゃになっていて、つまり体の後ろ側で体を引っ張り起こす筋肉が使えなくなっています。

そこで、先ず体の前側で硬くなった筋肉をほぐします。
次に後ろ側の弱った筋肉を使えるようにします。
すると回数を重ねることに、どんどん体が起きてくるというわけです。
腰か曲がっているということは、首や肩も固まってるので、そこも忘れずほぐしていきます。

ただし、何かの病気で神経麻痺など起こしていたりするかたはほぐしても効果は薄く、かなり楽になってもまた戻ってしまうので、それは悔しいですが仕方がないと了承してもらっています。

道を歩いている腰が曲がったおじさんやおばさんを見るたびに、良くなると思うんだけどなあと、いつも気になってしまいます。
しらない怪しいおっさんに急に声をかけられると怖いだろうと思い、いつも我慢してますが、もし身の回りでそういうかたがいらっしゃいましたら、一度みせに来てくれると嬉しいなと思います。