ブログ

「あああ~軽い」の理由~オイルリンパ編~

「体重が10キロくらい軽くなったよう」

「力が抜けて軽くなった」

「ぽかぽかして動きやすくなった」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オイルリンパセラピーを受けた方からよく効かれる言葉です(^^)。

そして「なぜオイルリンパセラピーは、体が軽くなるのか?」とも訊かれます。

答えは簡単
圧迫とくっつきがなくなるからです。

当院のオイルリンパセラピーは、よくあるエステ風のオイルリンパマッサージとは違います。

オイルリンパマッサージの多くは、表層の体液を軽いタッチで流し、刺激で血行を良くします。
東洋医学的な考え方をして、経絡という氣の流れを整える意味もあるという人もいます。
血行がよくなり、神経の興奮も静まって、ぽかぽかユルユル。
確かにお肌には良いですね。
でも残念ですが今ひとつ軽さと持続性が出にくいと聞きました。

でも当院のオイルリンパセラピーはというと、上記のほかに、体が本当に軽くなるのです。

それは筋肉の隙間にたまった「水分やたんぱく質や菌などのカス」を押し流し、癒着してしまった「筋肉を包む膜」同士を剥がすという効果もイメージしているからなのです。

筋肉を圧迫していた物質が除去されるので、筋肉が膨らみやすくなり、癒着から開放されることで引っ張りがなくなり自由に動ける範囲が増えます。
その結果、筋肉ががんばらなくても動けるようになるんですね。
施術はそのため、深~く圧を加え、筋肉の隙間をなぞるように流していきます。
もちろん無茶なことはしませんから、皮膚や筋肉にダメージが残ることはありません。
場所によっては少し心地よい痛みを感じることがあります。
その時「ああ~、脳に響く~」ほど気持ちが良いことのほうが多いのです。
そして施術後、最初のような言葉が出てくるというわけです。
これは、エンジンをオーバーホールした状態に例えれます。
エンジンに詳しい人は理解できると思いますが、エンジンや給排気のカーボンなどのスラッジをそぎ落とし、新しいオイルを入れた状態。
さらに言うと、筋肉のよれがなくなることで、隙間が適正化され摩擦抵抗も減ってピストンのブレが減った状態に似ているのです。

・・・マニアックですみません。

少し難しく解説すると
筋肉は引っ張るか緩むしかできません。
骨を引っ張ることで色々な動きが出来ます。
引っ張るときに筋肉が膨らみます。
そのときに癒着があれば引っ張られて膨らめません=力が入りません。
さらに余分な水分やゴミが筋肉や皮膚の隙間に詰まること(むくみ)で、筋肉が膨らむのを圧迫して邪魔します。
すると体重が50キロの人でも、ひどいと動くのに70キロ80キロの人動くのと同じくらい筋肉ががんばらないといけなくなることもあるのです。

そこでオイルリンパセラピーでゴミを除去し、筋肉を包む膜どうしがくっついていたのを剥がします。
そうすると軽くそんなに力を入れなくても動ける、「綺麗な身体」になるわけです。

当然血管の圧迫も消えるので、特に毛細血管の流れが改善します。
肌が綺麗になり、
ピンク色の健康的な色になり、
むくみが解消されることで痩身効果もあって、

神経の圧迫もなくなることで、脳から正常な指令が行くので、
自律神経が整い、
ホルモンバランスが整い、
運動神経が正常になります。

その結果
心も
身体も
本当の意味で綺麗で健康的になれるのです。

ストレスが減れば、楽しい気持ちになって、前向きになれますね。
まさに究極の「ヘルシーライフ」ではないでしょうか!?

整体でしか取れない癒着もあるので、本当は整体をした後がはるかに効果が高いのですが、
まだ体験してないかたは是非オイルリンパセラピーをお試しください!(^^)!

心の悩みに、おススメの本

今回は整体とは少し違いますが、私のおススメの本の紹介です。
この本に出会ったのは私が整体の修行を終え、お世話になった師匠とその奥様に挨拶をしに行ったときです。
師匠の奥様はとても心配してくれて、少しでもつらいときにはこの本の言葉を思い出しなさいと貸してくれたのです。
その本とは、五日市剛 著「ツキを呼ぶ「魔法の言葉」」です。

その本には、著者のどうしようもない過去と、
その後ツキが舞い込むことになるきっかけとなった出会いと、
その後の成功が書かれています。
そう言うと、「ああ、ただの自己啓発本か」と思うかもしれませんが、そうではありません。
たった三つの簡単な言葉を言うだけで、自分も人の心も変わる、その実体験をつづったものなのです。

信じるか信じないかはあなた次第です。
ただ、試すのはめちゃくちゃ簡単なので読んでみて興味がでたら、是非読んでみて欲しいですね。

PA180561
さて、整体のお仕事をしてると、
上手に自分の考え方がうまくコントロールできないせいで体が緊張してしまい、
こりや痛みからなかなか解放されないかたを見かけます。

そういったかたを見るにつけ、
「ああ、みんな気づいてないんだなあ。
幸せで楽な気持ちになるのに、こんな簡単な言葉を言い続けるだけで良いって事に」
とそう思うのです。

悩みや恨み、ねたみ、それらは良くないものと知りつつも、
なかなかそういったマイナスの気持ちから開放されなくて苦しんでるあなた。
この本は苦しまなくてもよいことを、優しく教えてくれてますよ(*^_^*)。

※上記リンクはインターネットエクスプローラーで表示されないことがあるようです。
グーグルクロームでの表示は確認していますので、差し支えなければそちらから見てくださいm(__)m。

寝ても疲れが取れない その理由

なぜぐっすりと眠れないか?
なぜ寝ても疲れが取れないか?
なぜ起きると体中が痛くなってるのか?

ぐっすり眠れない理由は色々ありますが、そのどれもが結構な割合で体の歪みと関係してます。

どういうことか?

そもそも歪んでる状態というのは、筋肉が硬くなり、それが引っ張ることで歪むのです。
猫背や反り腰・あごが出ていたり体がひねっていたり、それらは全て、筋肉が硬くなって起こることなのです。
なぜ硬くならなくてはいけないかは別の機会にしますが。

ではそういう人が寝るとどうなるのか。

ふだん起きているときは、座ったり立ったりしていて、重力は頭から足のほうに向かって引っ張ります。
ところが寝転がると、仰向けなら体の腹側から背中側に、横向きなら右から左、またはその逆に引っ張られたりと、立ってる状態とは違う方向に重力が働きます。

すると硬いところが(起きているときは硬いところを縮めて、わざと悪い姿勢をとることで引っ張られないですんでいるのに)、
寝ることで引っ張られるわけです。

膝を立てないと寝にくい、
高いまくらでないと寝にくい、
平らなところで寝にくい
等など、こういった症状は、硬くなった筋肉が無理やり引っ張られることで起こるのです。

例えばいつも下を見る仕事で、頭が体の前に倒れて固まってる人。
首の前側や、胸・お腹・足の付け根などが前側に折れ曲がり、つまり固まっています。
ところが仰向けで寝ると体を伸ばされます。
つまり身体の前側が硬くなっていますね。そこが仰向けに寝ることで、重力に過剰に引っ張られ、無理やりストレッチされるのです。
さて筋肉には過剰に引っ張られると、守るために引っ張り返そうとする仕組みがあります。
引っ張り返すためには筋肉が力を入れなければなりません。
硬くなってる所は伸びないので、すぐにこの仕組みが働きます。

そうすると一晩中筋肉に力を入れて、果てしなくがんばることになるのです。

その結果、朝起きるとすごく疲れてます。
一晩中力を入れていれば当然そうなりますね。
そして力をずっと入れているから、さらに筋肉は硬直し、柔軟性がなくなります。
場所によっては筋肉やそれを包む膜が破壊されたり(怪我)癒着を起こしたりしてます。
だから疲れるだけでなく、起きようとすると痛くて起き上がれないこともあります。

つまり夜しっかり寝れないのは、まくらや布団のせいでは無いということです。

実際整体で癒着を剥がし、筋肉の硬さを解消して、非常に柔軟な状態に回復すると、
夜ぐっすり寝れるという方が非常に多いのです。

自律神経も落ち着くのも、ぐっすり寝て気持ちよく目覚めるのも、首や背中の硬さがなくなればこそなのです。
そこらへんもいつか書きましょう。

そして、ぐっすり寝れば血液の循環も良くなり、筋肉がしっかり動き、頭もばっちり冴え、うつ病なんてどうしてなるの?てなものです。

間違った情報
勝手な勘違いや思い込み
サプリメントや薬会社が儲かるためのうたい文句
困ったことにホントも混じることが多くて、全部嘘でないところが恐いところです。

たくさん情報を見て、自分の頭で時間をかけてよく想像して、考えて、どうすれば良いか判断できると答えは必ず見つかります(^^)。

「良い姿勢」は悪い姿勢!?

「良い姿勢をしましょう」
「体の健康は姿勢から」
「良い姿勢をすれば自信がつきます」
などなど、良い姿勢について書かれたり言われたりしています。
では悪い姿勢とはどういう姿勢でしょうか?

「猫背」
「腰が曲がってる」
「お腹が突き出している」
「肩の高さが左右違っている」
「アゴが突き出している」
「背骨が曲がってる」
「骨盤の位置が歪んでる」

まだ色々考えると出てきそうですが、
確かに悪い姿勢ですね。

ではなぜ悪い姿勢になるのでしょうか?

「仕事の姿勢」
「スポーツの癖」
「筋肉を使ってない」
「心が弱ってる」
「胃腸が弱いからと聞いたことがある」
「足を組むから」
「スマホの見すぎ」

いっぱい出てきました。

確かにその通りですね。

それでは良い姿勢を心がけようと、姿勢を正します。
でもすぐ元に戻ります。
そして、「良い姿勢を心がけようと思ってるのだけど、すぐに忘れちゃうんです」

その通り。
ずっと姿勢を気にしていたら、肝心の仕事や勉強、スマホを集中して見る事が出来なくなります。

そもそも体は、わざと悪い姿勢をとってるんです。

良い姿勢とは、体の各場所が正常に機能していて初めて取る、すべての筋肉に最も負担をかけない状態のときに現れるものなのです。
ですがどこかに硬さやコリや痛み、不調があると、それを守り解消するために姿勢を変化させて対応しているんです。
軽い不調なら、体が要求するへんな姿勢をすることで、解消することもあるんです。

ところが「良い姿勢」を心がけるときには、筋肉に無理やり力を入れ、つらい体勢をとることになってしますのです。
さらにもっと歪んでしまうことさえあるんです。
すると無理をした筋肉が疲労し、筋肉が硬直、血行不良を起こしてコリを生むのです。
つまり見た目は良くても体にとってはとても「悪い姿勢」ということになるんですね

つまり良い姿勢をするには、体の硬いところ、ゆがんでいるところを無くし、内臓の調子を整え、過剰なストレスを発散し、筋肉を使って鍛え活性化させ、大切なのは呼吸をしっかりとすることなんです。

さあ大変!
ではどうすれば良いか、
続きは次の機会に。

お肌 乾燥していませんか

オイル部門を担当している、寺下みゆきです。

今年に入って、ようやく冬らしい寒さが訪れてきましたね。
気温が下がって空気が乾燥してくると、体のあちこちがカサついてきて、今まで気にならなかった刺激にも敏感になり、かゆみがおきやすくなります。
特に背中は皮脂腺が少なく乾燥肌になりやすいので、この時期はオイルリンパセラピーの施術中でも、気がつかないうちに背中を引っかいてしまい、ミミズ腫れをおこしてみえる方が多くいらしゃいます。
また、背中は普段見えない場所なので、わざわざケアをされる方もほとんどみえないです。
実は、わたしもその一人です。
こそで、めんどくさがりやの私の簡単な乾燥肌対策を公開しちゃいます。

それは、おふろに大さじ2杯ぐらいのハチミツを入れることです。
ハチミツには、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれていて保湿効果や殺菌作用があるので、食べるだけでなくお肌にも高い効果を発揮してくれます。
ただし、加工ハチミツはNG。
かといって、国産のハチミツはお高い…。
ということで、私は中国産のハチミツを使っていますが、それでもお肌はしっとりしますよ。
PA140426

日々の積み重ねも大切です。
でも毎日気を張って、がんばり続けるのは大変ですね。人によってはそれ自体がストレスになることも。
そこでもっと楽に乾燥や年末年始の疲れた身体をリセットするのに、
是非ご来院いただき、オイルリンパセラピーやフェイス・ヘッドをおススメします。
余分な水分や老廃物を排出して、免疫機能・自律神経を整えることで身体は自然と回復していきます。
筋肉も軽く動き、終わった後の軽さはまた格別。体感すれば分かるその効果!

スッキリと軽くなって、元気に楽しく、新しい年をスタートさせましょう。

明けましておめでとうキャンペーン!(*^_^*)!

明けましておめでとうございます。
毎日多くの方にホームページを見ていただいき、感謝いたします。

おかげさまでなんとか当院も、今年で14年目に突入いたします。
数えるとすでに1000人以上のお客様が来院してくれていることが分かり、感謝感激でございます。

年々からだの不調を訴える方が増えていて、特に最近は小学生のお子様までが頭痛や肩こりを訴えて、その数も同じくどんどん増えております。
当院ではその原因を足として突き止め、その理由を来院してくれたお客様に訴えております。
理由を知れば納得し、ケアをすれば理解できます。
スポーツをするかたは、施術とケアによってのパフォーマンスの変化を練習やプレイの際感じてもらうのですが、そのあまりの違いに驚かれるようです。
実際の効果には実は私も驚いていて、それが殆ど一人残らず全員に良い結果が出ているようで、今後がとてもとても楽しみです。

またスポーツをされない方で不調が出るかたも、施術直後はもちろん楽になってもらえるのですが、
それよりも、簡単ですが教えたケアを続けている人が日々どんどん変わっていく様を目の当たりにし、私は(何千回も施術をしているのに)その効果に毎回本当に驚かされ、うれしくなっております。
そんな感じで、この仕事やっていて良かったなあ(*^_^*)と感じる幸せな日々をおくらせて貰っております。

さて今年は、さらに講習会も増やし、勉強を怠らず、さらに皆様の笑顔と健康づくりのお役に立ちたいと思っています。
そして今までと変わらず、納得いくまで施療をし、結果を第一として皆様に貢献していきます。

早速年始めですが、感謝の気持ちを込め、毎年恒例のお年玉キャンペーンを今年もやっちゃいます。
ぜひいっぱい得していってくださいね!(^^)!

お客様

子供の足が危ない!!!

皆さん知ってますか?
今子供のウツや自律神経失調症が増えていることを。
小学3年くらいからの自殺者が増えていることを。
スポーツをしていての障害(野球肩・テニス肘・オスグットシュラッテル症・捻挫・疲労骨折・ヘルニア・腰椎すべり症 etc・・・。)が増えていることを。
姿勢が悪く集中力がない。
引きこもり・心が弱い。

これらの原因が足が壊れていることからくるのです。

「足つぼのこと?」
いいえ違います。
外反母趾や偏平足・浮き指などの足の変形が問題なのです。

なぜ足がダメだと子供の異常が起きてしまうのか、
そんなことの答えが書いてあるページを紹介します。
http://www.kodomonoashi.net/

当院の院長はこの笠原先生のところで資格をもらい、現在中日ビルなどで講師をさせていただいてます。
なにより、足を見ないでトンチンカンな治療をしていて、まったく改善できないのを見るのがつらいのです。

もし心当たりがありましたら、是非いらしてください。

きっと胸のつかえが取れると思います!

「クリスマスじゃんけん」はじまるよ~!

_DSC0977
いよいよ今週の土曜日
12月19日から、毎年好評の企画、
「クリスマスじゃんけん」がはじまります。

毎年今年はどうしようかなあと考えていると、常連のお客様から、
「今年はクリスマスのあれ、やらないの?」なんて聞かれるんです。
それじゃあやろうという感じで今年もやることにしました!!。

内容は、
3000円以上の施療費の方が対象で、
1000円に付き一回じゃんけん
勝った数だけ、セブンイレブンの「揚げ鳥」交換券をプレゼント
負けた人も残念賞がある、いわゆるはずれ無し、持ってけドロボーな企画です(^O^)。

期間は12月25日(金)まで。
12月23日(水)も夕方6時までやります!

今までの最高は、7回じゃんけんで7枚揚げ鳥ゲットの全勝!
今年はどんなツワモノが現れるのか!?

まだ予約に空きがありますので、どんどんご予約の電話、お待ちしております!!!

カラテ道場の案内 その3

カラテ道場の案内の3回目です。

当道場で土曜日の後半に教えているサバキについてです。

サバキとは芦原会館前館長、故・芦原英幸先生が創始したカラテで、相手の動きをコントロールし、相手の攻撃できない場所に動き、攻撃するチャンスを作る技術を言います。
そしてフルコンタクトカラテと違い、顔面の攻撃、金的、つかみ、投げ、足払いなど、およそ反則と呼ばれる行為全てを実戦で使えるように鍛え上げます。

サバキの実践練習として、サバキゲームという試合が京都や大津で行われていますので、その試合にも参加させてもらっています。
もちろん試合ですので、金的や顔面攻撃などの急所攻撃は禁止されていて、とてもクリーンな試合になっています。
子供たちにも人気で、ほかの試合はイヤだけど、サバキゲームは好きという子もいます。

練習は、足さばきを教え、つかみ、投げ、足払いなどをします。
サバキゲームのルールでの組み手もあり、投げても大丈夫なように基本的には畳のある場所で練習しています。
護身術としても優れていて、動きが分かり少しずつ使えるようになると、本当に堪らずはまっていく魅力があります。

護身術という意味で、大人の方にはこちらをおススメしています。
大人は万が一の怪我のことを考え、特に試合に出ることは強制していませんが、目標を持つならこの試合を目指してみると楽しいと思います。

道場の練習は、
平日 修士館知多支部常設道場
pm6:30~pm8:00(基本・サバキ空手練習・フルコンタクト空手用練習を曜日替わりで)
土曜日 修士館知多支部常設道場
pm6:30~pm7:50(組手練習)
pm8:00~pm9:00(サバキ練習)

当道場へのお問い合わせは
電話:0569-26-0071
「へるしーらいふ・てらした」院長の 寺下あきやまで。
道場の住所などはお店と一緒ですので参考にしてください。

カラテ道場の案内 その2

こんにちは立て続けですが、その2です(^^)

私が教えているカラテは、「フルコンタクトカラテ」に分類されます。
ただし、実戦を想定し様々な状態に対応するために、掴みや投げもある「サバキルール」や、足の攻撃を禁じ、くっついての攻撃を禁じた「Point&KOルール」などの少し珍しい試合にも出ています。

フルコンタクトカラテは試合を前提としているため、目の前の目標は試合で勝つことです。
そして、試合と練習などのなかで、礼儀と相手を心から尊敬する心、そして思いやりを養って欲しいと日々教えています。

フルコンタクトカラテは、以前大会ドクターとお話したのですが、ほかのスポーツに比べて事故がかなり少ないそうです。
命に関わる事故はほぼまったくと言っていいほど無いそうで、安全性については抜群に考慮しています。

ですが一対一で向かい合い、殴りあい蹴り合いです。
他のスポーツと比べてもかなり怖くて、闘っている途中で泣き出す子供もいるほどです。
試合時間は1分から2分で園児・少年・成人でそれぞれ時間は違いますが、他のスポーツと比べて競技の時間事態かなり短いです。
勝つためには相手が強くても、その短い時間で萎えた気持ちを立ち直らせたり、切り替えたりととても難しいことをしなければいけません。
そこがフルコンタクトカラテのすごいところだと私は思うのです。

誰にも頼れず、たった一人で、自分をやっつけようと必死で来る相手に対して、いかに気持ちを作って立ち向かうことが出来るか?それは誰かに教えてもらうことができない、自分だけで見つける「心のありよう」なのです。

これは多くの子供に当てはまりますが、例えばどうしても勝てない子の話です。
試合が始まり、必死の相手に攻撃を受けてしまいます。
すると心が浮ついているので、簡単に恐怖に飲まれてしまいます。
怖いと体が硬直してしまいます。
するとまともに動けなくなり、相手の攻撃が当たりやすくなります。
そして体中に打撃の衝撃が走り、恐ろしさで益々動けなくなります。
もちろんがんばろうとしていますが、どうしても動きが悪くて、行き追いついた相手のどんどん追い込まれていきます。
そして負けてしまうのです。
ですが怖さと悔しさが後からこみ上げてきて、試合後泣いてしまいます。

ここからがその子にとってとても重要な経験になります。
それでも勝ちたいと思う子は、次はどうすれば勝てるのかを考えます?
どういう練習をすれば勝てるのかを考えます。
先生の言っていることを必死に聞いて、何とか強くなりたいと考えます。
怖いと動けないことも知っています。
怖さに対してどういうふうに気持ちを持っていけばよいのかと考えます。
勝ちたくない子はいないのです。
そして何年も負け続け、ですが必ずあるとき勝つことが出来ます。
そこで初めて、自分があきらめなければ、必ず結果が出ることを知るのです。
そして勝つことが出来ると、勝つことのうれしさをもっと知りたくなって、もっとがんばるようになります。
その子は全国まで行き、そして何度も優勝しました。
本当にいる子の話です。

そしてそれはみんなと一緒の、むしろ弱かったくらいの、本当にまったく特別な子ではないということです。

カラテを経験した子は、あきらめなかった子は、ほかのどんなスポーツをしても結果を出しています。
それはカラテが体の作り方に優れ、心の作り方に優れているということだということを証明しています。

それは子供の話だけではありません。
大人になっても(30歳過ぎてから入る人も多く、50代で始めた人もたくさんいます)心と体を鍛えることが出来ます。

もしこの話に興味がありましたら、ぜひ体験しに来てください。

道場の練習は、
平日 修士館知多支部常設道場
pm6:30~pm8:00(基本・サバキ空手練習・フルコンタクト空手用練習を曜日替わりで)
土曜日 修士館知多支部常設道場
pm6:30~pm7:50(組手練習)
pm8:00~pm9:00(サバキ練習)

当道場へのお問い合わせは
電話:0569-26-0071
「へるしーらいふ・てらした」院長の 寺下あきやまで。
道場の住所などはお店と一緒ですので参考にしてください。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.