ブログ

他で改善しない症状がなぜ当院で改善するのか?

当院でお客様に良く聞かれる質問が、
「他所では楽になってもすぐ戻るのに、ここでやってもらってると本当に戻らないよね。なんで?」
「体全部が楽になるよね。最初に楽にしてほしいと思っていたところだけじゃなくて。何が他所と違うの?」
なんてものです。

その理由は一言でいうと、
「身体が悪くなる元を絶ってる」からです。

そもそも身体の調子が悪くなる原因は、日ごろの生活習慣にあります。
特に同じ姿勢や同じ動き、また合っていない靴や、そもそも靴ひもを結ばなかったり、歩かなかったり重いものを持って移動する機会が減ったりと、昔の人と比べてるとかなり悪い身体の使い方をするような環境になりました。
その結果身体をゆがませ、常に筋肉や関節な内臓に負担をかけて、どんどん弱らせ壊す生活習慣をするようになりました。

毎日身体を壊すのですから、どんどん悪くなるのは当たり前です。

だから日ごろから悪くなったゆがみをリセットし、生活習慣を改善しようと食べ物に気を付けたり、運動をしたり、健康になるために何かしている人が多くなりました。
ですが、そのどれもそれ程効果がなかったり、続かなかったりしますよね。

そしてせっかく高い金を払って整体をしても、すぐに悪くなってしまうのです。

ところがうちは、日ごろの生活習慣で作った悪い身体を、
1分かからないくらいの時間で、しかも小学生の子でもできるくらい簡単なケアで、それでいてその日のうちに協力にリセットできるものを使ってもらってます。

つまりそれさえしていれば、
整体に来て身体を整え、調子が良くなる。

毎日リセットするので、悪くならない。

整体に来ると、さらに調子が良くなる。

毎日リセットするので、悪くならないどころか、調子が良くなると体が自己回復力でさらに楽になる。

整体で回復できないところを回復させるのでさらに調子が良くなる。

リセットするので今まで無理だった本当の健康状態に「戻って」いく。

良い状態を脳が覚えて、その状態を維持しようとしだす。

悪くならなくなるので「整体に通う数が減り」、
自己回復力が強くなるので「ケアの頻度も毎日でなくなる」

と本物の健康を手に入れるわけです。
つまりだから「他所で改善しないものが、当院で改善する」のです。

このやり方は、整体の特殊な方法も含め、申し訳ないですが他所の整体さんではできないことなんです。

ケアできるものがここらあたりでは当院でしか手に入りませんし、整体の方法も東京に通い直接世界一の手技を習ってこないとできないものだからです。

だから当院は特別なのだと僕は思うんですけど、どうでしょうか?

何てことない。「スマホ首」「スマホうつ」はもう怖くない!


スマホ見すぎると、目がしょぼしょぼ首や肩が痛くて上がむけない。

いわゆる「スマホっ首」ですね。

またスマホ依存になって、脱却したくても脱却できない。
それでもってスマホ見続けると、だんだん精神的に疲れてきて、それが肉体にも出てきちゃう。

いわゆる「スマホうつ」ですね。

この二つは実は脳脊髄液というものの存在が大きいのです。

脳脊髄液も含め、体液は循環することで身体が常に正常になるよう身体は作られています。
そして循環が滞ったり止まったりすると、体は異常になってしまうのです。

まず「スマホ首」
首が上を向けなくなるのは、下を向いたまま筋肉が固まってしまってるため。
また「スマホうつ」
うつっぽくなるのは脳の血行不良や脳が酸欠、また脳脊髄液が循環しにくくなってしまって、頭蓋骨の中を圧迫するため。

そしたらその両方を一気に解決しましょう。

簡単に言うと頭をあるルールに則って支えてあげるだけ。

失敗すると硬さが増したりうつ症状がひどくなるので、残念ですが素人は無理ですが、しっかりとルールを守るとあっという間に症状が軽くなってしまいます。

その様子をそのうちビデオで撮ろうと思いますので、是非見てくださいね。

身体がゆがむ原因をお見せします(動画あり)

色々説明するより、見るほうが早い!
そう思ったので、今回初めて動画を作成しました。

今回の動画は体がゆがむ本当の原因の一つを、検査で証明しました。

その原因はコラムやお店での説明でたくさん言ってきたので、すでに知ってる方もいますが、今回は「知ってる」ではなくて「納得」を狙ってみました。

上手く伝わるか分かりませんが、ぜひ見てくださいね。

動画撮るとき、うっかり縦画面で撮ってしまいました。
見にくくてごめんなさい💦

「オスグッド」って最近多いですね。

昔から確かにありました。
「成長痛」とか病名(?)付けられて、スポーツ頑張ってるとなるよとバレーボール部にいた私の弟も言われてましたっけ。

確かに成長期にはなりやすいので、成長痛とか言えるかもしれませんが、それなら全人類ならなければおかしいですね。

そうすると、原始の時代には、この成長痛のせいで走れなくなって、多くの子供が自然の過酷な環境の中で死んでいったのでしょう。
そうして人類は数を減らし、今では絶滅危惧種に・・・なってませんね!?

ということは、変ですねえ。成長痛?原因は成長?

私は成長することが直接原因ではないと思っています。
実はお医者様も知っております。

オスグッドは太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」が硬くなっています。
この筋肉はひざ下の骨にくっついているので動かすとそこをきつく引っ張ってしまい炎症が起こって痛くなるのです。
成長期だと骨の生成が盛んなので、引っ張られても耐えられるようにどんどん骨を作るので、骨がどんどんとがってきて炎症が収まっても触ると痛い、正座すると痛いなんてことになるのです。

さてそれではと大腿四頭筋を柔らかくするためにストレッチを薦めるお医者様がいるそうです。

それについては本当にストレッチしてよいか、ちょっと不安になります。
どういうことかというと、そもそも引っ張られて炎症起こしているのに、さらに引っ張ったらあんまり良くないのではないかと思うのです。

それでは大腿四頭筋がなぜ硬くなるのでしょうか?

一度試してみてください。
まず自然に立ってもらいます。
足の指に体重を乗せないように屈伸してみてください。
すると太ももにすごい負担がかかって筋肉カチカチになりませんか?
ではかかとを浮かしても良いので足の指に体重を乗せて屈伸をしてみてください。
先ほどと比べて太ももは楽ですよね。

つまり、膝を曲げる動作の時に、十分足の指に体重が乗っていないからオスグッドになるということではないでしょうか?

当院ではどうして足の指に体重が乗らないかも考えて施療しアドバイスしていますが、まず施療をしていくとオスグッドを治そうとしていないのに痛くなくなっていきます。
それは重心の問題ですが、施療をすることで最も体が楽で自由でパフォーマンスが上がる状態になるからですが、特に治療をしなくても自然療法で結果的に改善できる良い例だなと思います。

お医者様に通いながら体を整えて、ダブルの効果で改善を図ってる人もいます。

皆さんも興味がありましたら一度試しに来てくださいね。

超お得な「モニター」募集!!


只今、各々20名様限定で、
美容IRT整体(細くなったり、肌がきれいになったりして、良くあるのがふとももやお尻からサイズがダウンしていくのです。整体もするので肩こりや腰痛まで楽になります。)
小顔IRT整体(小顔になり、左右の差が無くなって整ったお顔になったり、シワやほうれい線が薄くなったり見えなくなったり、肌の透明感が増したり、それが医学的に証明されているものです。整体もしますので肩こりや腰痛まで楽になります)
のモニターを募集しております。

目的
・院内資料の作成
・施療効果の確認
・満足度の調査

条件
・一定期間定期的に通ってもらえるかた
・写真を撮ったり、アンケートを記入してくれるかた
・すでに整っていてきれいな方は、残念ですがお断りすることがあります。

価格は定価の半額です。

細かいことはご来院の際説明いたします。
説明と体験の後、モニターをするか決めてもらうことが出来ます。
体験も半額にしますので、お気軽にお問い合わせください。

脚がつけないほどの痛みが!?

これはうちの息子の話です。

学校の体育で足をくじき、病院で捻挫と診断。
リハビリを受けてますが、ビフォーアフターでの変化がほとんどないとのことで、それでは私がやってみようかとなりました。

ちょうど空手の試合も近く、早く練習ができるようになるためにとにかく少しでも楽になることが大切です。

また体のバランスは、どこか一部の異常のせいでいともたやすく狂ってしまい姿勢は悪化してしまいます。
身体のバランスが狂うと、体幹が使えなくなり、運動能力が著しく低下します。
それ以外にも様々な異常が起こりますし、姿勢や動きに変な癖がついたりすればその癖は普通ではなかなか取れないことが多いので、早めに解決したかったのです。

息子は痛みで足が付けず、松葉づえをつきながら片足を浮かしていました。

施療はまずMBTテープを痛いところに貼ってみました。
たったそれだけです。本当に他には何もしていません。
すると頭をかしげながら、あれほど痛かった足をつけて、びっこを引きながら(「びっこ」って差別用語?)道場をぐるぐる歩き出しました。
次は、キネシオテーピングを(しっかりと検査で異常部位を割り出し)貼ってみました。

すると、「MBTテープを貼った時とは違って、足が守られていて安心感がある。だけど痛みはMBTテープを貼った時のほうが無くなっていた。」というので、それではとMBTテープを手首足首に基本の貼り方をして、さらに痛みのある場所にキネシオテープの上から貼ってみました。

直接肌の上に貼っていないので、効かないかもしれないと思いましたが、結果は全く問題なし。
キネシオテーピングだけの時よりもさらに痛みも減り、「ジャンプできる?」と聞くと少しかばいながらですが飛ぶことまでできました。

もちろん治るわけでは無いので、少しは痛みは残っているようですが、無理を掛けることが無くなるので治ることも早くなったらよいなと思いました。

それにしても、薬に頼らず痛みが軽くなるのは、とても良いことですね。
薬は体の機能を遮断したり壊してしまうことで、無理やり感じなくさせたりすると薬剤師さんに聞いたことがあります。
だから、薬に頼るのは怖いのですね。

捻挫があると整体の効果も半減なので、当院では整える目的で貼ることがあります。

当院でも病院や接骨院などで治療したにもかかわらず、捻挫の痛みが半年以上続いているというお客様が来ることがあります。
しかもまだ若く、他に特に異常がない健康体なのにかかわらずです。
実はそういったことは異常なことで、普通でしたら3か月くらいすれば正常な状態になっているものなのです。
そこまで長く足首をかばって重心が偏ってしまっていると、姿勢が崩れ(崩れないと足首が痛くなるので)ているのが脳にとっては普通になってしまい、つまりすでに悪い癖を覚えてまっすぐにはできなくなっています。
そうなると体内もゆがみ、内臓も含め健康とは程遠い状態になってしまいます。

当院で整体した結果捻挫が消えてしまうこともあります。

整体ですので治す目的ではやっていませんが、どこに行っても解決しない問題が、解決できるのは良いことではないでしょうか?

まあ本当はそんなこと病院では簡単に解決してくれるのが本当でしょうから、良くならないのにひたすら治療と称した意味のないことをするような医療施設が、この世の中に一軒もないことを祈っております。

ゴールデンウイークのお知らせ

皆様、いつも見てくれて、ありがとうございます。

今年は元号が令和になる大きな節目。
平成生まれや、昭和の終わりに大人になってなかった人は、ほぼ初体験で、なんだかどうなるのか期待や不安を感じているそうですが・・・

院長は今回は天皇陛下が亡くなるわけでもなく、とてもめでたいと思うだけで、でも実はそこまで興味はないようです。

さて、こんなに良い季節に連休10日もあるということで、皆さん日ごろ行けないところに行くかと思いきや、意外とうちの予約は埋まっております。
聞くと、混むところは嫌なので、ゆっくりとするということ。令和の特番なんかを見てまったり過ごすという人もいて、それもありだなと思いました。

せっかくお休みを返上して営業するのですから、お客さんがたくさん来てくれるのはありがたいですね。
本来なら暇も無いのでお休みなんてしてる場合ではないはずですが、それでもどこか行きたい浮かれた院長は、お休みとると言い張って聞きませんでした。

ということで、連続してのお休みを、少しだけいただくことに。

お休みは
5月4日(土)~7日(火)の4日間

連休後半、天気が良いようなうわさを聞きましたので、当たることを祈っております。

お休みの間は電話やメールに対応できませんので、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご了承をお願いします。

金額が高いので、初回お試し価格とかやらないのですか?

これは施療院によって考え方が違うと思いますから、あくまで当院の考え方ではあります。

当院での経験ですが、お試し価格で来た人は、続けてくる人がほとんどいません。
そういったことから内容ではなく安さで判断ということなのかなと思いますが、当院の施療は、安売りで適当なことをするような、そういったいい加減なものではないという自負を持っていますので、お試しで安売りをするようなことは避けています。
価格についても当院では施療の内容に対して妥当な額と考えていますし、むしろ施術を受けてくれたお客さんの中には安いと言ってくれる方もいます。

実際に本当に困ってきた方に聞いてみると「全然高くはない」と言われることが多く、そういった事からも内容に対しての価格に妥当性を感じてもらっていると考えております。
そもそも季節ものとかの製品や消費期限がある物と違って、いつでも同じ内容、同じ価値のものをしますから、価格が変動するのはおかしいですよね。

ただすでに通院してくれていたり、通院することを前提で来てくれている方にはそれに応じてお得になるようにすることもあります。
それはあくまで、頑張ってきてくれる人に少しでも応援できたらという気持ちからですので、客寄せのお試し価格とは違うものです。

当院ではまだ院長と美由希先生しかいませんので、キャリアもありますし、結果も出す自信があるからこそそういったことを言っておりますが、もし将来、弟子などができて、その経験のためということがありましたらそういった目的で一時的にお試し価格のようなものを作るかもしれません。
その際は院長や美由希先生での施療はもちろんできませんので、ご理解をお願いすると思います。
またそれ以外の理由でもしかして安くすることがありましたら、それはそれなりにお客様の協力をいただくときです。つまりお客様にもリスクが生じるものと考えてください。

以上がお試し価格を作らない理由になります。
もちろんもし作ることがありましたら、そのように宣伝しますので、チャンスを逃さないように、これからもホームページを気にしてもらえたらなと思います。

なぜ当院の整体は、良くなったら「悪い状態」に戻らないの?

整体に来る人は、当たり前だけどどこか調子が悪い。

それを「頭が痛い」「肩が痛い」「腰が痛い」「動きが悪い」などいろいろな表現で訴えてきます。

そこでほとんどの医療機関・マッサージ・鍼・整体などは訴えてきている場所に対して何かしら施療をします。

ですがそもそも体の調子が悪い原因をほおっておいて、良くなることはまずありません。

いえ、一時的に良くなることもあります。

でもまた元に戻るでしょ。

例えばぎっくり腰できました。
腰やお尻の筋肉を「ぎゃっ!」というくらい強く引っ張ると、一時的に動けるようになります。
でも家に帰ってしばらくゆっくりすると、また痛みは戻ってしまいます。

失敗すると、前よりももっと症状を悪化させます。

コリがあるので肩をもんだり押したりします。
すると刺激で血行が良くなって、疼痛物質が流れて薄れるので、痛みやコリは一時的に軽くなります。
でも脳が強い刺激を受け攻撃されたと感じるので、守るために前よりもより強くそこの筋肉を緊張させます。
すると前よりももっとひどいコリや痛みに悩まされることになります。

骨盤がゆがんでるので押したり、ぽきっとしたりします。
やったすぐはもちろん無理やり位置を動かすのでゆがみがましになります。
でもゆがませている原因には何もしてないので、すぐにまたゆがんでしまいます。
ひどいと刺激に脳が防御反応を示して、より強くゆがんでしまうこともざらです。

つまり「押した」り「叩いた」り、「ぼきっ」とやったり「引っ張った」りしたらかえって悪くなるのです。
また悪いと訴える場所をターゲットに「凄く上手」に「悪くならないように施術」しても、他にゆがみが残っていればそれとバランスをとるために「またゆがんでしまい」ます。

さて、当院ではそういった「悪い施術」をしないで、「身体のゆがみをすべて改善」するような施術をします。
とうぜん痛みやコリ、そのほか身体の不調は改善します。
当院の整体は気持ちよいです。全く怖くないです。痛いこともしません。
それでも可動域は改善し、筋肉の硬いところは柔らかく、脱力してしまっているところは力が入るように、そして自然と知らないうちに「痛みの緩和または消失」が「結果」として起こります。
皆だいたい不思議そうにしてます。
だって悪いところ触ってないのに良くなる、それどころか体全部が軽くなるのですから。

でもここで問題なのは、それでも時間が経つと元の悪い状態に戻ってしまうということ。
もともと身体のゆがみを生んでいるのは日ごろの生活習慣にあります。
生活習慣についてはまた別の機会に書きますが、つまりは何をしても自分自身で元に「戻して」しまいます。

ところが「毎日簡単に一瞬でケア」ができて、一日の生活でつくった「ゆがみがリセット」できたとしたら、どうでしょう。
それができれば、当たり前ですが「元の悪い状態には戻らない」ですよね。

そうしたら当然来れば来るほど良くなっていきますよね。
当院の整体はそういった根本的に良くなるまでのプランを用意していて、だから「元に戻らず良くなっていく」という仕組みです。

どうです?やってみたくなったでしょ。

もちろん初めては絶対に不安でしょうから、最初に説明させてもらって納得いったら続けてもらえば良いので、無理強いはしませんから安心してくださいね。

それよりもまず、受けてみなければ分かりません。
興味がある方は是非ご来院くださいね。

夏期休暇のお知らせ

いつもご覧いただきありがとうございます。

新しい施療法と根本改善のプログラムを始めてから、大変好評となり予約がなかなかとれないこともあり皆様には大変ご迷惑お掛けしております。

今までどのような整体でもなかなか実現できなかったレベルに改善できるようになったことで、地域の皆様の健康に大きく寄与できるようになりました。

これからもまたたくさん勉強をして、さらに成長していきますので宜しくお願いします。

さて8月11日(土)~14日(火)の4日間を夏期休暇といたします。

休暇中はメールの確認ができませんので、ご了承お願いします。

また電話もとることができないこともありますので、こちらも宜しくお願いします。

 

へるしーらいふ・てらした

 

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.