ブログ

ぎっくり腰で行っても良いですか?

ぎっくり腰は長い間無理な姿勢をさせられたせいで腰の筋肉に負担がかかり、限界が来て起こります。
無理をしたら悪化しますが、当院ではぎっくり腰の人を施療しても大丈夫です。

何故かというと、当院ではキネシオテーピングを使いある程度動ける状態にするという、全く無理をしない方法をとるからです。
また場合によってはMBTテープを使い、さらに早期改善に向かうようにします。

もちろんケガや病気だといけないので、ご来院前には病院に行ってもらうようお願いしています。

さて、痛い整体に神秘や奇跡を求めている人には現実の話をします。
ボキっとやったり、グイっとやったりするとうまい人なら一回である程度痛みも引きますが、残念ですが動くとすぐ再発します。筋が違っている?という整体師は、いったいどこの筋がどう違っているのか聞いてみてください。解剖を少しかじった人なら、その話が本当かどうか分かるはずです。
また動けば治るというのは、痛みがあるうちは現実的ではないです。
なぜなら動くことで傷が広がるからです。

当院は無理なことはせず、「杖」を使用することをお勧めしています。
とても単純なことですが、痛めた場所を使わないようにすれば、かなり早期に回復できるのです。

何人も「杖」のおかげで早期回復を果たしています。
是非参考にしてください。

もちろんある程度の回復を果たした後、さらに楽になってもらうようにしっかりと整体を致します。

ですがもちろんギクっとなった時には、くれぐれも無理をしないようにご自愛くださいね。

「整体」と「接骨院」との違いは??

「整体」という言葉は良く聞くけど、「接骨」「整形外科」とどう違うの?という質問を受けます。

簡単に言うと、「接骨院」は骨折・脱臼・打ち身・捻挫の応急処置を専門とした「柔道整復師」がやっているお店。「整形外科」はそういったものを治療する「医師」がやっているお店です。

対して整体は、治療や応急処置を目的としたものではなく、体を整えて健康になりましょうという国家資格は持ってないけど、ほとんどがちゃんと勉強している人がやっているお店です。

そもそも「肩こり」「腰痛」に代表される不定愁訴に対する治療は、柔道整復師や医師は専門外です。
国家資格でいうと「鍼灸」「マッサージ」の資格を持った人が専門になります。

なんとなく違いが分かってもらえたでしょうか?

さて整体についてです。
「整体」とは本来、日頃の生活でできた体のゆがみを整えるのを専門としていて、その方法はそれこそ星の数ほどあります。

整体をして身体が整うとその結果様々な不調が改善していくので、「肩こり」や「腰痛」、最近では「自律神経失調」や「アレルギー」の専門家と考える人も多いですが、基本的にはそれを謳うのは国家資格のない人は日本では違法になります。
また最近は柔道整復師や、理学療法士や作業療法士といったリハビリの先生が、専門の仕事を辞めて整体を始めるといったこともあり、そのすそ野はますます広がりを見せています。
ただ資格はありませんので、中にはほとんど勉強や練習をしないでいきなりお客さんを触らせているところもあるそうで、しっかり見定める必要があるのも確かです。

当院はというと、国家資格ではありませんが、医学的にも論文が認められた整体法「イネイトリボーンセラピー」とアメリカなどでは医療関係者が使用している「キネシオテーピング療法」の資格を取得。
安全安心を心掛け、確実に皆様の体の不調を改善して、我慢しなくてよい生活を送ってもらいたいと日々奮闘しております。
是非参考にしてくださいね。

早く良くなる人、ならない人。その差は何処に?

整体をして、想像以上に短期間で良い姿勢、良いバランスを獲得する人がいます。
それとは逆にかなりの長期間かけてやっと少しずつ改善していくといった人もいます。
その差は何処にあるのでしょうか?

私の考えている整体は、その人の持っている「ポテンシャル」を発揮できるようにする、ということです。

という事は「ポテンシャル」が低すぎる人は、引き出してもすぐに重力や日ごろの生活動作に負けてしまってすぐにまた悪くなるわけです。

「ポテンシャル」のもいろいろあって、筋肉量、心臓の強さ、血管の柔軟性、血液やリンパ液などの「水質」などなど様々な要素があるので、どれを特に指すのかというのはむつかしいですが、そのどれもが生活習慣と深くかかわっているのは間違いありません。

生活習慣の改善で一番取り掛かりやすいのが運動です。
運動不足の人は最初は大変ですが、せめて歩くことから始めてくださいね。

首、肩、腰の違和感改善率は90%以上?

医学が発達しても原因不明の病気や体の不調が世の中には無数にあって、そういったもので悩んでいるかたはとても大勢いると思います。

そこでいろいろと調べて当院にたどり着いた人は、どこに行っても良くならなかったのに当院に通いだしてからは通えば通うほど改善していく自分の身体に驚きを隠せないようで、ほぼ毎回その変化を教えてくださいます。

具体的な内容は今までも書いていますので割愛させていただきますが、どうして当院の整体はそれほど効果が出るのか、僕の習った先生の記事がありましたので、今回リンクを貼っておきます。

僕の整体はその先生のやっているものと同じなので、当院の整体の説明でもあると思います。

『首、肩、腰の違和感改善率は90%以上!日本で初めて医学的根拠が認められた整体施術「篠崎式整体」』

痩せたいなら冬は大チャンス!!

夏は汗かくし暑いし、食欲も落ち気味だし、痩せるにはやっぱり夏だよね?

いいえ!むしろ冬の方が痩せるチャンスなんです!

夏は冷房が効いた部屋で冷たい食べ物や水分を取りすぎて、代謝が落ちてむくみ、つまり水太りになりやすいのです。
そして冷えを呼び、脂肪がついてしまったりと、とにかくホントに太りやすい。
でも水分取れって言われるし、暑いのでクーラーつけっぱなしにするし、暑くて外に出れないから運動不足になりやすい。

では冬がなぜ痩せるチャンスなんでしょうか?

寒くなってくると冷えから身体を守るために、体内に熱を発するようになります。
熱を発生させるときにカロリーが消費されるため、基礎代謝は冬の季節に高くなるのです。
これがつまり、冬が痩せるチャンスというわけです

でもやっぱり冬は太りやすい季節です。
年末年始はイベントが多いのでいつもより食事量が増え食べ過ぎてしまったり、寒くて家から出たくなくて運動不足になったり、せっかくのチャンスなのに知らずに逃してしまってるわけですね。

なんだかすごく、もったいない気がしませんか?

そこで、当院の”無理をしないダイエット法”

そんな都合が良いものがあるのか?と疑問に思ったかた。

もちろん普通では無理です。

要は抑えるべきポイントとそれを成功さえせるノウハウと技術があるかどうかが大切で、努力も無駄がなければそんなに大変なことをしなくても良いわけです。
そういった成功の秘訣が当院にはあるんです。

運動が苦手な方やきつい食事制限なんて無理‼なんて方たちにおススメ!。

当院のダイエット施療法で、この冬他と差を付けましょう。

ご相談は無料。
たまにしつこい勧誘もあるそうですが、当院ではそういったことは一切いたしませんのでご安心ください。

期間限定のキャンペーンの情報はこちら→http://www.healthy-terashita.com/archives/1811

〇㎏増えちゃった・・・。諦めちゃうのは簡単です。

こんにちは。
美容担当のみゆきです。

当院に美容のメニューがあるの知ってました?
今回は美容のお得なキャンペーンの紹介をしちゃいます。

さて、寒くなってきてついつい食べ過ぎてしまい、〇㎏増えたまま…
もういくつ寝ると・・・のお正月には、さらに食っちゃ寝しちゃって毎年毎回増えてしまう。
嫌だなあ・・・と思っている方はいませんか?

そもそも今年は新型コロナウイルスの影響もあり、思うように外出できずお家で自粛。
お家にいるとついつい何かを食べてしまっていたり、運動したくても家の中でできることも限られていて、何かしないといけないと思いつつ、正直、めんどくさい。
て思っちゃいますよね?

ところで、夏よりも気温に低くなる”冬”の方が、脂肪を燃焼して代謝が上がるということご存じですか?

そう、つまりやり方を知っていれば、冬の方が痩せやすいんです!
「私、運動苦手だし、きつい食事制限は無理‼」

そんな方々に知ってほしい、当院の”無理をしないダイエット法”

そんなの嘘でしょ!?なんて思ってる人、いませんか?

そういう方はむしろご連絡を。

もちろんカウンセリングは無料。

確かめるだけならお金かかりません。

さらに今なら、女性だけ、5名様限定で、初回体験施術¥9500のところ【¥5000】!!
2020年12月限定のキャンペーンです。

数に限りがございますのでお早めに!

産後の骨盤が「すでにきれいに整ってる!」

妊娠中も来てくれたお客さんの旦那さんがそう教えてくれました。

最近は産婦人科で産後の骨盤を整えてくれたりするそうですね。
そこで先生が骨盤を整えようとしたら、「もうすでに、何もしなくて良いくらいに整ってる」と言われたそうです。

他の先生の確認も取れて、とても良かったと思ったとのことでした。

骨盤がずれているということは妊婦の場合たいてい必要以上に骨盤が開き前側にお腹の中身ごと倒れているということ。
そうすると落ちてきた内臓に子宮が圧迫されるそうです。
そうなるとどうなるか、いろいろ想像つきますね。

当院に来る場合、たいてい腰痛できます。
なぜ腰痛になるのか?それを説明しましょう。

骨盤が前に倒れると骨盤に乗っかっている腰から上は、骨盤の倒れるのに合わせて前に倒れます。
立っていてのお辞儀の姿勢ですね。
お辞儀してるわけにはいかないので、まっすぐ立とうと腰の筋肉と関節に無理をさせながら体を起こします。
相当重いものを腰の筋肉やお尻の筋肉で引っ張り上げるので、すぐに腰痛になりますね。
だから腰痛にならないためにも、骨盤が正しい位置に来ることが大切なんです。

ただ骨盤は単体でズレません。

残念ですが、骨盤だけを狙って触っても、他のゆがみが残っていたらすぐに戻ってしまいます。
そもそも骨盤の歪みとは全身のバランスをとることで生じたただの結果なので、全身のバランスを取らなければ全然意味がないのです。
ですが、身体のゆがみの指標としては大きくて分かり易い場所です。
だから整体も何もしていない状態で骨盤が整ってると言われたら、身体の前後左右の偏りが少ない、つまり身体のゆがみが少ないってことなんです。

骨盤矯正を謳っているところでそれを本当の意味で理解しているかどうか分かりませんが、当院の「イネイトリボーンセラピー」は全身のバランスを整えることをメインとしているので、当然骨盤も整えば猫背も反り腰も改善します。
全身のバランスということでいえば、姿勢が原因で起こると言われる未病やその先の病気の予防や予後の改善の一助にもなれるのではと考えています。

ゴッドハンドになるために

凄いタイトルを付けたと、自分的に恥ずかしいですが、僕がなぜ整体師になったのかを考えると結局「ゴッドハンド」を目指すしかないと気づいたという話です。

最近はインターネットを介して、色々なゴッドハンドを発掘して勉強をさせてくれるサイトが現れました。
以前は細い情報を頼りに、素晴らしい技術を探してあちこち尋ね歩いていましたが、どこも宣伝上手ではあるけど僕の求めているようなものではありませんでした。
ところがそのサイトを介して、素晴らしい先生をたくさん紹介してもらえるようになってからはとても良い勉強ができるようになり、どんどんと真理に近づくような、そんな世界が広がっていきました。

僕が求めている技術や理論は、当たり前ですが調子の悪い人が良くなるためのものです。
そのためには結果的に楽で美しい姿勢、美しい姿かたちになることが必須で、さらにその状態がキープできて初めていつまでも健康でいられるのです。
そのためにはいろいろな原因で不調になっている人を、出来れば全員改善できる手段を持つ必要があります。

難しい話をすると、姿勢を正しくするには体中の皮膚と筋肉と骨格をつなぐ「ファシア」と呼ばれる繊維がつぶれていないことが必要です。
ファシアとは最近論文が発表されて注目度が上がっている組織で、皮膚・筋肉・骨・内臓をつないでいる、見た目は透明なすごく美しいクモの巣のような繊維です。
そこを水が流れていて、身体の掃除をしてくれたり、栄養を運んだり、体温調節をしたり、免疫の作用に大きくかかわっていることが分かっています。

それがつぶれてしまうと、癒着が起こり、筋肉が動かず水も流れず身体の組織がどんどん劣化していき、原因不明の生活習慣病の一因にもなると考えられています。さらにつぶれた繊維が神経を圧迫して痛みやコリを生みます。

つまり「ファシア」がつぶれていると、筋肉も緩まず、皮膚も緩まず、骨格も良い状態にはなれません。
無理をしているから痛くなったり凝ったり疲れたりします。
無理に動いたり重力に「逆らって」いるので、疲れますし、自由に動けません。

逆に言うと、ファシアがしっかりと膨らんでいれば、疲れず、老いず、傷まず、生活習慣病からは遠くなり、100歳まで元気でいられるというわけです。

ゴッドハンドは信じられないほどタッチが柔らかいです。
それは「ファシア」をつぶさず、むしろ膨らませるためにはそうでないとダメだということです。

僕の手が、神の力を持つためには、そうしたことを極める必要があるということです。

「ゴッドハンド」は自分で言うものではありません。

お客さんからそう認めてもらえるように、日々精進あるのみです。

「新型コロナウイルス」当店の対応について

ありがたいことの当店のお客様とその周辺にて新型コロナウイルス感染の情報は今のところありません。
ですが安心せず、お店で予防できることはすべてやっていこうと考えています。
今回はそういった当店の予防対策をお知らせいたします。

当店の新型コロナウイルス対策として以下のことを実施しています。

〇施療時マスク着用
〇施療前後のベッド・ソファー・入口ドアノブとその周囲の殺菌
〇施療前後の手洗いうがい
〇定期的な除菌スプレーによる空気の除菌
〇頻繁なマスクの除菌
〇定期的なトイレの除菌・清掃

上に加え、
〇予約による人間の密集の回避
〇定期的な換気による空気の入替

など考えられることはすべて実施しています。

実際にはコロナウイルス騒動の前から実施していることも多く含まれているので、ウイルスに対する心配のある方には少しでも安心してもらえたらと思います。

また現在休業の予定はありませんので、ご安心ください。

人間の密集回避の観点から、大勢でのご来店はおすすめしておりません。
ご来店は少人数になるようご協力お願いいたします。

様々な情報が入り乱れ、いろいろ心を乱されると思いますが、こういう時こそ自律神経を整え精神を安定させましょう。

おススメはウオーキングや膝閉め屈伸運動。
また正座か椅子にまっすぐに座っての深呼吸
なるべく長く鼻から吸って口から吐くように。
薄目にして視点をぼかすと良いです。
整体は背骨の硬さを取り、体液全般の流れを改善、筋肉の硬さを取るので呼吸・運動をするならぜひ受けてもらうのがおススメです。

うちは分かり易いヤフーまとめのデータhttps://news.yahoo.co.jp/story/1605をもとに、実際の発症率や死亡率・人口に対しての割合などを計算すると、なんだか拍子抜けするくらい少ないことに気づきます。
※厚生労働省発表のページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#kokunaihasseiも是非参考にしてください。

これはきっと皆さんの予防努力が功をなしていると思います。
このまま僕も発生予防に徹して、早くいつもの日常が戻るように頑張っていきますね!

ゴッドハンドへの道

最近接骨院まで整体をしだしましたが、本当に整体が出来ているか疑問に思います。
また脱サラで気軽にお金がかからないよとの甘言に騙されて、整体借金地獄に陥っている先生も知っています。

だからそういったまだ始めたばかりの先生たちにぜひ知ってほしい。
本気で困ってる人を助けたいと願って整体をするのなら、「本当に助けることが出来るようになるために」「その道には近道なんかない」ということを。

 

僕はいつも「なぜ?」「本当に?」と何事も一度自分の中で考え、そして分からなければ確認するようにしています。

誰かが言っていたから、とかテレビで有名そうな先生が言ってたから、とかそういった不確かな情報では実際のことは分からないですよね。

世にあふれている情報で、今までそれが本当のことだと思ってたことが全然間違いだったということもかなり多くあるものです。

整体にしてもそうです。

骨をポキポキする方法がとにかく良いと教えられたとします。
でも実際にやってみると、少し改善してもすぐ戻る。
だから「ずっと通ってね」、それも「頻繁に来なければだめだよ」と言わなければいけない。

筋肉を揉んだり骨をトンカチでたたいたりする方法もありふれた技術で、それは昔からあるからと誰も疑問を持ちません。
実際には体はポキッというような激しい衝撃や、ぐいぐいと揉んだり叩いたりの刺激はかえって防御反応を呼んでしまい、筋肉がどんどん硬くなり、血管が曲げられつぶされて血行不全に、そして骨格は前よりも歪んでしまい、自律神経など神経系統も影響をうけるのです。

また揺らす方法も、きちんと強さや振幅度合い、また左右を正確に均等に揺らす、触れるタッチは羽毛のように優しくなどしっかりと勉強をし反復訓練をしなければ、これも同じく身体を壊してしまいます。

僕はもう20年近く整体をしていますから、その分そういったことの重要性を身に染みて理解しています。
また理解していても、まだまだ知らないこと、勘違いもあるだろうという当たり前のことを常に心に留めています。

だから慎重に、整体のテクニックを施した際には毎回改善したか細かくチェックするようにしています。
そうでないと、妄信的に「これをすれば良くなるはず」と検証しないまま突き進めば、いずれお客様を壊してしまい、お客様に見放さてしまうのです。

 

お客さんは良くなりたくて、頑張って金額の高い整体でも来てくれます。
だったら良くしなければ駄目です。
そんなこと当たり前ですよね。
プロだったら、お客様の主観や思い込みに任せず、本当に良くなったか慎重に確認すべきです。
それも僕としては当たり前のことです。

だから整体をするのでしたら、日々悩み研鑽し、本当に身体を整え本物の健康になれる「整体」をぜひしてほしいと思います。

同じような技術でもほんの少しの違いで結果が全く変わってしまうのです。
その「ほんの少し」を発見するには、常に検証しなければいけません。

答えは目の前にあるのに、理屈の中にのみ求めるのは非常に愚かです。

今知ってることが全てではない。
今知ってることが正しいかいつも自分に問いかける。

これが整体の上達の極意であり、ゴッドハンドへの道なのだと思います。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.