ブログ

産後の骨盤が「すでにきれいに整ってる!」

妊娠中も来てくれたお客さんの旦那さんがそう教えてくれました。

最近は産婦人科で産後の骨盤を整えてくれたりするそうですね。
そこで先生が骨盤を整えようとしたら、「もうすでに、何もしなくて良いくらいに整ってる」と言われたそうです。

他の先生の確認も取れて、とても良かったと思ったとのことでした。

骨盤がずれているということは妊婦の場合たいてい必要以上に骨盤が開き前側にお腹の中身ごと倒れているということ。
そうすると落ちてきた内臓に子宮が圧迫されるそうです。
そうなるとどうなるか、いろいろ想像つきますね。

当院に来る場合、たいてい腰痛できます。
なぜ腰痛になるのか?それを説明しましょう。

骨盤が前に倒れると骨盤に乗っかっている腰から上は、骨盤の倒れるのに合わせて前に倒れます。
立っていてのお辞儀の姿勢ですね。
お辞儀してるわけにはいかないので、まっすぐ立とうと腰の筋肉と関節に無理をさせながら体を起こします。
相当重いものを腰の筋肉やお尻の筋肉で引っ張り上げるので、すぐに腰痛になりますね。
だから腰痛にならないためにも、骨盤が正しい位置に来ることが大切なんです。

ただ骨盤は単体でズレません。

残念ですが、骨盤だけを狙って触っても、他のゆがみが残っていたらすぐに戻ってしまいます。
そもそも骨盤の歪みとは全身のバランスをとることで生じたただの結果なので、全身のバランスを取らなければ全然意味がないのです。
ですが、身体のゆがみの指標としては大きくて分かり易い場所です。
だから整体も何もしていない状態で骨盤が整ってると言われたら、身体の前後左右の偏りが少ない、つまり身体のゆがみが少ないってことなんです。

骨盤矯正を謳っているところでそれを本当の意味で理解しているかどうか分かりませんが、当院の「イネイトリボーンセラピー」は全身のバランスを整えることをメインとしているので、当然骨盤も整えば猫背も反り腰も改善します。
全身のバランスということでいえば、姿勢が原因で起こると言われる未病やその先の病気の予防や予後の改善の一助にもなれるのではと考えています。

ゴッドハンドになるために

凄いタイトルを付けたと、自分的に恥ずかしいですが、僕がなぜ整体師になったのかを考えると結局「ゴッドハンド」を目指すしかないと気づいたという話です。

最近はインターネットを介して、色々なゴッドハンドを発掘して勉強をさせてくれるサイトが現れました。
以前は細い情報を頼りに、素晴らしい技術を探してあちこち尋ね歩いていましたが、どこも宣伝上手ではあるけど僕の求めているようなものではありませんでした。
ところがそのサイトを介して、素晴らしい先生をたくさん紹介してもらえるようになってからはとても良い勉強ができるようになり、どんどんと真理に近づくような、そんな世界が広がっていきました。

僕が求めている技術や理論は、当たり前ですが調子の悪い人が良くなるためのものです。
そのためには結果的に楽で美しい姿勢、美しい姿かたちになることが必須で、さらにその状態がキープできて初めていつまでも健康でいられるのです。
そのためにはいろいろな原因で不調になっている人を、出来れば全員改善できる手段を持つ必要があります。

難しい話をすると、姿勢を正しくするには体中の皮膚と筋肉と骨格をつなぐ「ファシア」と呼ばれる繊維がつぶれていないことが必要です。
ファシアとは最近論文が発表されて注目度が上がっている組織で、皮膚・筋肉・骨・内臓をつないでいる、見た目は透明なすごく美しいクモの巣のような繊維です。
そこを水が流れていて、身体の掃除をしてくれたり、栄養を運んだり、体温調節をしたり、免疫の作用に大きくかかわっていることが分かっています。

それがつぶれてしまうと、癒着が起こり、筋肉が動かず水も流れず身体の組織がどんどん劣化していき、原因不明の生活習慣病の一因にもなると考えられています。さらにつぶれた繊維が神経を圧迫して痛みやコリを生みます。

つまり「ファシア」がつぶれていると、筋肉も緩まず、皮膚も緩まず、骨格も良い状態にはなれません。
無理をしているから痛くなったり凝ったり疲れたりします。
無理に動いたり重力に「逆らって」いるので、疲れますし、自由に動けません。

逆に言うと、ファシアがしっかりと膨らんでいれば、疲れず、老いず、傷まず、生活習慣病からは遠くなり、100歳まで元気でいられるというわけです。

ゴッドハンドは信じられないほどタッチが柔らかいです。
それは「ファシア」をつぶさず、むしろ膨らませるためにはそうでないとダメだということです。

僕の手が、神の力を持つためには、そうしたことを極める必要があるということです。

「ゴッドハンド」は自分で言うものではありません。

お客さんからそう認めてもらえるように、日々精進あるのみです。

「新型コロナウイルス」当店の対応について

ありがたいことの当店のお客様とその周辺にて新型コロナウイルス感染の情報は今のところありません。
ですが安心せず、お店で予防できることはすべてやっていこうと考えています。
今回はそういった当店の予防対策をお知らせいたします。

当店の新型コロナウイルス対策として以下のことを実施しています。

〇施療時マスク着用
〇施療前後のベッド・ソファー・入口ドアノブとその周囲の殺菌
〇施療前後の手洗いうがい
〇定期的な除菌スプレーによる空気の除菌
〇頻繁なマスクの除菌
〇定期的なトイレの除菌・清掃

上に加え、
〇予約による人間の密集の回避
〇定期的な換気による空気の入替

など考えられることはすべて実施しています。

実際にはコロナウイルス騒動の前から実施していることも多く含まれているので、ウイルスに対する心配のある方には少しでも安心してもらえたらと思います。

また現在休業の予定はありませんので、ご安心ください。

人間の密集回避の観点から、大勢でのご来店はおすすめしておりません。
ご来店は少人数になるようご協力お願いいたします。

様々な情報が入り乱れ、いろいろ心を乱されると思いますが、こういう時こそ自律神経を整え精神を安定させましょう。

おススメはウオーキングや膝閉め屈伸運動。
また正座か椅子にまっすぐに座っての深呼吸
なるべく長く鼻から吸って口から吐くように。
薄目にして視点をぼかすと良いです。
整体は背骨の硬さを取り、体液全般の流れを改善、筋肉の硬さを取るので呼吸・運動をするならぜひ受けてもらうのがおススメです。

うちは分かり易いヤフーまとめのデータhttps://news.yahoo.co.jp/story/1605をもとに、実際の発症率や死亡率・人口に対しての割合などを計算すると、なんだか拍子抜けするくらい少ないことに気づきます。
※厚生労働省発表のページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#kokunaihasseiも是非参考にしてください。

これはきっと皆さんの予防努力が功をなしていると思います。
このまま僕も発生予防に徹して、早くいつもの日常が戻るように頑張っていきますね!

ゴッドハンドへの道

最近接骨院まで整体をしだしましたが、本当に整体が出来ているか疑問に思います。
また脱サラで気軽にお金がかからないよとの甘言に騙されて、整体借金地獄に陥っている先生も知っています。

だからそういったまだ始めたばかりの先生たちにぜひ知ってほしい。
本気で困ってる人を助けたいと願って整体をするのなら、「本当に助けることが出来るようになるために」「その道には近道なんかない」ということを。

 

僕はいつも「なぜ?」「本当に?」と何事も一度自分の中で考え、そして分からなければ確認するようにしています。

誰かが言っていたから、とかテレビで有名そうな先生が言ってたから、とかそういった不確かな情報では実際のことは分からないですよね。

世にあふれている情報で、今までそれが本当のことだと思ってたことが全然間違いだったということもかなり多くあるものです。

整体にしてもそうです。

骨をポキポキする方法がとにかく良いと教えられたとします。
でも実際にやってみると、少し改善してもすぐ戻る。
だから「ずっと通ってね」、それも「頻繁に来なければだめだよ」と言わなければいけない。

筋肉を揉んだり骨をトンカチでたたいたりする方法もありふれた技術で、それは昔からあるからと誰も疑問を持ちません。
実際には体はポキッというような激しい衝撃や、ぐいぐいと揉んだり叩いたりの刺激はかえって防御反応を呼んでしまい、筋肉がどんどん硬くなり、血管が曲げられつぶされて血行不全に、そして骨格は前よりも歪んでしまい、自律神経など神経系統も影響をうけるのです。

また揺らす方法も、きちんと強さや振幅度合い、また左右を正確に均等に揺らす、触れるタッチは羽毛のように優しくなどしっかりと勉強をし反復訓練をしなければ、これも同じく身体を壊してしまいます。

僕はもう20年近く整体をしていますから、その分そういったことの重要性を身に染みて理解しています。
また理解していても、まだまだ知らないこと、勘違いもあるだろうという当たり前のことを常に心に留めています。

だから慎重に、整体のテクニックを施した際には毎回改善したか細かくチェックするようにしています。
そうでないと、妄信的に「これをすれば良くなるはず」と検証しないまま突き進めば、いずれお客様を壊してしまい、お客様に見放さてしまうのです。

 

お客さんは良くなりたくて、頑張って金額の高い整体でも来てくれます。
だったら良くしなければ駄目です。
そんなこと当たり前ですよね。
プロだったら、お客様の主観や思い込みに任せず、本当に良くなったか慎重に確認すべきです。
それも僕としては当たり前のことです。

だから整体をするのでしたら、日々悩み研鑽し、本当に身体を整え本物の健康になれる「整体」をぜひしてほしいと思います。

同じような技術でもほんの少しの違いで結果が全く変わってしまうのです。
その「ほんの少し」を発見するには、常に検証しなければいけません。

答えは目の前にあるのに、理屈の中にのみ求めるのは非常に愚かです。

今知ってることが全てではない。
今知ってることが正しいかいつも自分に問いかける。

これが整体の上達の極意であり、ゴッドハンドへの道なのだと思います。

「新型コロナウイルス」で思うこと

只今猛威を振るっています「新型コロナウイルス」ですが、感染力の強さと死亡者が日ごとに増えていく恐怖で冷静な判断力が保てなくなる人が増えているように思います。

一体その正体が何なのか、(一部で生物兵器が漏れ出した!とのうわさまであって、デマだと信じたいですが)事の真相はまだ闇の中。

しかし致死率100%では無いようで、それではどこで生死の差が生まれるのかと考えました。

 

現在、いまだ有効な薬が表れていない中、お医者様もさぞ苦しい状態だと思います。

では私たちはただ運を天に任せ、感染しないこと、感染しても運よく助かることにかけるしかないのでしょうか?

私はきっとそれは違うのだと思います。
これは病原菌やウイルスに対しての一般論なので、新型コロナウイルスに対してはまだはっきりしていませんが、要はウイルスに負けない健康な身体であることが感染の際に「死から遠ざかる可能性」を高めるということなのではないでしょうか?

当院の整体は、健康になるためのプロセスを持っています。
まるで階段を登るように一歩一歩確実に不健康から健康な身体に向かうように考えられてます。

では健康とは何でしょうか?

今回ウイルスの話題ですので、そちらから考えていきましょう。

まず当院の「IRT整体」は、末梢血流改善と自律神経機能の向上が科学的に証明されたものを使っています。
これは体温の上昇と、ホルモンバランスの安定を生み、免疫力のアップにつながるのです。

具体的に言うと、体温が1℃上昇すると免疫力が500%アップすると言われていますので、その効果は想像つくのではないでしょうか?
またホルモンバランスの安定は血圧や血糖値の正常化にも必須なので、そこが改善すればさらに抵抗力はつくでしょう。

当院は病院ではないので、健康増進のためのリラクゼーションと言われる部類のお仕事をしている場所です。
逆に言うと、病院ではなかなかできない、根本的な健康な身体を作るという、そもそも病院にお世話になる必要のない状態を作る場所なのです。

「健康」でないと命さえ奪われかねない新型コロナウイルスの脅威に、「健康」になることで立ち向かっていこうではありませんか!

尚 新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 や 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。

当院の施療法は、医学的に認められた療法です。


当院の施療法は、身体を壊すような手技は一切行っておりません。
そしてその技法は、上記の通り医学的に認められたものを使用しています。

適用は多岐にわたり、だいたい皆さんの悩んでいる身体の不調は原因から取り除いていきます。

当院は整体院なので副作用のあるような医療行為は致しません。
また整体と称して、揉んだり叩いたり、何でもかんでもボキボキとしたり、素人が少しだけ勉強してもう整体をしているようなところとは一線を画す、本物の施療院です。

根本的に良くしたい方も、とりあえずの方も、その方のニーズに合わせて施療をし、頻繁に通える人も通えない人もそれぞれ改善のための道のりを提案しています。

上記の施療法以外にも、足裏から見たバランス学、キネシオテーピング理論、筋膜理論などを学び、多岐にわたる不調の改善を目的としています。
皆様の間違った常識を打ち壊し、驚きと感動も提供しております。

また整体や医療関係の先生の中には、質問されたりして分からないことがあると、嘘をついたりごまかしたりしますが、僕はそれがいやで自分が整体師になりました。
自分は神様では無いので万能ではないことを身に染みて理解しています。
そのうえで真摯に皆様の状態に向き合っています。

お悩みの症状がありましたら、是非迷わず、まずはご来院くださいね。

ダイエット、頑張りたくないけど痩せたい!

私、今東京までダイエットの勉強に行ってます。

そこでダイエットには、あまり頑張る要素がないことが「続けるコツ」だと教えてもらいました。

今でも炭水化物ダイエット・断食・これを食前に、毎日これを食べれば、とかの「単品ダイエット」・食事を制限して運動しまくって痩せてしまおうという「トレーニングダイエット」などがありますね。

どれもそれぞれ正解だと思います。

でもすぐに廃れたり、やってみたけど続けられないなんてこと、普通にありますよね。

そりゃそうですよ。
止めちゃいたくなるくらい、頑張らなければいけないからですよね。

流行になればみんなやりますが、日ごろの生活習慣で太り、体形が崩れるわけですから、どんなことをするにせよ「続ける」ことがダイエットや美容の大前提になります。

そこで今勉強しているダイエット法は「続けることが容易」で「リバウンドさせない」ことを目的とした、人にやさしい方法なんです。

体重は日々変わります。
一キロ痩せてもすぐに二キロ増えて、罪の意識でさいなまれながら諦めてしまします。

そこで質問です。

1.美しい体形にならないけど減量できるダイエット。
これは相当ストレス溜めながら、その割には・・・な良くあるものです。
2.とにかくストイックにトレーニングして、筋肉のための食事をしっかりと心がけていく。
これは続けれるのには努力と根性、そして勤勉さが必要です。六つに割れる腹筋とかムキムキの腕や胸が目的ならこれ一択です。
3.無理な減量をしないで、それでも体重が落ちてさらに「美しいスタイル」になりたい
こちらはあまり頑張らないけど手に入るコツがあります。

『1.』を選んでしまう方は当院には向かないので来ないほうが良いでしょう。
『2.』を選ぶ方は当院に来ていただければ、相当なレベルでお手伝いできます。
『3.』を選ぶ人は当院のお客様です。どうぞいらっしゃいませ(^^)/

「体重」を減らすために無理をするのではなく、まずは「健康」になる。
「健康」な人は「体形」が美しい。
「体形」は「左右シンメトリー」が必須条件。
「左右シンメトリー」つまり良い姿勢は「代謝」が良くなる。
「代謝」が良くなれば「体重」も適正に、重い人は当然軽くなる。

そういうことです。

当院に通うことはきっかけ。
当院に来てくれたら、自分の生活習慣の中で、何が原因で体形が崩れて体重が増えたのか?なぜ体形が崩れるくらい健康バランスが崩れたのか?
そういったことに気づくようになるための様々なアドバイスをします。

そしてどうすれば美しくなれるのか、そのためのダイエットカウンセリングをさせていただきます。

『2。』・『3.』の人、
どうぞお待ちしております。

キネシオテープは筋肉テープでは無い!

キネシオテーピングは、開発者である加瀬健造名誉会長のもと、キネシオテーピング協会という組織が世界規模で展開しています。

タイトルは、その加瀬健造氏が昨年の暮れに行われた「キネシオテーピング学術臨床大会」にての言になります。

記憶違いでなければ僕が習った当時(約20年前)は筋肉の機能がアップするということから、「人工筋肉テープ」と言っていたと思います。
それで以前から、筋肉に沿って貼る貼り方が一般的でした。

ところが数年前から、「EDF」というテーピングの技術が開発されました。
これは筋肉ではなく皮膚の浅い場所を狙ったテーピング法になります。
また、リンパファンテーピングという技術もあり、それも同じように皮膚の浅い場所を狙っているのです。

難しい理論はこの際無しにします。

なぜ人工筋肉テープで無いと言ったのかということです。

確かに貼付することで筋肉の働きが改善され、関節のずれが正常に戻ります。
ですがそれは副次的な作用で、実際にはテープは皮膚に貼付しているわけですから、直接の作用は皮膚になるということです。
それによって血液やリンパ液などの循環が促進され、神経に対してのコントロールが起こり、それが脳への刺激にもなり筋肉機能や内臓機能の調整、自律神経の調整、ホルモンバランスの調整などにつながるのです。

もちろんそういった深い所まで考えて貼るためには相当知識と経験が必要ですので、一般的には人工筋肉テープといった認識でも構いませんが、本当のところは人工筋肉にはなっていないということです。
また細胞の再生が早いことから、アメリカや日本の一部医療機関で手術後の傷の再生と痛み止めの量を減らす目的で貼付する試みが行われているそうです。

さてそれでは皮膚の浅い場所を狙うとどんなことが起こるのでしょうか?

実際にうちのお店で貼った例です。

●腕の付け根が打撲で赤黒く腫れあがった場所があり、かばっていることで肩まで痛くなってきた方。
貼付直後から痛みが軽減、肩が温かくなってきた。さらに自然治癒のスピードが上がるので腫れが消えるのが早く肩も含め痛みがほぼ無いのでつらい思いをすることもなかったそうです。

●捻挫で病院に通いながらお店に来てくれた方。
腫れた部分をかばってるため腰痛に。バランスの悪化を改善するには捻挫部分も調整する必要があるため、腫脹部分とその周辺に貼付。直後から痛みが改善、歩くのに不具合が減り、かばう動作が減ったため腰痛個所の負担が激減。その後早期に改善し終了しました。

●遺伝子の異常なのか、膝の細胞がどんどん増える難病の方。
もう20年以上付き合ってるそうで、細胞除去の手術を3度行っているが改善することは無かったそうです。
膝が伸ばせずつま先立ちで歩くため、体中ガチガチで歩くことがつらい。仕事もあり、お子様の面倒も見なければいけないのでこのままでは持たないとのことで、これも整体をするという意味では膝をほおってはおけませんでした。
膝はEDFとリンパファンテープのコンボで、貼った直後から膝が軽くなったとのこと。
実は軽くなるのは当たり前で、腫脹による圧迫感も改善します。
それによって膝を伸ばすことが出来るようになり、歩くことが楽に。
その方はすでに3か月ほど続けてもらってますが、どんどんと膝のふくらみも小さくなっていて、お医者様は何と言ってくれるか楽しみだそうです。
これからもずっと続けていく必要があるので、ある程度まとまったらこの場で発表したいなと思っています。

●腰痛が突然起こり、ピンポイントで激痛がある方
検査の結果腰椎の関節に圧痛があるため、そこにEDFをしました。
うちは整体院なので整体施療もするのですが、この時はテーピングをしただけで一度改善度合いをチェック。
すると痛みが激減し、曲げれなかった腰が曲がるようになっていました。
その方は同じ症状で病院や接骨院、整体などをはしごしたそうで、それでもここまで改善したことは無かったと言っていました。

その他同じような改善例があり、また貼付した際に改善しなかったことはありませんでした。

いずれにしても当店では同時に根本整体をしています。
テーピングだけではあくまで対症療法になってしまうからです。
整体をするために貼付し、ゆがみの原因をどんどんと消していくことが体を整えるために大切だと考えています。

テーピングは万能ではありませんが、今後も万能を目指し様々な貼り方が発見されるでしょう。

乗り遅れないように頑張って勉強したいと思います。

当院と他院の根本的な違い。秘密にしたかったけど・・・

当院と他院は根本的に考え方が違っています。

それは、ほんとに改善するための明確な道筋と、他所が考えつかない実は当たり前の事実に目を向けているということです。

下の図は通常の整体でもさらに上手な先生がやった場合のグラフになります。

身体のゆがみの原因は、日ごろの生活の中での習慣です。
だからどれほど上手に整体をして、すごく改善しても、時間が経つと必ず元の悪い状態に戻ってしまいます。
さらに習慣づいた姿勢や動きは脳が記憶して自動再生してしまっているので、意識しても良い状態になることはありません。
筋トレなどでも左右のゆがみを改善することができず、トレーニングしていてもあちこちの痛みで悩んでいる人が多いです。
つまり日ごろどれだけ気を付けても、いずれまた悪くなる流れは変えられないのです。
またチェック方法がお客様の主観と、見た目だけのところが多く、実際に改善したかどうかの確認がちゃんと出来ていないために中途半端な状態で完了を告げることが多く、また生活習慣で悪い状態に戻るので根本改善できずお金ばかりがかかってしまうのです。

次は当院の採用している「根本改善」の考え方に基づいた方法です。

この方法の肝は自宅での確実なケアができるということにつきます。
整体の方法も全身をしっかり整え、悪いと訴えている場所どころかその原因である身体のアンバランスを改善していくので全身どこもかしこも改善していきます。

さらに確実なケアが信じられないくらい簡単なため「続ける」ことができ、そのため次回の来院までに悪い状態にもどらず、来れば来るほどどんどん楽になっていくのが、なんとなくでも想像してもらえると思います。

最終的に毎日していた自宅ケアも、何日かに一回で済むようになり、結果的に頻繁にくる必要がなくなります。

何よりもその段階まで来ると、今までの整体での改善のレベルとはまるで違います。
さらにたまに来るだけでも少しずつ身体が若返る(本来の年齢の健康状態になっていく)のが実感できると思うので維持も楽しくなります。

最終的には「健康」と言われる様々な良い状態になってますので、生活習慣からくる様々な病的状態や自律神経の乱れも当然ありませんので、いつまでも疲れにくく元気で生きていくことが出来るのではないかなと思います。

 

どうでしょうか?

なんとなく雰囲気でも解ってもらえたのではないでしょうか?

当院はむやみやたらと年齢のせいにしません。
だって同じ歳でも元気な人いっぱいいるでしょ。
ましてや遺伝のせいだとか、食べ物のせいだとか、そういった「本当にれだけなの?」的なことにいつも疑問を持って考えるようにしています。

ある一定の病気になりやすい遺伝子異常を持っていても、発病する人といない人がいたりします。
同じ食べ物を食べていても病気になる人とならない人がいます。
医療はまだまだ研究途中でこれからもどんどん発見があるでしょう。でもそれを待っていては間に合わない人ばかりです。

そういった「医学的に原因不明」なものばかりの現在。
本当の健康になる答えがここにあるのではないでしょうか?

根本療法に、専門家による医学的な関心を持ってもらえたら嬉しいですね。

本っ当に良くなりたいの?

保険も利かないのに当院に整体に来るくらいだから、本当に困ってるはずですね。
それは分かっています。

でも、どのくらい良くなりたいか、考えたことあるでしょうか?

痛みやコリとは血液の循環不良になった場所にたまった疼痛物質や疲労物質によって感じられるものです。
そしてどのくらいそれらの物質が溜まったら脳が感じるのか人によって違うのです。

例えば痛みやコリを感じてる人が来たとします。
最初の悪い状態を10とします。
施術をしてそれが5、つまり一回で半分くらい良くなったとします。
Aという人は7くらいから痛みやコリを感じる人なので、もう5だったら感じなくなっています。
Bという人は3くらいから痛みやコリを感じる人なので、5だとまだ感じています。
Aの人はもう痛みやコリが感じられないので、良くなったと思ってます。まだ5悪いのにです。
Bの人は痛みやコリをまだ感じるので、まだ良くなってないと思ってます。もう5良くなっているのにです。

このように痛みやコリなどを基準にしていると本当に良くなったのか分からないのです。

そこで当院では、痛みやコリといういい加減な物を使わず、良くなったかどうかを、様々な場所の筋肉の左右差や可動域の左右差、また左右前後で同じように力が入るかどうかをバランス検査などでチェックし、それが施術によってどう改善したかを判断材料にすることにしています。

そうするとよりはっきりと改善しているかどうかが分かるのです。

施術は全身のバランスが整うことを全力で求め、その結果痛みやコリが改善することも確認してもらい終了しているのでとても分かりやすいと思います。

 

では「本当に良くなりないの?」の話です。

生活をしているとその習慣によって、身体を偏らせて使う癖、つまりゆがみが生じます。

身体のゆがみ、つまりバランスの悪化は、重力に引っ張られるために耐えたり押しつぶされたりして部分的に非常に負担を強います。
しかもそれが痛みやコリを感じてるところだけではなく、全身に何十か所も同時多発的におこっています。

部分的に触っていてもなかなか良くならない理由がそこにあります。
また例えば奇跡的にゆがませている主犯格の部分がどこかにあるとして、それを見つけることが出来るゴッドハンドな人は本当にわずかしかいない、または全くいないのです。

ですから当院では、部分を見ず全体を一斉に改善できる施療「IRT(イネイトリボーンセラピー)」という技法を使っているのです。

するとまったく気にしていないけど実は非常に悪い場所まで改善していくのです。

つまり、いやらしい言い方かもしれませんが、良くもならないのに部分的に触るやり方よりも、全身くまなく良くなる方法のがいいんじゃないの?ということです。

でもそんなにしっかりと改善しても残念ながら脳が覚えた癖や、偏ってついてしまった筋肉差によってまた歪んでしまいます。

その歪みの戻りが無くなるのが本当に良くなったということ、つまり根本改善なのです。

 

想像してみてください。

何処も痛くなく

何処も凝っていなく、例え凝っても自然と治り、

疲れにくく、疲れても早く回復し

病気になりにくく治りやすい

冷え性もなく、お腹の調子も良く、長年悩んだ頭や肩や肘や膝や腰や足首、足の裏その他の不定愁訴がなく、

つまりは「健康」になった自分の姿を。

 

歳をとってもずっと元気で、どこにでも行け、介護されることもなくそれこそ死ぬ寸前まで元気な姿を。

 

そういったことを目指してほしくて、そこに向かう道筋まで示すのが、当院の整体なのです。

 

もしもその場で少し良くなることで満足するのではなく、そんなすごい所まで目指したいのでしたら、ぜひ当院のドアをくぐってください。

当院はそういう人のための施療院なのです。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.