ブログ | 肩こり、頭痛、腰痛でお悩みなら半田市の整体「へるしーらいふ・てらした」へ - Part 2

ダイエット、頑張りたくないけど痩せたい!

私、今東京までダイエットの勉強に行ってます。

そこでダイエットには、あまり頑張る要素がないことが「続けるコツ」だと教えてもらいました。

今でも炭水化物ダイエット・断食・これを食前に、毎日これを食べれば、とかの「単品ダイエット」・食事を制限して運動しまくって痩せてしまおうという「トレーニングダイエット」などがありますね。

どれもそれぞれ正解だと思います。

でもすぐに廃れたり、やってみたけど続けられないなんてこと、普通にありますよね。

そりゃそうですよ。
止めちゃいたくなるくらい、頑張らなければいけないからですよね。

流行になればみんなやりますが、日ごろの生活習慣で太り、体形が崩れるわけですから、どんなことをするにせよ「続ける」ことがダイエットや美容の大前提になります。

そこで今勉強しているダイエット法は「続けることが容易」で「リバウンドさせない」ことを目的とした、人にやさしい方法なんです。

体重は日々変わります。
一キロ痩せてもすぐに二キロ増えて、罪の意識でさいなまれながら諦めてしまします。

そこで質問です。

1.美しい体形にならないけど減量できるダイエット。
これは相当ストレス溜めながら、その割には・・・な良くあるものです。
2.とにかくストイックにトレーニングして、筋肉のための食事をしっかりと心がけていく。
これは続けれるのには努力と根性、そして勤勉さが必要です。六つに割れる腹筋とかムキムキの腕や胸が目的ならこれ一択です。
3.無理な減量をしないで、それでも体重が落ちてさらに「美しいスタイル」になりたい
こちらはあまり頑張らないけど手に入るコツがあります。

『1.』を選んでしまう方は当院には向かないので来ないほうが良いでしょう。
『2.』を選ぶ方は当院に来ていただければ、相当なレベルでお手伝いできます。
『3.』を選ぶ人は当院のお客様です。どうぞいらっしゃいませ(^^)/

「体重」を減らすために無理をするのではなく、まずは「健康」になる。
「健康」な人は「体形」が美しい。
「体形」は「左右シンメトリー」が必須条件。
「左右シンメトリー」つまり良い姿勢は「代謝」が良くなる。
「代謝」が良くなれば「体重」も適正に、重い人は当然軽くなる。

そういうことです。

当院に通うことはきっかけ。
当院に来てくれたら、自分の生活習慣の中で、何が原因で体形が崩れて体重が増えたのか?なぜ体形が崩れるくらい健康バランスが崩れたのか?
そういったことに気づくようになるための様々なアドバイスをします。

そしてどうすれば美しくなれるのか、そのためのダイエットカウンセリングをさせていただきます。

『2。』・『3.』の人、
どうぞお待ちしております。

キネシオテープは筋肉テープでは無い!

キネシオテーピングは、開発者である加瀬健造名誉会長のもと、キネシオテーピング協会という組織が世界規模で展開しています。

タイトルは、その加瀬健造氏が昨年の暮れに行われた「キネシオテーピング学術臨床大会」にての言になります。

記憶違いでなければ僕が習った当時(約20年前)は筋肉の機能がアップするということから、「人工筋肉テープ」と言っていたと思います。
それで以前から、筋肉に沿って貼る貼り方が一般的でした。

ところが数年前から、「EDF」というテーピングの技術が開発されました。
これは筋肉ではなく皮膚の浅い場所を狙ったテーピング法になります。
また、リンパファンテーピングという技術もあり、それも同じように皮膚の浅い場所を狙っているのです。

難しい理論はこの際無しにします。

なぜ人工筋肉テープで無いと言ったのかということです。

確かに貼付することで筋肉の働きが改善され、関節のずれが正常に戻ります。
ですがそれは副次的な作用で、実際にはテープは皮膚に貼付しているわけですから、直接の作用は皮膚になるということです。
それによって血液やリンパ液などの循環が促進され、神経に対してのコントロールが起こり、それが脳への刺激にもなり筋肉機能や内臓機能の調整、自律神経の調整、ホルモンバランスの調整などにつながるのです。

もちろんそういった深い所まで考えて貼るためには相当知識と経験が必要ですので、一般的には人工筋肉テープといった認識でも構いませんが、本当のところは人工筋肉にはなっていないということです。
また細胞の再生が早いことから、アメリカや日本の一部医療機関で手術後の傷の再生と痛み止めの量を減らす目的で貼付する試みが行われているそうです。

さてそれでは皮膚の浅い場所を狙うとどんなことが起こるのでしょうか?

実際にうちのお店で貼った例です。

●腕の付け根が打撲で赤黒く腫れあがった場所があり、かばっていることで肩まで痛くなってきた方。
貼付直後から痛みが軽減、肩が温かくなってきた。さらに自然治癒のスピードが上がるので腫れが消えるのが早く肩も含め痛みがほぼ無いのでつらい思いをすることもなかったそうです。

●捻挫で病院に通いながらお店に来てくれた方。
腫れた部分をかばってるため腰痛に。バランスの悪化を改善するには捻挫部分も調整する必要があるため、腫脹部分とその周辺に貼付。直後から痛みが改善、歩くのに不具合が減り、かばう動作が減ったため腰痛個所の負担が激減。その後早期に改善し終了しました。

●遺伝子の異常なのか、膝の細胞がどんどん増える難病の方。
もう20年以上付き合ってるそうで、細胞除去の手術を3度行っているが改善することは無かったそうです。
膝が伸ばせずつま先立ちで歩くため、体中ガチガチで歩くことがつらい。仕事もあり、お子様の面倒も見なければいけないのでこのままでは持たないとのことで、これも整体をするという意味では膝をほおってはおけませんでした。
膝はEDFとリンパファンテープのコンボで、貼った直後から膝が軽くなったとのこと。
実は軽くなるのは当たり前で、腫脹による圧迫感も改善します。
それによって膝を伸ばすことが出来るようになり、歩くことが楽に。
その方はすでに3か月ほど続けてもらってますが、どんどんと膝のふくらみも小さくなっていて、お医者様は何と言ってくれるか楽しみだそうです。
これからもずっと続けていく必要があるので、ある程度まとまったらこの場で発表したいなと思っています。

●腰痛が突然起こり、ピンポイントで激痛がある方
検査の結果腰椎の関節に圧痛があるため、そこにEDFをしました。
うちは整体院なので整体施療もするのですが、この時はテーピングをしただけで一度改善度合いをチェック。
すると痛みが激減し、曲げれなかった腰が曲がるようになっていました。
その方は同じ症状で病院や接骨院、整体などをはしごしたそうで、それでもここまで改善したことは無かったと言っていました。

その他同じような改善例があり、また貼付した際に改善しなかったことはありませんでした。

いずれにしても当店では同時に根本整体をしています。
テーピングだけではあくまで対症療法になってしまうからです。
整体をするために貼付し、ゆがみの原因をどんどんと消していくことが体を整えるために大切だと考えています。

テーピングは万能ではありませんが、今後も万能を目指し様々な貼り方が発見されるでしょう。

乗り遅れないように頑張って勉強したいと思います。

当院と他院の根本的な違い。秘密にしたかったけど・・・

当院と他院は根本的に考え方が違っています。

それは、ほんとに改善するための明確な道筋と、他所が考えつかない実は当たり前の事実に目を向けているということです。

下の図は通常の整体でもさらに上手な先生がやった場合のグラフになります。

身体のゆがみの原因は、日ごろの生活の中での習慣です。
だからどれほど上手に整体をして、すごく改善しても、時間が経つと必ず元の悪い状態に戻ってしまいます。
さらに習慣づいた姿勢や動きは脳が記憶して自動再生してしまっているので、意識しても良い状態になることはありません。
筋トレなどでも左右のゆがみを改善することができず、トレーニングしていてもあちこちの痛みで悩んでいる人が多いです。
つまり日ごろどれだけ気を付けても、いずれまた悪くなる流れは変えられないのです。
またチェック方法がお客様の主観と、見た目だけのところが多く、実際に改善したかどうかの確認がちゃんと出来ていないために中途半端な状態で完了を告げることが多く、また生活習慣で悪い状態に戻るので根本改善できずお金ばかりがかかってしまうのです。

次は当院の採用している「根本改善」の考え方に基づいた方法です。

この方法の肝は自宅での確実なケアができるということにつきます。
整体の方法も全身をしっかり整え、悪いと訴えている場所どころかその原因である身体のアンバランスを改善していくので全身どこもかしこも改善していきます。

さらに確実なケアが信じられないくらい簡単なため「続ける」ことができ、そのため次回の来院までに悪い状態にもどらず、来れば来るほどどんどん楽になっていくのが、なんとなくでも想像してもらえると思います。

最終的に毎日していた自宅ケアも、何日かに一回で済むようになり、結果的に頻繁にくる必要がなくなります。

何よりもその段階まで来ると、今までの整体での改善のレベルとはまるで違います。
さらにたまに来るだけでも少しずつ身体が若返る(本来の年齢の健康状態になっていく)のが実感できると思うので維持も楽しくなります。

最終的には「健康」と言われる様々な良い状態になってますので、生活習慣からくる様々な病的状態や自律神経の乱れも当然ありませんので、いつまでも疲れにくく元気で生きていくことが出来るのではないかなと思います。

 

どうでしょうか?

なんとなく雰囲気でも解ってもらえたのではないでしょうか?

当院はむやみやたらと年齢のせいにしません。
だって同じ歳でも元気な人いっぱいいるでしょ。
ましてや遺伝のせいだとか、食べ物のせいだとか、そういった「本当にれだけなの?」的なことにいつも疑問を持って考えるようにしています。

ある一定の病気になりやすい遺伝子異常を持っていても、発病する人といない人がいたりします。
同じ食べ物を食べていても病気になる人とならない人がいます。
医療はまだまだ研究途中でこれからもどんどん発見があるでしょう。でもそれを待っていては間に合わない人ばかりです。

そういった「医学的に原因不明」なものばかりの現在。
本当の健康になる答えがここにあるのではないでしょうか?

根本療法に、専門家による医学的な関心を持ってもらえたら嬉しいですね。

本っ当に良くなりたいの?

保険も利かないのに当院に整体に来るくらいだから、本当に困ってるはずですね。
それは分かっています。

でも、どのくらい良くなりたいか、考えたことあるでしょうか?

痛みやコリとは血液の循環不良になった場所にたまった疼痛物質や疲労物質によって感じられるものです。
そしてどのくらいそれらの物質が溜まったら脳が感じるのか人によって違うのです。

例えば痛みやコリを感じてる人が来たとします。
最初の悪い状態を10とします。
施術をしてそれが5、つまり一回で半分くらい良くなったとします。
Aという人は7くらいから痛みやコリを感じる人なので、もう5だったら感じなくなっています。
Bという人は3くらいから痛みやコリを感じる人なので、5だとまだ感じています。
Aの人はもう痛みやコリが感じられないので、良くなったと思ってます。まだ5悪いのにです。
Bの人は痛みやコリをまだ感じるので、まだ良くなってないと思ってます。もう5良くなっているのにです。

このように痛みやコリなどを基準にしていると本当に良くなったのか分からないのです。

そこで当院では、痛みやコリといういい加減な物を使わず、良くなったかどうかを、様々な場所の筋肉の左右差や可動域の左右差、また左右前後で同じように力が入るかどうかをバランス検査などでチェックし、それが施術によってどう改善したかを判断材料にすることにしています。

そうするとよりはっきりと改善しているかどうかが分かるのです。

施術は全身のバランスが整うことを全力で求め、その結果痛みやコリが改善することも確認してもらい終了しているのでとても分かりやすいと思います。

 

では「本当に良くなりないの?」の話です。

生活をしているとその習慣によって、身体を偏らせて使う癖、つまりゆがみが生じます。

身体のゆがみ、つまりバランスの悪化は、重力に引っ張られるために耐えたり押しつぶされたりして部分的に非常に負担を強います。
しかもそれが痛みやコリを感じてるところだけではなく、全身に何十か所も同時多発的におこっています。

部分的に触っていてもなかなか良くならない理由がそこにあります。
また例えば奇跡的にゆがませている主犯格の部分がどこかにあるとして、それを見つけることが出来るゴッドハンドな人は本当にわずかしかいない、または全くいないのです。

ですから当院では、部分を見ず全体を一斉に改善できる施療「IRT(イネイトリボーンセラピー)」という技法を使っているのです。

するとまったく気にしていないけど実は非常に悪い場所まで改善していくのです。

つまり、いやらしい言い方かもしれませんが、良くもならないのに部分的に触るやり方よりも、全身くまなく良くなる方法のがいいんじゃないの?ということです。

でもそんなにしっかりと改善しても残念ながら脳が覚えた癖や、偏ってついてしまった筋肉差によってまた歪んでしまいます。

その歪みの戻りが無くなるのが本当に良くなったということ、つまり根本改善なのです。

 

想像してみてください。

何処も痛くなく

何処も凝っていなく、例え凝っても自然と治り、

疲れにくく、疲れても早く回復し

病気になりにくく治りやすい

冷え性もなく、お腹の調子も良く、長年悩んだ頭や肩や肘や膝や腰や足首、足の裏その他の不定愁訴がなく、

つまりは「健康」になった自分の姿を。

 

歳をとってもずっと元気で、どこにでも行け、介護されることもなくそれこそ死ぬ寸前まで元気な姿を。

 

そういったことを目指してほしくて、そこに向かう道筋まで示すのが、当院の整体なのです。

 

もしもその場で少し良くなることで満足するのではなく、そんなすごい所まで目指したいのでしたら、ぜひ当院のドアをくぐってください。

当院はそういう人のための施療院なのです。

キネシオテープ 実際に貼ってみました(動画あり)

キネシオテープを筋肉テープとかいうことで、筋肉に貼るだけと思ってる人多いです。

ところが実は最近の研究から、筋肉に効くというよりも皮下の環境を改善することで様々な体液循環の改善が起こっていて、その結果筋肉が動きやすくなったりしていたことが分かってきました。

細かい話は無しで、今回は実際にテープを貼ると何が起こるかを見てくださいね。

血行変化出ましたよ!

うちの小顔はこんな感じです(動画あり)

※この画面で見ることのできない方は
「https://www.youtube.com/watch?v=199Ict1BGNc&feature=emb_logo」

 

小顔整体はたくさんあります。
でも結構無理矢理なところが多いそうです。

当院の小顔整体は、「小顔」になるのは当然で、
さらに
全身のゆがみを正し、その結果顔のゆがみの原因を改善
その結果顔のゆがみが改善されます

さらに、
しわやたるみの改善
肌の張りを改善
肌の水分量を改善

と臨床試験を受け、その効果が認められ、雑誌「診療と新薬」第53号にも掲載された「リッチリフトクリーム」を使用することでさらに確実に元に戻らない小顔で美しい本来のあなたを手に入れることが出来ます。

臨床試験では、最大-4.8センチ小顔になることも確認されており、顔の周りが平均-2.8センチ、えら・フェイスラインも平均-1.5センチ小顔になっています。

実際に当院で小顔のプログラムを受けた方にも同様の効果が認められ、
「いろいろなところで小顔矯正を受けてきたけどこんなに変わりませんでした」との声が嘘でないことを感じております。

まだの方は、是非一度受けてみてください。

ここまでの小顔効果は、他では出せません!

皆さんこんにちは。
「へるしーらいふ・てらした」院長の「寺下晃矢」です!

今回は当院の超小顔効果の秘密、
「リッチリフト」の紹介です。

僕がどうこう言う前に、まずテレビで紹介された際の動画をご覧ください。

リッチリフトは医学的にもエビデンスが取れている、唯一の美容クリームです。
これがどういうことかというと、
商品使用の感想などの下に「※これは個人的な感想です」など書いてある、効果の疑わしいものではないということです。

美容効果が証明されていて、再現性は当院でも100%と言ってよいです。

当院の小顔ケアは、顔にダメージを与えるような押したりこすったり引っ張ったりするような無理なことは一切しません。
そういうことをすれば必ず「ダメージ」として、「皮膚が引きつれ」たり、「腫れ」たり、「自律神経が乱れ」たりといったリスクが存在してしまいます。

小顔ケアの時にこのクリームをお顔全体にまんべんなく「塗布(塗り広げるではない)」し、非常に優しくマッサージします。
その他ご来院時は整体もして、身体のゆがみからくる顔のゆがみが出ないように施術していますが、自宅のケアではこのクリームをお顔(できたら全身塗布のほうが効果が高い)に塗布してもらうだけでさらにどんどん小さくなっていきます。

その辺は動画で分かると思いますので、まだの方は是非見てください。

今当院で実際にやった小顔ケアの動画を編集していますので、そちらのほうも楽しみにしていてくださいね。

スタイルこんなに変わりました!

この写真は院長ですので、お見苦しいですがすみません。

左がRL塗布前、右が2か月後です。

いったい何をしてこんなに変わったかというと、当院で扱っているRLクリームを全身に塗布しMBTテープを手首足首に一週間に一度程度貼っただけです。

当院でやっている「美容IRT整体」というメニューでは加えてイネイトリボーンセラピー(IRT)も行いさらに身体の左右差を整えていますから、この状態よりもっと美しくなります。

さて、この写真のあごの部分を切り取った写真が↓です。

首やあごの肉が取れてラインが変わっているのが分かります。
その他には頬のラインやあごの下のラインも全然違うのが分かるでしょうか?

これは姿勢の変化で余分な肉が取れている証拠です。

骨盤(お尻)あたりも見てもらうと分かりますが、身体の前後の幅というか、だいぶサイズが違います。
実際体重も特に何も生活を変えていませんが1.5㎏減りました。

これはあくまで院長での結果ですので、他の人でどのくらい変わるかはやってみなければ分かりませんが、当院のお客様はだいたい同じような効果が出ています。

「RLクリーム」は週に一本というペースで使っていて、その量を毎日自分で塗っただけでの効果ですので、背中の上など塗布できない部分もありました。
ということは、もし背中も塗布できていればもっと変わっているということです。

つまり、ちゃんと「美容IRT整体」をしていればもっと効果が上がる!ということなのです。

うちの美容メニューはこんな感じですが、どうでしょうか?

次は小顔について、新発売の「サプリメント」と、今までも使っていた「RLクリーム」を併用することでどれだけ変化をするのか、そういったものも試してみますので、結果を楽しみにしていてくださいね。

 

夏季休暇のお知らせ

今年も暑い夏がやってきました。

血液やリンパ液などの体液は循環することで体温を調節し暑さから体を守りますが、姿勢が悪化して体液の循環が阻害されるとどうしても体温の差が生じ、脳がやられたり筋肉のミネラルが行き渡らなくなって、熱中症のリスクが高まります。

当院の整体は、施療前にドロドロだった血液が、施療後(施療前から比べてたった30分から1時間しかたってないのに)全く違う人のようにサラサラになっています。
これは薬や運動で得られるものではない、当院の整体方法だから起こる特別な効果なのです。

その結果太い血管だけでなく、体中に張り巡らされた毛細血管の流れも良くなります。
そのため身体の防御機能が正常に働き熱い寒いなどの温度変化に強くなるわけです。

厳しい季節だからこそ、命を守るために身体の機能を最大限にあげ、元気に過ごしてみませんか。

さて、夏季休暇のお知らせです。

8/12(月)は祝日ですが営業します。
8/14(水)~16(金)はお休みといたします。

お休み中は電話やネットでのお問い合わせができませんので、ご了承ください。

それではよろしくお願いいたします。

痛いところを揉んでもらえますか?

細かく言うと当院はマッサージや指圧ではありませんので、もんだり押したりの施療は行っておりません。
また揉んだりするのも強くやりすぎるとかえって悪くなるので、上手なところに行くことをおすすめします。

痛いところはなぜ「痛い」のか知ってますか?

筋肉が硬くなり、血行が阻害されるとそこに発痛物質や疲労物質が溜まります。
それを末梢神経が感知し、脳にこんなものが溜まってますよとお知らせします。
すると脳が、それを痛みやコリとして感じて、意識に異常を知らせるのです。

つまり筋肉が柔らかくなり血行が良くなれば、自然と痛みは「消失」するのです。

ですから当院では全身の筋肉が硬くなっている原因を取り除き、柔らかくするという方法をとっております。

すると揉んだり押したりするよりもはるかに奥深くまで緩むのです。

確認のため痛かったところを触り、痛みや硬さが改善したことを毎回確認していますが、毎回しっかりと改善しています。

揉むより全然効果が高いですけど、体験すればわかりますよね。

Copyright(c)2013 へるしーらいふ・てらした All Rights Reserved.